外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(0)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(2)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年12月27日

キングダム(48) 原泰久 最新刊 515〜525話。ぎょうでの戦闘が始まる あらすじ、ネタバレ注意

キングダム(48)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 これで48冊目

 おもしろいんですが、中華って、ほんとに戦争ばっかりね〜
 平均寿命も短いだろうな〜って
 そんなことが気になっちゃいます

 現在、王せんがトップになって 
 趙国に侵攻してます

 

キングダム(1) キングダム(2) キングダム(3) キングダム(4) キングダム(5)
キングダム(6) キングダム(7) キングダム(8) キングダム(9) キングダム(10)
キングダム(11) キングダム(12) キングダム(13) キングダム(14) キングダム(15)

キングダム(16) キングダム(17) キングダム(18) キングダム(19) キングダム(20)
キングダム(21) キングダム(22) キングダム(23) キングダム(24) キングダム(25)
キングダム(26) キングダム(27) キングダム(28) キングダム(29) キングダム(30)

キングダム(31) キングダム(32) キングダム(33) キングダム(34) キングダム(35)
キングダム(36) キングダム(37) キングダム(38) キングダム(39) キングダム(40)

キングダム(41) キングダム(42) キングダム(43) [ 原泰久 ] キングダム 44 [ 原 泰久 ]
キングダム 45 [ 原 泰久 ] キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
キングダム 48 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]

キングダム(48)  あらすじ



 滅ぼすか、滅びるか──。退路を断ち、秦趙激突!!

 趙の国門・列尾を捨て、一見無関係と思える小城へ次々攻め込む王翦軍。

 戦略家・王翦が企む驚愕の一手とは…!?

 一方、李牧は邯鄲に到着。
 秦軍を迎え撃つべく王都を奔走するが…!?

 秦趙の行く末を懸けた戦いは、かつてなき大戦争へ…!





キングダム(48)  ネタバレ




えい政

きょうかい
河了貂

王ほん
蒙てん

王せん
かん騎
よう端和

李牧・趙国の宰相

515話、小城の流民
516話、陥落の武器
517話、削り合い
518話、戦地・りょう陽
519話、総大将の流儀
520話、火ぶたを切る
521話、機動の妙
522話、左翼の絶望
523話、秦軍右翼の刻
524話、覚悟の比重
525話、馬南慈の気概

 秦の攻撃に、名宰相の李牧は備えてまして
 列尾っていう城を
 まるまる囮にしてました

 それに素早く気付いたのが、秦の総大将の王ほん
 何考えてるかわからない人ですが
 名将であることは確かです

 王ほんの脇をしめる
 かん騎もよう端和も、すぐに気付き
 信の懐刀である河了貂も、入城してから気付きます

 列尾は、守るに適さない城なのね

 で、王せんは列尾を捨てて北上
 趙軍が列尾を取り返したので
 秦軍は退路を断たれた形となり
 趙の国に踏み入っていくしか活路がない

 でも、それが王せんの策でした
 小さな城を落とし
 兵糧だけ奪って、民は解放
 すると、民は飲まず食わずで趙の国、ぎょうの城に流れていきます
 ぎょうの中には流民があふれ
 兵糧を食い散らしていき
 そこへ、王せんの部隊が到着です

 王せんたちも、ぎょうを落とさねばあとがなく

 趙の王宮では、馬鹿な王様が女侍らせて遊び
 賢帝になりそうな皇太子がいるから
 彼のために、って李牧は頑張る
 って王宮的争いも勃発

 そんなこんなの中
 ぎょうを巡っての戦いが始まります

 で、こっから先は
 入り乱れているので、ネタバレできません〜
 
 現在のところ
 蒙てんが、頑張ってまして
 王せんの息子の
 王ほんも頑張ってまして
 信はあんまり出てきません

 王せんは、蒙てんが、自分の作戦を見抜いたってことで
 勝ったら俺の幕僚に、って誘いますが
 蒙てんは、俺より先に加える者がいるでしょう、って
 王ほんのことね

 王せんって、王ほんとほとんど口きかないの
 なんか、あるのかな?
 優秀な跡取りなのにね〜(^^)

 ってとこで次巻へ

 キングダムは新刊が出るのが早いので
 大好きです

 だいたい3か月に一度でるから
 次は1月かな

 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| キングダム(紀元前中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

夢の雫、黄金の鳥籠(10)  篠原千絵 最新刊 イブラヒムとの確執の芽生え あらすじ、ネタバレ注意

夢の雫、黄金の鳥籠(10)  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 歴史上の人物で
 それなりにいろいろ調べて画かれてるんですが
 宮殿の画が
 まんま、同じ構図で10巻の中で見開きに二度使いまわされてたりしてます(^^;)
 



夢の雫、黄金の鳥籠(1)
夢の雫黄金の鳥籠(2)
夢の雫、黄金の鳥籠(3)
夢の雫、黄金の鳥籠(4)
夢の雫、黄金の鳥籠(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(7)
夢の雫、黄金の鳥籠(8)
夢の雫、黄金の鳥籠 9 (フラワーコミックス) [ 篠原 千絵 ]
夢の雫、黄金の鳥籠 10 (フラワーコミックス) [ 篠原 千絵 ]

夢の雫、黄金の鳥籠(10) あらすじ



 かつて愛し合ったふたり、闘いのはじまり

  オスマン帝国の皇帝・スレイマンの後宮で、
 ついにヒュッレムは寵姫(ハセキ)という妾の最高位にまでのぼりつめる。

 それでもなお、ヒュッレムの産んだ一人目の王子・メフメトを
 認めようとしないヒュッレムの後見・大宰相イブラヒム。

 それは、ヒュッレムとイブラヒムがたった一夜を共にすごした過ちから
“皇子・メフメトは、スレイマン様の御子ではないかもしれない・・・”
 という疑念をもったことが原因であった。

 それを知ったヒュッレムは後宮でのより強い権力を得るため、
 二人目の皇子を懐妊する。

 一方、スレイマンはイブラヒムと共に欧州遠征の計画を練り始めるが・・・!?





夢の雫、黄金の鳥籠(10) ネタバレ注意



(これまでの流れ)
 16世紀初頭のお話です
 サーシャは奴隷として売られ、マテウス(イブラヒム)に買われます
 当時、ロシアあたりでの人身売買は一般的?で
 よくありました

 マテウスに買われて、教養を仕込まれて、サーシャはヒュッテムって名前をつけられスルタンの後宮へ
 後宮では、第一夫人の権勢が強く
 長子相続でなかったこともあり、妊娠すると力弱い側室は、母子ともに殺される、って場所でした

 ヒュッテムはマテウスに惚れていて
 マテウスもヒュッテムを愛していて
 でもそれに気付いたのは、後宮に献じたあとで(男ってバカ)
 ただの側室なら、下げ渡し、って可能性もあるけど
 ヒュッテムはスルタン=スレイマンの寵愛を受け
 妊娠。でも、ちょうどその前後に殺されかけたヒュッテムを
 マテウスが救って、激情のままにメイクラブしちゃって、
 どっちの子かわからない・・

 マテウスは手柄をたててヒュッテムが欲しい、って言えるようになる
 って頑張ってロードス島攻略時に大手柄をたてます

 ですが
 優秀な男・イブラヒムを手ごまにするために
 スレイマンはかわいがっている妹・ハディージュを降嫁させ
 妹には、好きな男・アルヴィーゼがいて、妊娠中ですが
 そのまま降嫁で、愛人は行方不明・・
 で、ヒュッテムとイブラヒムの恋は終ります

 さて、10巻

 現在ヒュッテムが、子ども殺しに参加してないのと
 スルタンに新たな側室ができないので
 後宮は平和です

 で、スルタンはヒュッテムではなくて
 ヒュッテムを献上したイブラヒムを愛してるらしい、って
 ヒュッテムは気付きまして
 実際、スルタンはイブラヒムにキスしちゃったりもします

 頭が良くて、自分の考えを先読みするイブラヒムが
 スルタンはとってもお気に入りなのね

 スルタンの妹・ハディージュはイブラヒムのとこで息子を生みますが
 それは、彼女が愛する外国人との間に妊娠した息子で
 イブラヒムはそれを承知でかわいがってますが
 ハディージュとは同衾しません

 で、寵愛はなはだしいヒュッテムは
 長男(イブラヒムの子かもしれない)を産んだあと
 娘を生み
 次男・セリムを生みます

 ただ、長男のメフメトが自分の子かもしれない、って思うイブラヒムは
 メフメトの後見になれない
 スルタンを敬愛してるので
 その血統をひかないかもしれない者にかしずけないのね

 どっちの子でもかまわない、息子を愛してる、ってヒュッテムは
 そんなイブラヒムが気にいらない

 ってことで、ここから戦いの火ぶたが・・

 って感じの10巻です

 


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

天使がのぞきみ(1) もとなおこ 最新刊 秘密だらけの登場人物たち あらすじ、ネタバレ注意

天使がのぞきみ(1) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 1893年の新聞記事が作中にでてますので
 漫画の時代背景は
 19世紀待つの英国ですね

天使がのぞきみ(1) 英国貴族と領民たちのひみつ (プリンセスコミックス) [ もとなおこ ]



天使がのぞきみ(1) あらすじ



 秘密だらけの領地にやってきた少女・シャーロットがいきなり出会ったのは
 眩いばかりの美しい紳士と淑女。

 でも、何やらこの二人、誰にも言えぬいろんな秘密を持っていそうで…!?

 新人記者・シャーロットのとびっきりの記事を読めばきっとあなたもドキドキとワクワクが止まらない!!! 

 謎めく英国浪漫、最初に秘密をスクープされるのはいったい誰!!?





天使がのぞきみ(1) ネタバレ



1、ハニービレッジステーション10周年

2、領主屋敷に東方からの客人

3、狩猟パーティー開催

月刊プリンセスに隔月に連載されてます
半年で単行本1冊分が貯まるかんじなので
9月が1巻だから
次は来年の3月からかな

 英国貴族と領民たちのひみつ

 ってサブタイトルがついてますが

 秘密だらけの登場人物です

 伯爵家の双子は、男女そっくりで
 入れ替わりを愉しんでましたが
 女性であるヴィクトリアの方が活動的
 後継であるヴィクターの方が、おっとりさんです

 ヴィクターの侍従がエドワーズで、
 彼はヴィクトリアに惚れているので、二人を間違えたことはなく
 ヴィクトリアが男装する時にも侍従として仕えてます
 恋心はナイショでね

 主役のシャーロットは
 訳ありで田舎町まで逃げてきたようで
 1巻の最後に、貴族の娘だから気に入らない結婚を強いられて逃げてきた
 ってことがわかります

 で、ローズってメイドも
 双子で、姉貴が逃げたから弟が女装してビクトリアのメイドをしてます
 内緒でね

 で、ビクターが落馬で失神して
 回りに死んだと思われてたら
 棺の中で生き返り
 日本からきた、男性であるビクターを愛した男の人と
 日本に行くのかな・・?

 いろいろ伏線大ブルマイの1巻ですが
 とっても面白そうなので、次巻も読みます(^^)


 

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 天使がのぞきみ(19世紀末英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

薔薇咲くお庭でお茶会を(7)  天音佑湖 最新刊 ペンウッド公爵のママ登場 あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(7) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろい漫画



 ヴィクトリア時代の英国貴族のお話です

 キャラがどんどん増えていきますが
 かき分けがしっかりしているので、読みやすいです(^^)

 
薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)
薔薇咲くお庭でお茶会を(5) [ 天音佑湖 ]
薔薇咲くお庭でお茶会を 6 (フラワーコミックス) [ 天音 佑湖 ]
薔薇咲くお庭でお茶会を 7 (フラワーコミックス) [ 天音 佑湖 ]




 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(7) あらすじ



 待望のベイビィ誕生でロマンス100倍!

 19世紀英国ーー

 子爵家令嬢と執事という、身分違いの恋を乗り越え結婚したメロディとアルフレッド。

 待望の第一子・バーナードが生まれ、さらに幸せ満喫中のふたり。

 そんな折、実家に里帰りしたメロディは、両親の墓前で結婚の報告と家族を紹介する。

 ところがそこに、アルフレッドの従兄弟・ベンウッド公爵の母親が現れて…!?

 メロディとアルフレッドの幼い頃のエピソードも満載♪

 英国ラブロマンスシリーズ、第7巻!






薔薇咲くお庭でお茶会を(7) ネタバレ



メロディー(レディ・スワン)
 子爵の娘、アルフレッドと結婚

アルフレッド
 メロディーの元執事、現在はメロディーと結婚して郷士クラスの生活をしてる
 実母(クラリッサ)は元公爵家令嬢で、執事とかけおちして貴族社会から締め出されてる
 彼はオックスフォード大学を卒業し、事業家として成功


ガブリエル
 スワン家の執事。筋肉的男性美を愛するゲイで、元軍人

ルーク
 スワン家のコック。まだ少年だが腕は確か

ペンウッド公爵(ジュリアン)
 アルフレッドの従兄弟


ドクター・ウォルト
その妹のデイジー
 田舎でスワン家と交流できるクラス

メイファーソン子爵(フィリップ)
 アルフレッドの姉のバイオレットと結婚してる
 現在双子が生まれてる


25話
 メロディが在学していた学園に立ち寄りました
 そこの庭でうたたねしたアルフは
 学生時代の、過去のメロディと逢います
 夢おちものですが
 いいお話です

26話
 メロディが両親の墓参りに行ったら
 公爵のママが現れて、メロディを馬車に拉致
 孫が欲しくなったんだって

 憎めないママさんでした

27話
 バーナードを見せに
 公爵の館へ
 その隣にアルフの姉のヴァイオレットが嫁いでるしね
 アルフのママとパパも、館に来てます

 27話では、アルフの両親が駆け落ちした顛末が書かれてます

 妹娘だったクラリッサは、父の公爵に暴力を振るわれていて
 結婚相手、と指定された相手もすごい年上で
 そんなこんなで、クラリッサの兄・ジョージ(ジュリアンの父)の黙認のもと
 クラリッサはジョージの親友のロバートと駆け落ちするわけです

 ロバートはスワン子爵館の執事の息子だけど
 優秀だから特待生としてオックスフォードに進学
 そこで、ジョージと同室で親友になったのね
 卒業後は、ジョージの侍従(上級使用人)となりました
 ジョージとしては、自分が公爵になったら執事にしたいと思ってました

 で、駆け落ちしたあとは
 公爵家の息のかかった貿易会社で財をなしたわけです

 暴君だったクラリッサの父が亡くなってジョージが公爵を継ぐと
 ロバートは公爵家の執事となります(執事の給料ってものすごいのよ)
 って感じですね


28話
 リリーの兄さまが英国に
 小国のくせにイギリスと縁がほしくて、公爵との結婚を楽しみにしてたのに
 妹(リリー)が死んだことになったので、
 それを盾に(お前のとこで妹が死んだのはお前のせい、みたいな)
 英国でやりたい放題をしにきたらしく
 公爵家に逗留
 で、人妻のメロディを愛人にしようとするので
 リリーが怒り狂って、幽霊のふりして脅かして
 小心者の兄様が、だっとのごとく母国に帰っていきました(^^)

 サクサク読めちゃうけど
 読み返しにも耐える
 とっても好きなシリーズです(^^)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする