外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(0)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(2)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年09月20日

ヒストリエ(10) 岩明均 最新刊 王の左腕に選ばれるということ  あらすじ、ネタバレ注意

ヒストリエ(10) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろい漫画



 舞台は紀元前、
 後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作。

 2004年10月が1巻の発売日
 区切りの10巻は2017年3月発売
 13年たってます・・。


 講談社のアフタヌーンで連載中


ヒストリエ(1)
ヒストリエ(2)
ヒストリエ(3)
ヒストリエ(4)
ヒストリエ(5)
ヒストリエ(6)
ヒストリエ(7)
ヒストリエ(8)
ヒストリエ(9)
ヒストリエ(10) (アフタヌーンKC) [ 岩明 均 ]


ヒストリエ(10) あらすじ



 エウメネスは、アテネ近郊・ピレウスで懐かしいカロンとの再会を果たした後、
 進軍してきたマケドニア軍と合流する。

 マケドニア軍は、強国テーベからの援軍を得たアテネ軍と対峙。

 場所はギリシア中央部カイロネイア。

 ギリシアの覇権をめぐり、史上名高い「カイロネイアの戦い」が始まる!






ヒストリエ(10) ネタバレ



エウメネス
 主人公。蛮族スキタイの出身でありながらギリシア人の養父母に育てられ、
 後にアレキサンダー大王の書記官となる

アレクサンドロス
 強国マケドニアの王子。
 父王に命じられ、同世代の若者たちと共にミエザの学校で学びはじめる。
 父王は「せっかく生まれた才能」と大きな期待をかけているが、彼には大きな秘密があった。

フィリッポス
  マケドニア国王

オリュンピアス
 マケドニア王妃でアレクサンドロスの母
 モロッシアの王女

エウリュディケ
 マケドニアの名門貴族アッタロス将軍の姪
 エウメネスと恋仲

アリダイオス
 強国マケドニアの王子。アレクサンドロスの異母弟。
 父王に命じられたエウメネスが玩具を作ってあげると大いに喜び、夢中になって遊んでいた

アリストテレス
 当時最高の知性を持つ哲学者。

パルメニオン将軍
 息子・フィロータス
 マケドニアの貴族派閥

アンティパトロス元老
 息子・カサンドロス
 雇われ外人の文官派閥

 マケドニアの文官となったエウメネス
 この漫画で始めて知った名前です


81話、カイロネイア3
82話、4
83話、5
84話、6
85話、王の左腕.1
86話、2
87話、3

 カイロネイアの戦いは
 面白かったですが
 相変わらず、人間分断のシーンはグロイ・・

 アレクサンドロスは、人のちょっと前が予知できる力がある
 って設定で
 そんなこんなで、見事に手柄を得ます
 で、この戦で、海上都市アテネは消滅

 エウメネスは、パルメニオンの後任候補となりまして
 そのために、名門の娘と結婚したりして地位があがるとまずいってことで
 エウリュディケとの仲を裂かれます

 エウリュディケは王の側室となる、ってことでね

 エウメネスは、そんな面倒なことごめんだ!って
 マケドニアからのトンズラを選びたいんですが・・

 ってとこで次巻へ

 13年間で10冊
 終わるまで、何年かかるかな(><)





 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

クリスティ・ロンドンマッシブ(5) 新谷かおる 最新刊で最終巻 66歳での休筆宣言でした あらすじ、ネタバレ注意 

クリスティ・ロンドンマッシブ(5) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 新谷(しんたに)かおるさん
 この作品が最後となるようです

 2017年4月26日、Twitterで休筆宣言しました。

 新谷さんは1972年にデビュー。
 漫画家生活は約45年に及びます
 エリア88とか、弟が持ってて一緒に読みました。大好きな作家さんの一人でしたが
 お疲れだったのね

 完結させて下さってありがとうございます(^^)

 66歳の誕生日だったそうです。

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)


クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)
クリスティ・ロンドンマッシブ(3)
クリスティ・ロンドンマッシブ(4)
クリスティ・ロンドンマッシブ 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ) [ 新谷 かおる ]


クリスティ・ロンドンマッシブ(5) あらすじ



 連続して起きた、宝石がらみの二つの殺人事件。

 犯人の鍵を握るのは“指の紋様”……!? 

 科学捜査の革命となる指紋に、クリスティはどんな未来を見る……? 

 名探偵ホームズの姪クリスティの冒険譚、堂々完結!!




クリスティ・ロンドンマッシブ(5) ネタバレ注意



 作者の新谷かおるさんの休筆宣言がでてるので
 これが最後の作品になるのかな?

 シャーロックホームズの姪であるクリスティ
 最初の頃は確かに謎解きメインでしたが
 ロンドンマッシブのあたりから
 催眠術とか、黒魔術とかつかうメイドが登場して、
 ちょこっと、迷走しましたが
 5巻の最終巻では
 宝石がらみの二つの殺人事件を
 当時はまだ重要視されてなかった、指紋、に注目して解決する
 って形となりました

 エンディングだから、今までのレギュラーが出てくる、ってこともなく
 淡々と終わってます

 サブタイトルは真実の紋様、これが8話まで続きます
 紋様=指紋ね

 クリスティはハートさんとデートをする間がら
 ハートさんは銀行家の息子でお金がありますが
 銀行を継ぐより医師になりたい、って変わり種の医師のタマゴで、
 クリスティの型破りも、いちおう許容範囲という
 この時代にはめったにいない太っ腹男児です

 現在医学部在学中で、教授の代わりに事件死亡した女性の解剖もしてます

 次に見つかった死体は、男性の元貴族で

 二人の死体に共通点はないんですが
 殺された時間帯が夜の似通った時間帯であること
 宝石がらみであること
 って感じで絞っていきます

 ハート氏は、ヤードの仕事に口出しするクリスティを叱責
 これは、前にもいろんな人に言われてることで
 ホームズは依頼を受けて仕事としてこなしてますが
 クリスティは好奇心の赴くまま、って感じではありました

 で、今回は、クリスティの元メイド頭・アンヌマリーと結婚したデクスターが
 最初はホームズを頼り
 いないのでクリスティのとこに持ち込んでくるので
 ここで初めて、クリスティは事件に正式に関わります

 盗むな、騙すな、傷つけるな、殺すな、を守れば世界は平和だけど、
 嘘つく、欲しがる、うらやむで、犯罪が誘発される

 で、クリスティはさっさと解いちゃって
 うるさいからいきなり署長に犯人を示唆
 デクスターは、民間人に情報もらしていいんですが、なんて嫌味いうけど
 もともとクリスティに事件を持ち込んだのはデクスターね(^^)

 さて、ハート氏は、クリスティを守る人が必要だ、って決意して
 ま、話も合うし、求婚して結婚式

 でも、すぐに事件をおっかけていっちゃいそうです

 ってとこでエンド

 おもしろかったですよ(^^)





  外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます


   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

王国の子(7) びっけ ワイアットの反乱は処刑で終わり、スペインの美形王子がやってきます。 あらすじ、ネタバレ注意

王国の子(7) 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 英国の歴史のパラレルワールドです。

 エリザベス一世が即位するまでの英国史って
 ほんとにどろどろで
 ヘタなドラマより面白いんですが
 それを、影武者、っていう日本の武将にあった制度を持ちこんで
 まぜまぜして、できた漫画がこれです

 発想がとってもすごい!
 そして展開が面白い!!



王国の子(1)
王国の子(2)
王国の子(3)
王国の子(4)
王国の子(5)
王国の子(6)
王国の子(7) [ びっけ ]

王国の子(7) あらすじ



 エリザベスの身代わりに死の塔へ幽閉される事になったロバート。

 処刑の時が一刻と迫る中、エリザベスの無実を訴えるため名乗りを上げたジェイン!

 民衆が固唾を飲んで見守る中、事態は意外な方向へ向かう。

 エリザベスのそしてゼントレンの命運やいかに?







王国の子(7) ネタバレ注意



 ゼントレン国の王宮には、第1〜3位の王位継承権を持つ者に、影武者がいます。
 この発想がすごい!

 エリザベスの影武者ロバートからの視点があって
 英国王族暗黒史が描かれていきます

 3巻で、エドワード王が亡くなります
 そして、弟の闘病生活のためにエリザベスの影武者になったロバート。彼の弟が病死します。
 これで、影武者を続ける必要はなくなりますが、ロバートは、エリザベスの影武者役にとどまります
 自分を必要としてくれる人の側にいたいから・・

 エリザベスの弟のエドワード王が亡くなると
 今度へエリザベスの姉のメアリーが女王として即位しますが
 カトリックのメアリーは、プロテスタントのエリザベスが目障りです
 もちろん、エリザベスの母親のアンが、メアリーの母を失意の中で死なせた、って怨みもあります

 そんな中で
 エリザベスを抹殺するために、反乱分子としてトマスワイアットを処刑し
 彼と共謀していたエリザベスも殺すためにロンドン塔へ

 でも、ロンドン塔に行ったのはロバートでした
 もし処刑となったら、エリザベスを逃がすつもりです

 現在イギリスの王位継承者(王族)はエリザベスだけで
 彼女を殺すと王位を継ぐ者を外から(スコットランドとかフランスとか)から持ってこないとならない
 貴族などでは、メアリーに子供がいない今、それを不安視するものもいるので
 エリザベスを処刑するには大きな理由がいるわけです

 でもって、ワイアットは処刑される前に民衆に
 エリザベスは関係ない、って言うし
 殺されたはずのジェインが出てきて、共謀したのは私です、って嘘いってエリザベスを庇うし
 エリザベスに化けたロバートが毅然としてるのも、民衆を味方にして
 エリザベスは無事にロンドン塔から田舎屋敷に解放されます

 さて、メアリ女王は、現在スペインの王子さまと結婚が決まってます
 30代の女王と、美形で有名な若い王子
 この結婚はどう展開するのか・・

 英国史を知っていると結末はわかってるんですが
 この漫画ではどう調理されるか、とっても楽しみです(^^)
 

王国の子 7巻

王国の子 7巻

王国の子 7巻

[著]びっけ



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王国の子(16世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

黒執事(25) 枢やな  最新刊 ミュージックホールの崩壊 あらすじ、ネタバレ注意

黒執事(25) 大好きな漫画



 あいかわらずのおもしろさ!
 
 
黒執事(1) 黒執事(2) 黒執事(3) 黒執事(4) 黒執事(5) 
黒執事(6) 黒執事(7) 黒執事(8) 黒執事(9) 黒執事(10) 
黒執事(11) 黒執事(12) 黒執事(13) 黒執事(14) 黒執事(15)
黒執事(16) 黒執事(17) 黒執事(18) 黒執事(19) 黒執事(20)
黒執事(21) 黒執事(22) 黒執事(23)
黒執事(24) [ 枢やな ]
黒執事(25) (Gファンタジーコミックス) [ 枢やな ]

黒執事(25)  あらすじ



 おいたに折檻。

 カルト教団化したスフィア・ミュージックホール。
 信者を熱狂から覚ますため、シエルは自らミュージックホールを設立し対抗する。

 一方、裏でホールを嗅ぎ回る、死神派遣協会科学捜査課・オセロの狙いとは!?

 大ヒット執事コミック、待望の最新刊!!






黒執事(25) ネタバレ



120話、その執事、清聴
121話、その執事、不動
122話、その執事、待望
123話、その執事、明徴
124話、その執事、搬送
125話、その執事、帰投

 さて、スフィアミュージックホールは
 採血のためのシステムだ、って見抜いたシエルたち

 とっととつぶせばいいんだけど
 倫敦っこに人気の施設を力まかせにはつぶせないので
 スフィアの人気を奪取するために
 ファントムミュージックホールを作りました

 ファントムファイブとか、21世紀である今の世相の色々を取り入れてあるとこが、とっても面白い

 で、ファントムに客足をとられ
 採血できなかったら、無理な採血で人死にがでる、って予想していたシェル
 死体がでたところで、確保しました

 刑事は、死体がでるまで待っていたのか、って激怒しますが
 他に方法があったか?ってシエルに返されて・・。

 で、バースにこの事件の黒幕のブラバッドがいるらしい、ってシエルとセバスチャンが行きまして
 そしたら、死神がいました
 腎臓病のために血液を欲しがっていた政府の重鎮たちが
 相手の親玉が仕事の締めに入ったので、見捨てられて、死んでまして
 その死体の側に死神が来てたのね

 で、ロンドンに戻ってるらしい、ってことで、シエルたちが戻りますが
 今度はシエルの屋敷に、誰かがきて
 その銃口が、シエルの友人?のソーマに

 ってとこで次巻へ

 次が待ち遠しい!!
 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:03 | TrackBack(0) | 黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする