外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(0)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年02月28日

エマ(4) 森薫 22〜29話。ウィリアムと再会!  あらすじ、ネタバレ注意

エマ(4) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 ロンドンを離れ
 郊外にある、ドイツ夫妻・メルダース家で働くことになったエマ

 4巻では、夫人のお供でロンドンに戻り
 ウィリアムと再会!




エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(4) あらすじ



 身分違いの恋と知り、一度は別れることになったエマとウィリアム。
 だが、互いを想う気持ちは忘れられない。
 いまもウィリアムの心にあるのは、遠く離れたエマへの思い……。

 そして、革新の風が、ふたりの恋に奇跡を呼ぶ! 激動の展開!






エマ(4) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)


22話、ウィリアムは今
23話、愛の響
24話、雨のロットン・ロウ
25話、モニカ、怒る
26話、エマは今
27話、波瀾の鐘が鳴る
28話、再会
29話、エマとウィリアム

22話
 ウィリアムはいい兄様で
 妹のグレイスから、一番下のコリンまで
 みんな、画いた絵を見せに来て、ちゃんと何書いたかわかってあげられます
 ウィル以外はダメみたい
 で、社交界での生活に頑張るウィルですが
 もともと好きじゃないし
 エマのことは忘れられないし、椅子とか蹴り飛ばしちゃいますね

23話
 オペラのボックス席にエリノアを誘ったら
 グレイスが体調不良で(たぶん生理痛)
 ウィルがお供することになり
 で、ウィルの背中にそっと寄り添ったから
 鈍いウィルもさすがに気付いて
 いつから?って
 忘れました、ってエリノア

24話
 エレノアを溺愛する、今は伯爵夫人のモニカが
 エレノアの恋心と
 自分に都合のよいように解釈したウィルの言葉に
 怒り狂います

25話
 モニカがウィルのとこになぐりこみ
 エレノアが焦っておっかけてきて
 で、行き違いはあったけど
 ウィルがエレノアに求婚
 イエスをもらい
 そのまま、ウィルの父のとこへ

 父上は、結婚と同時に家督も譲るって言いだしまして
 話はイッキに動きだします

26話
 メルダース夫妻は、仕事の関係でロンドンに
 その間、メイドたちは気が抜けてますね

27話
 ロンドンにいるメルダース夫人
 買い物してたら、ウィルのママと逢います
 ウィルの婚約で、田舎から呼ばれてたのね

28話
 現在エマは、侍女待遇ですが
 ウィルのママに、侍女がいないのは、きちんとした社交場ではまずい、ってことになり
 エマが貸し出されます
 で、おしゃれして、侍女だと、パーティーの席には入れないので
 付き添い、って形でつれていきます
 ウィルのママ、一人で社交の場に出るのが嫌だったのね

29話
 エマはメガネをかけてなかったので、ウィルが本当に近づくまでわからなくて
 エマも、ウィルの婚約披露だときいて・・
 エマが卒倒し
 そのまま泊まることになり
 ウィルが夜、忍んできて
 懐かしさと嬉しさで抱き合ってキスしてたら
 ウィルのママが来て・・。

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)







posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

エマ(3) 森薫 15〜21話。メルダース家のメイドとなる。  あらすじ、ネタバレ注意

エマ(3) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 夫人が亡くなったので、エマは居所をなくし
 とりあえず故郷への列車に乗りますが
 乗り合わせて子がメイドで、その館で働くことに


エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(3) あらすじ



 富豪のウィリアムとメイドのエマ、
 かなわぬ恋と知り、ロンドンを去ったふたりは、それぞれの階級から緩やかに時代を変えていく……。

 19世紀末、華やかなりし英国ヴィクトリア朝を舞台にした、伝統と革新のブリティッシュロマンス!!




エマ(3) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)


15話、嵐
16話、視線の先
17話、幕間
18話、新しい生活
19話、満月の夜
20話、エマとメルダース家
21話、ミセス・トロロープ

15話
 エマは所作が上品なんで、メイドに見えない
 乗り合わせたメイドのターシャに
 家庭教師ですか、ってまで言われちゃう
 

16話
 エレノアたちと、ウィルの兄弟とかでピクニックです
 娘たちは結婚相手を物色中
 男爵でもお金がないとだめ
 ウィルのように、富豪でも、貴族でないのはちょっと
 って感じですね
 そんな中で、グレースは、女の子たちにとても人気です(^^)

17話
 ウィルは、エマとの交際を反対されて
 ひそかにとっても怒っていて
 上流階級として生きてやって
 死ぬ前に全部捨ててやるって
 ぼくの第二幕が始まるってね

18話
 ターシャの紹介で、エマはメルダース家のメイドとして採用されます
 紹介状がないけど、メイド不足が致命的なので
 で、仕事はできるし、重宝されます

19話
 満月の日
 メルダースの娘が誕生日で、従業員たちにも休みが与えられ
 パーティーも許されます
 楽しそうですが、エマは食器洗いを引き受け
 従僕のハンスも、エマにつきあいます
 怖い顔のハンスですが、やさしいのよね(^^)
 満月見て、ウィリアムとのあのパレスでの夜を思いだし
 お酒も始めて飲んで、泣いちゃうエマでした

20話
 メルダース家での、エマのお仕事風景です
 おねしょしちゃう、まだ幼い妹に
 リスを飼ってる長男
 たとえメイドでも、ちゃんと礼を言うように、って、メルダースはしつけてます。

21話
 エマは、メルダース夫人のお供ででかけます
 メイドではなく、侍女というのは、階級的に上なんですね〜
 で、夫人が訪問したのは、近所に住む人嫌いの夫人
 でも、お金はあるみたいで・・

 でもって
 彼女がウィリアムの実母だったりします!
 

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

エマ(2) 森薫 8〜14話。ケリー夫人が亡くなり、エマはロンドンを離れます あらすじ、ネタバレ注意

エマ(2) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 1巻で、知り合ったエマとウィリアム
 他の人からのラブレターは断ってたのに
 ウィリアムへの返事は断らないエマですが・・




エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(2) あらすじ



 惹かれ合うウィリアムとエマだったが、身分違いゆえ自由な恋愛は許されなかった。

 ふたりの気持ち以上にその障害は大きく、周囲の理解が得られず、エマは……

 ブリティッシュロマンスは激動の展開を迎える!





エマ(2) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)

8話、クリスタルパレスにて
9話、家族
10話、ひとり
11話、晩餐会のエレノア
12話、さよならエマ・前編
13話、中編
14話、後編

あとがき

8話
 ウイリアムに誘われて、ケリー夫人に半日の休みをもらって
 エマはクリスタルパレスへデートです
 ただ、鍵かけて閉じこめられちゃいまして
 月夜でした
 キスしちゃいました

9話
 エマに惚れこんじゃったウィリアムは
 家族に、メイドと結婚したいって切りだしますが
 猛反対されます
 エマも、当然だと思ってます
 ただ、ウィリアムとの関係を根回しされつつあるエレノアが
 けっこう先走ってるのが不安ですね

10話
 ケリー夫人が急死してしまいます
 残されたエマは、ああ、一人なんだ、って泣けてきました

11話
 ウィリアムはケリー夫人の死も知らず、社交生活です
 父に反対され、子爵令嬢のエレノアに根回しされ
 エレノアは、ウィリアムの妹のグレイスと仲良しで
 そして、エレノアは、ウィリアムが好きになっちゃうの

12〜14話
 ケリーが死んだから家にいられないエマは
 生まれた町に帰る、ってことを
 ウィリアムに伝えたかったんですが
 ウィルが遅れて、すれ違います
 ケリーの友達のアルと逢ったので家へと呼ばれ
 そこでエマの生い立ちを聞きますが
 両親を亡くして、母方の伯父に引き取られたけど
 貧しくて邪険にされて
 人さらいにさらわれて売られるところを逃げ出して
 ものごいみたいにして、メイドさんたちから食べ物をもらい
 路上の女たちから、花束の作り方を習い
 そうやって暮していて15歳でケリーのとこに行き
 メイド仕事を習い、文字を習い、ってことでした

 一方エマは、ウィリアムに逢いに館へ
 執事が居間に通してくれて
 帰ります、っていうんだけど、今度はハキムが来て帰れず
 ただ、世界の違いを目の当たりにし
 ウィルの妹のビビアンに、帰りなさいよ、って言われます

 結局二人は逢えずに、エマはロンドンを去りますが・・

 ってとこで3巻へ
 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)






posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

エマ(1) 森薫 作者出世作。1〜7話 あらすじ、ネタバレ注意

エマ(1) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 作者の商業誌デビュー作

 ヴィクトリアンの光と影の物語

エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(1) あらすじ



 貴族ウィリアム・ジョーンズはかつての家庭教師、ケリー・ストウナーを久方ぶりに訪ねた。

 そこで眼鏡をかけた聡明なメイド、エマと出会い、徐々にふたりは惹かれ合う……

 ヴィクトリア朝の英国ロンドンを舞台に、伝統と革新のブリティッシュロマンスが始まる!






エマ(1) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)


1話、訪問
2話、眼鏡
3話、南からの訪問者
4話、ラブレター
5話、写真
6話、ふたつの時計
7話、父、リチャードジョーンズ

あとがき

 エマって、あとがきが好きです
 森薫さんの趣味の世界ですね

 少女漫画の単行本って
 柱のとこにいろいろ書いてくれますが
 こちらは、あとがきでまとめて書かれてます

 さて
 NHKでアニメ化もされました「エマ」

 1巻では
 ウィリアムがケリー先生のとこに訪問して
 メガネかけて、所作が上品はエマに惚れるとこから始まります

 当時、貧富の差のはげしいロンドンで
 メガネは高級品だから
 メイドに買い与えてくれた人は、きっと少ないのね
 で、エマは視力が悪化しつつあって
 今の眼鏡だとあんまりよく見えなくて
 ウィリアムと道であっても、あんまりよく見えないのがリアル(^^)

 眼鏡の買い直しを提案したウィルに
 エマが、レースのハンカチが欲しい、っていうのも
 当時、機械編みのレースはまだ少なくて
 レースは手編みだから高価だったのね
 時代考証ばっちりだわ

 南からの訪問者は、ウィリアムのとこに、インドの藩王の息子・ハキムが象を連れてきた話です
 すごかったです
 足首だすのも許されなかったビクトリアンに
 おなかだしちゃうインド娘たちが登場するんだもん

 エマは、ケリー夫人に読み書きを習っていて
 ラブレターをもらっても、きちんとお断りの手紙を書きます
 こんなことのために文字を教えたんじゃないけどね、って
 夫人は苦笑です

 写真は、夫人が、ウィリアムが子どもの頃の写真を飾っていた、ってお話
 ずっと、エマは掃除の度に見てたけど
 今回の訪問では、最初、気付いてなかったのね
 夫人の、若くして亡くなった旦那様の写真もあります
 
 二つの時計は
 先日、夫人は階段ふみはずして足をいため
 それから寝付いてたのね〜
 で、亡き夫の時計とかもじっくり見ちゃう
 50歳すぎると、死が身近になる時代です・・

 ウィリアムの父上は
 成り上がりって、さんざんバカにされてきたのね
 だからこそ、息子には社交界での地位を持ってほしい
 悪い人じゃないんですけどね

 って感じで、サブタイトル読むだけで
 流れがわかるとこが、いいですね


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする