外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(19)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(8)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年07月07日

2017年07月06日のつぶやき


















posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01 | TrackBack(0) | つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

2017年07月05日のつぶやき


























posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01 | TrackBack(0) | つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

キングダム(46) 原泰久 最新刊 体力試験のちの趙への出陣 あらすじ、ネタバレ注意

キングダム(46)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 週刊ヤングジャンプ連載なので
 単行本化が速くてとってもうれしい!

 飛信隊は、現在新人勧誘中です 
 一度に1000人の入隊のために、体力試験を実施中(^^)

 

キングダム(1) キングダム(2) キングダム(3) キングダム(4) キングダム(5)
キングダム(6) キングダム(7) キングダム(8) キングダム(9) キングダム(10)
キングダム(11) キングダム(12) キングダム(13) キングダム(14) キングダム(15)

キングダム(16) キングダム(17) キングダム(18) キングダム(19) キングダム(20)
キングダム(21) キングダム(22) キングダム(23) キングダム(24) キングダム(25)
キングダム(26) キングダム(27) キングダム(28) キングダム(29) キングダム(30)

キングダム(31) キングダム(32) キングダム(33) キングダム(34) キングダム(35)
キングダム(36) キングダム(37) キングダム(38) キングダム(39) キングダム(40)

キングダム(41) キングダム(42) キングダム(43) [ 原泰久 ] キングダム 44 [ 原 泰久 ]
キングダム 45 [ 原 泰久 ] キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]

キングダム(46)  あらすじ



 宿敵・趙と存亡を懸けた大戦へ!!

 新兵募集にて出会った若き兄弟。
 弓の腕に覚えがあると言うふたりの実力は、飛信隊覚醒の鍵となる!?

 中華統一の為に趙との大戦を画策する秦国。
 しかし、趙宰相・李牧の実力を前に打つ手が見出せない。

 一大決戦を前に勝利の絵図は導き出せるのか…!?






キングダム(46)  ネタバレ




えい政

きょうかい
河了貂

王ほん
蒙てん

王せん
かん騎
たん端和

493話、再出発
494話、地下牢の賢人
495話、相応の覚悟
497話、集結の本意
498話、大軍勢の緊張
499話、手にする想い
500話、進軍路の兵たち
501話、気運の探り合い
502話、機先を制す者
503話、火急の鳥

 新兵選抜試験中ですが
 その中に、弓の名手の兄弟がいて
 彼らがこれからの飛信隊の中核になるのかな?

 一方秦では、えい政が法治国家をめざす、って言ってたけど
 この時代、法っていうものが何であるかもわかってなくて
 それを知る賢人は
 先にえい政と政治争いをした呂氏の片腕の李しでした
 牢獄に入れられたたんですが、昌文君が出して、王の側近へ復活です
 相応の覚悟をもってして、法治国家をめざす、ってことですね

 さて、秦の中華統一には時間短縮が必須で(何年もかけらんない)
 で、そのための策がとっても大変

 信、河了貂も含めて、主だったものたちが秦の首都の咸陽に集められます
 で、趙への戦いのために
 若者3人、信、王ほん、蒙てんに、この戦いで将軍にあがれ、って
 で、今回の総大将は王せん将軍
 脇には、かん騎とよう端和
 そして信は、王騎将軍の遺した鉾を手に出陣します

 李白は優秀なんですが、趙の王様には嫌われているようで
 そんな中、秦の奇襲に対して、どうでるか

 ってとこで次巻です

 46巻か〜
 久しぶりの王騎将軍の名前がでて、テンションあがったな〜(^^)

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:40 | TrackBack(0) | キングダム(紀元前中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

ヴィンランド・サガ(19) 幸村誠 最新刊 ガルム登場編 あらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(19)  外国が舞台の歴史漫画



 トルフィンは今、無血で世界を平和に、って望んでますが
 強さを封印しても、回りがほっとかない、って状況です

 それに現在は、父の代からの因縁に絡み取られてます

 トルフィンの父親・トールズはものすごい戦士で
 母親の叔父(トルフィンの祖父の弟)トルケルもものすごい戦士

 で、父・トールズの死を画策したフローキーが現れ
 自分の孫をヨーム戦士団のヘッドにしたいから、ってトルフィンを殺そうとする
 って物語展開が、18巻から始まって、最新作の19巻へと続いてるわけです




ヴィンランド・サガ(1) ヴィンランド・サガ(2) ヴィンランド・サガ(3) ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5) ヴィンランド・サガ(6) ヴィンランド・サガ(7) ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9) ヴィンランド・サガ(10) ヴィンランド・サガ(11) ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13) ヴィンランド・サガ(14) ヴィンランド・サガ(15) ヴィンランド・サガ(16)
ヴィンランド・サガ(17) ヴィンランド・サガ(18) [ 幸村 誠 ]
ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC) [ 幸村 誠 ]

ヴィンランド・サガ(19) あらすじ



 空白となった団長の座を巡り、二つの勢力が跡目争いを続ける北海最強の武力集団・ヨーム戦士団。

 トルフィンもその有力候補者であることが判明、戦火に巻き込まれる。

 ヨーム戦士団の幹部・フローキは自らの孫を後継者にしようと企て、
 反フローキ派・ヴァグンに客人として迎えられたトルフィンへ刺客を放つ。

 フローキ配下の血に飢えた戦士・ガルム。
 彼のスピードはトルフィンをも上回り、変幻自在の槍術がトルフィンを追いつめる!



ヴィンランド・サガ(19) ネタバレ



旅の仲間

トルフィン
 戦争も奴隷もない平和な国、を作ることをめざす

レイフ
 実在の人物で、ヨーロッパ人としてはじめて北米に到達した人物として知られる。

エイナル
 ノルド系イングランド人で、ノルド語とイングランド語に堪能。奴隷になるまでは農民

トルフィン(ギョロ目)
 トルフィンと間違えられてレイフに買い取られた元奴隷で、現在はレイフの養子 

グズリーズ
 グリーンランドからシグルドのもとに嫁ぎにきた19歳の女性

カルリ
 赤ん坊

130話、バルト海戦役.6
131話、7
132話、8
133話、9
134話、10
135話、11
136話、12
番外編

 ヨーム戦士団本拠地があるヨムスボルグ
 ここに、大隊長のフローキは、自分の孫のバルドルを当主にしたい
 けど、バルドルは戦が好きではないおとなしい子です

 フローキは、トルフィン抹殺指令を出したけど
 目の前で、敵対組織・ヴァグンにトルフィンを取られたので
 さっそくに、トルケルにヴァグン攻略を願うのですが
 自分からも刺客をおくっちゃって
 そいつが、トルフィンでなく、ヴァグンを殺しちゃったもんだから
 俺の大好きな戦いに横やりいれやがって、って
 トルケルの激怒を買いました

 で、トルフィンはどさくさまぎれに脱出できたんですが
 フローキの手下である凄腕の傭兵・ガルムが
 こいつがヴァグンを殺したんだけど
 トルフィンの弱点が身内だ、って見抜いて
 アブナイ目に合わせたくない、って別行動していた
 レイフたちを人質にして
 トルフィンにヨムスブルグに来い、って

 さぁ、どうなる!

 これ、とってもおもしろいんですが
 月刊誌のアフタヌーンに連載なので
 1冊にまとまるまで、半年以上かかるの
 次が出るまでが、ながい!!!

 待ちますけどね
 面白いからね(^^;)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 15:23 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする