外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(0)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年02月05日

アルテ(7) 大久保圭 最新刊 カタリーナのパパって? あらすじ、ネタバレ注意

アルテ(7)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 ベネチア
 フィレンチェ
 今もあるイタリアの国々
 そこで、貴族で女性というハンデを持って画家の道を行くアルテ、の話だったんですが

 なんと
 7巻からは
 開眼しました

 女性で貴族、ってことに価値を持つ画家になる、って

 すばらしい!


 
アルテ(1)
アルテ(2)
アルテ(3)
アルテ(4)
アルテ 5 [ 大久保圭 ]
アルテ 6 [ 大久保圭 ]
アルテ 7 (ゼノンコミックス) [ 大久保圭 ]


アルテ(7) あらすじ



「貴族で女性であることが羨ましい」。

 アルテに放たれた工房の徒弟からの何気ない一言。

 それはアルテが画家を志した時からの弱みであり、強みでもあった。

 生まれや性別が人生を決めていた時代に抗い続けていたアルテの決断はーーーー




アルテ(7) ネタバレ



アルテ(貴族の娘)
亡き父に画の素質を伸ばされ、父の死後、画家をめざす

レオ
アルテを弟子入りさせた画家

ヴェロニカ
高級娼婦(コルテジャーナ)

ウベルチィーノ
大商人。レオの師匠時代からの腐れ縁のパトロン

アンジェロ
ダニロ親方の工房にいる徒弟
女兄弟が多くて女性に優しく、アルテに優しい

ダーチャ
お針子で文盲なので、アルテに習ってる
教科書はヴェロニカが貸してくれてる

ユーリ
ヴェネチアの名門貴族・ファリエル家の男

カタリーナ
ユーリの姪、ユーリの兄の長女

ダフネ
ファリエル家のメイド



30、蜜事.1
31、2
32、ファリエル家の肖像画家.2
33、2
34、3
35、4

 カタリーナは色々思うところあって
 じゃじゃ馬をやめて、貴族の娘らしくふるまい
 ママとの関係を修復
 パパも、カタリーナを目の仇にしなくなりました

 さて、カタリーナとアルテの関係が続く、ってことをメイドたちは賭けてまして
 ダフネが一人勝ちで大儲けです

 ダフネが知っている密事とは、ユーリとカタリーナのママ・ソフィアwとのキス
 ユーリがカタリーナを自分の娘のように気にしてること
 そして、ダフネ自身も密事があること

 昔、きちんとした家の娘だったダフネは恋人との間で妊娠
 でもカレは赴任先の上司の娘と結婚して、ダフネの子は孤児院へ
 さらに、未婚の母、って秘密は抱ききれないから、ってダフネはおいだされ
 ファリエル家のメイドとなってました
 賭けでもうけたお金を、ダフネは孤児院に寄付して、すっきりしました(^^)

 さて、アルテの肖像画家としての仕事は進んでいきますが
 女性で貴族なのはうらやましい、太いつてがありそうだ、的なことを言われたアルテ

 今までは女のくせに、貴族のくせに、って否定され
 そっちへの反論はがっつり用意できてたのに
 うらやましい、って言われて
 なら、今以上に頑張らないと、ってフル回転
 アルテに相手してもらえないで、カタリーナははじめは怒って、だんだん心配に

 ユーリはカタリーナのことしか頭にないから
 過労で倒れたアルテに、カタリーナが泣くから、倒れるほど仕事するな、って

 カタリーナは、自分の生まれを受け入れてから
 父や母と円満になったので
 アルテも、今の自分を受け入れるしかないんじゃない?って

 うん
 かしこい良い子だ

 ユーリは、カタリーナはアルテを気に入っているし
 肖像画も好みに書いてくれるから、パトロンになるぞ、って言ってくれて
 それを断るのは不遜だろ、って言いますが
 女で貴族だから、さらに自分を買ってくれる人にパトロンになってもらう、って

 要するに
 ユーリに飼われたくはないのね

 さて、やっとレオ師匠のとこに帰れるか!(^^)

 次巻も楽しみです
 


アルテ 7巻

アルテ 7巻

アルテ 7巻

[著]大久保圭



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 13:05| アルテ(16世紀フィレンツェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薔薇王の葬列(8) 菅野文 最新刊 え、あの人生きてたの?! あらすじ、ネタバレ注意

薔薇王の葬列(8) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 薔薇王の葬列は、英国中世史が元ネタです


白薔薇側
ヨーク公リチャード(3人の息子の父)
長男・エドワード
次男・ジョージ
三男・リチャード(両性具有の本作の主役)

エリザベス(エドワードの妻)
ランカスター側だった愛する夫を殺され、ヨーク側のエドワードを籠絡
王妃に収まったが、内乱の種になる


赤薔薇側
ヘンリー六世(ランカスター)
マーガレット(六世の妻・フランス王女)
エドワード(6世の息子)

薔薇の間を立ち回る大貴族
ウォルリック伯(ヨーク公と親友)
アン(ウォルリックの娘でリチャードが好き)




薔薇王の葬列(1)
薔薇王の葬列(2)
薔薇王の葬列(3)
薔薇王の葬列(4)
薔薇王の葬列(5)
薔薇王の葬列(6) [ 菅野文 ]
薔薇王の葬列(7) [ 菅野文 ]
薔薇王の葬列(8) (プリンセスコミックス) [ 菅野文 ]


薔薇王の葬列(8) あらすじ


 
 王の死から10年後、リチャードを取り巻く環境は大きく変わっていた。

 煌びやかな宴の陰で深まる兄たちの確執。
 そして、妖しい魅力で王を誘う魔女・ジェーンの台頭。

 人々の欲望が渦巻く中、自らの未来に触れたリチャードは、ヨーク家のために再び立ち上がる…!!




薔薇王の葬列(8)  ネタバレ



 母が淫乱だったから、性行為を嫌悪して
 坊さんのようだ、って言われていたヘンリー6世

 偶然知り合ったリチャードを愛したんですが
 やっぱり、欲望はあっても拒絶する、って形になりました

 で、リチャードは、ヘンリーが宿敵だと知って
 でも好きで、でも拒絶されて、ヘンリーを刺します
 それが7巻の終わり

 ヘンリー六世が囚われても
 息子のエドワードがいれば大丈夫、って頑張ったマーガレットですが
 エドワードは母の心も知らずに姿を現して、殺されます

 エドワードの妻となり、エドワードの死の直前にベッドをともにしたアンは
 エドワード(赤薔薇)の子を宿しますが
 隠してて

 でも、リチャードと結婚することで
 子供をリチャードの子と偽ることで、子どもの命を助け
 さらに、やっぱりスキだったリチャードと結婚できる、って打算もありましたね

 リチャードは両性具有で結婚も子供もできない(性交がでkない)ってわかってたから
 アンの子供を自分の子にして、カモフラージュにはちょうどいいのね

 一方、次男のジョージはアンの妹と結婚することで
 王族であり、さらに大貴族の財産を得て
 傍若無人になって、長男のエドワードに嫌われてます

 そして、
 色好みのエドワードが、魔女、って自称する女・ジェーンの
 乱交時に使用する媚薬にはまっていき
 エリザベス王妃は、寵愛が薄れていくことに危機感を覚えます

 でもって
 死んだ、って思われていたヘンリー6世が
 なんか、生きてるの??

 ってとこでおしまい

 次巻も読みます(^^)





 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 13:04| 薔薇王の葬列(15世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王妃マルゴ(5) 萩尾望都 最新刊 婚姻時の虐殺! あらすじ、ネタバレ注意

王妃マルゴ(5) 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 オスカルさまが登場するルイ16世の時代より
 ずっと前のお話です

 14世で絶対君主制が成立するまで
 フランスはほぼ内乱の時代で
 地方の主が争ってますが、その争いにキリスト教でのカトリックとユグノー(新教)の戦いがまじり
 ものすごい殺戮の時代となってます

 飢饉とかもあるしね

 現代に生まれて良かった・・



王妃マルゴ(volume 1)
王妃マルゴ(volume 2)
王妃マルゴ(volume 3)
王妃マルゴ(volume 4)
王妃マルゴ 5 [ 萩尾 望都 ]

王妃マルゴ(5) あらすじ



ついに成立したマルゴとナヴァル王・アンリの結婚。
しかし平和が訪れるどころか、シャルル陛下の号令でユグノー大虐殺が始まる。

生き抜くため、ナヴァルとマルゴの下した決断は──!?





王妃マルゴ(5) ネタバレ



 マルゴはちゃんとした王妃のちゃんとした娘(庶子じゃない)。
 アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの三女です。

 アンリ2世もカトリーヌも、美人、って話は聞かないんですが
 マルゴも兄たちも、美形だったようです
 カトリーヌは10人の子を産んでます
 で、息子二人が王位を継ぎ
 娘のマルゴが、次の王朝・ブルボン家の王妃になりますが
 結婚生活は破綻して(お互い愛人がいたが友人ではあった)子がなく
 ヴァロア家は断絶します

 ってことを予備知識にいれて、漫画を読んでいくと面白い

 さて5巻

20〜24章

 5巻の内容は、映画「王妃マルゴ」で出てくるエピとかぶります


 レンタルでいいので、是非一度見て下さい
 すごいですよ〜
 イケメン天国(^^)

 カトリーヌ・ド・メディチは
 歴代で多産というわけではなかったですが、成人まで育った子が多かった

 ただし、その子たちはみな短命で
 次々と王位を(長男、次男、って感じで)継いでいきます

 お気に入りは次男でイケメンだったアンリ(アンジュー公)です

 長男で、現在国王のシャルルは、身体が弱かったのか、精神が弱かったのか
 5巻で亡くなります
 で、アンリが呼び戻され、即位するのが6巻かな

 マルゴは、ユグノー派のアンリ(ナヴァル公)と政治的画策で結婚式をあげますが
 集まったユグノー派を、カトリーヌが大虐殺します

 このタイミンぐは千載一遇で、ほとんど壊滅できたんですが
 王権がまだ完全じゃないので
 ユグノーが全滅すると、カトリックで王権を脅かしそうなアンリ・ドギースが力をつけすぎるってことで
 マルゴの夫となったアンリは許されます

 アンリ自身、父がカトリック、母がユグノーで、現在はユグノーの旗頭ですが
 カトリックに改宗します、ってカトリーヌとかに誓うわけです

 マルゴは、アンリの味方をしました
 母親のやり方に反抗したのね
 この時のことがあって、アンリはその後、マルゴと円満離婚して、マルゴを殺さなかった・・

 マルゴの最愛の恋人のラ・モルはユグノーで
 政略戦争の果てに、捕まって拷問で殺されます
 ここらの映画でのシーンは美しく哀しい・・

 で、シャルルが死んで
 ポーランド王になっていたアンジュー公が戻ってきて、王位を継ぐのです

 ってとこで次巻へ

 これ、連載が終わったあとに全巻一気読みしたら
 フランス中世史ががっつりわかるようになりますね

 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 13:03 | TrackBack(0) | 王妃マルゴ(16世紀フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィンランド・サガ(20) 幸村誠 最新刊 グズリーズが残された あらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(20)  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 2005年からの連載なので
 2017年現在、12年も続いてる、ってことになります

 12年で20巻だから、けっこうスローペースですが
 それは初期のころのゆっくり連載のせいで
 最近は、けっこう連載も単行本化も順調です

 プロローグ編
 幼少編
 ブリテン編
 
 ここまでは、トルフィンは人を殺すこと、勝負することに負い目のない
 バイキング(ノルドの戦士)としてまっとうな人生です

 が、宿敵のアシェラッドが死んでからは人生観が変わります

 奴隷編
 で、壊すより作ることの大変さを学び
 
 奴隷から解放されてからは、
 北海横断して、新世界で金を作り、その金で楽天を作るってことをめざしてます

 そんなこんなでトルフィンは今、無血で世界を平和に、って望んでますが
 強さを封印しても、回りがほっとかない、って状況です

 父の代からの因縁にも絡み取られてます

 トルフィンの父親・トールズはものすごい戦士で
 母親の叔父(トルフィンの祖父の弟)トルケルもものすごい戦士

 で、父・トールズの死を画策したフローキーが現れ
 自分の孫をヨーム戦士団のヘッドにしたいから、ってトルフィンを殺そうとする
 って物語展開が、18巻から始まってます。

ヴィンランド・サガ(1) ヴィンランド・サガ(2) ヴィンランド・サガ(3) ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5) ヴィンランド・サガ(6) ヴィンランド・サガ(7) ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9) ヴィンランド・サガ(10) ヴィンランド・サガ(11) ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13) ヴィンランド・サガ(14) ヴィンランド・サガ(15) ヴィンランド・サガ(16)
ヴィンランド・サガ(17) ヴィンランド・サガ(18) [ 幸村 誠 ]
ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC) [ 幸村 誠 ]
ヴィンランド・サガ(20) (アフタヌーンKC) [ 幸村 誠 ]

ヴィンランド・サガ(20) あらすじ



 北海最強の武力集団ヨーム戦士団の跡目争いには
 イングランド・デンマーク統一王のクヌートの思惑も絡んでいた。

 だが闘争心に火が付いたトルケルはクヌートの目論見から逸脱し、
 もはや誰にも止めることができない。

 最凶の槍使い・ガルムは人質をとりトルフィンをヨムスボルグに誘い出す。

 最強の戦士達がヨムスボルグに集結。大きな戦いが幕を開けた!





ヴィンランド・サガ(20) ネタバレ



旅の仲間

トルフィン
 戦争も奴隷もない平和な国、を作ることをめざす

レイフ
 実在の人物で、ヨーロッパ人としてはじめて北米に到達した人物として知られる。

エイナル
 ノルド系イングランド人で、ノルド語とイングランド語に堪能。奴隷になるまでは農民

トルフィン(ギョロ目)
 トルフィンと間違えられてレイフに買い取られた元奴隷で、現在はレイフの養子 

グズリーズ
 グリーンランドからシグルドのもとに嫁ぎにきた19歳の女性

カルリ
 赤ん坊

トルケル
 トルフェンの親族(母ヘルガの叔父にあたる)で、闘うことが大好きなノルドの戦士

137話〜144話
 バルト海戦役・13〜20

 現在、ヨーム戦士団のトップに孫をすえたいフローキーが
 いろいろ画策してます

 画策が必要なほど、フローキの孫で、先代の息子であるバルドルは
 まだ若いし、戦士向きじゃない
 それでも、娘の産んだ男子、ってことで
 フローキーはごり押ししてる

 戦士なんだから、って気弱はバルドルを押さない一派があって
 そいつらは、トルフィンが、先代の妹の子であるとしって
 団長の血筋でもあるし、戦士だし、ってことで
 トルフィンを押してます
 トルフィン、大迷惑。

 フローキは、トルフィンの存在そのものが許せないってことで
 刺客とか送ってくるし
 トルフィンも、ふりかかる火の粉は払うし・・

 そんなこんなで、
 トルフィンが留守の間に、レイフ、グズリーズ、エイナルが戦士団に拉致られ
 トルフィンが取り返しにいくと
 すでに、戦士団とトルケルの間では戦争が勃発してました

 バルドルが逃がしてくれようとしたんですが
 グズリーズだけが逃げ遅れ
 さて、どうやって救い出したもんか、ってトルフィンが考え込むところで
 次巻へ

 戦争の描写、この作家さんがものすごく上手で
 ノルドの戦士たちの
 戦いへの心構えとか、なんか、のんきなんだか、痛みを知らないんだか
 死んだらバルハラ、っていう信仰ってすごいな〜って思いますね

 とってもおススメです





 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 13:03| ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする