外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(8)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年03月15日

薔薇王の葬列(7) 菅野文 最新刊 エドワードは死に、ヘンリー6世も・・ あらすじ、ネタバレ注意

薔薇王の葬列(7) 大好きな漫画



 これの連載している現在
 集英社では王妃マルゴ、が連載されてます
 マルゴがフランス中世史なら 
 薔薇王の葬列は、英国中世史です

 薔薇王の方は、シャークスピアのヘンリー6世と、リチャード3世がミックスされてますので
 若干ファンタジー色が強いですが、これを読むとばら戦争がよくわかります

 勉強になりますね〜


白薔薇側
ヨーク公リチャード(3人の息子の父)
長男・エドワード
次男・ジョージ
三男・リチャード(両性具有の本作の主役)

エリザベス(エドワードの妻)
ランカスター側だった愛する夫を殺され、ヨーク側のエドワードを籠絡
王妃に収まったが、内乱の種になる


赤薔薇側
ヘンリー六世(ランカスター)
マーガレット(六世の妻・フランス王女)
エドワード(6世の息子)

薔薇の間を立ち回る大貴族
ウォルリック伯(ヨーク公と親友)
アン(ウォルリックの娘でリチャードが好き)




薔薇王の葬列(1)
薔薇王の葬列(2)
薔薇王の葬列(3)
薔薇王の葬列(4)
薔薇王の葬列(5)
薔薇王の葬列(6) [ 菅野文 ]
薔薇王の葬列(7) [ 菅野文 ]

薔薇王の葬列(7) あらすじ


 
ヨークとランカスターの両家の戦は怒濤の展開に。

そんな中、リチャードは愛した男・ヘンリーが、憎きヘンリー王であったと知ってしまい…!? 

さらにリチャードはエドワード四世から残酷な命を下され…!?

ヘンリー六世編を描く第一部、クライマックスへ!!




薔薇王の葬列(7)  ネタバレ



26〜30話
 リチャードもヘンリー6世も
 お互いを愛しく思いながらも正体を知らなかった

 でも、ついに知るときがきました

 で、ヘンリー6世は捕らえたけど、リチャードは精神的に追い詰められ
 死にたい、って願うんですが
 そこをバッキンガムに、お前が死ねばヨークは負けるぞ、って
 言われたリチャードは、贖罪のために生き抜く、って

 一方ランカスターの方は
 ウォリックが殺された、ってことで動揺します

 エドワードにとっては、妻・アンのおやじ様ですしね

 ランカスターの旗印であるフランス王女のマーガレット女王は
 ランカスターの危機を察知して
 息子のエドワードの影武者をつれて出撃
 エドワードさえ生きていれば、何度でもやり返せる、ってことでしたが
 若武者エドワードはそうやって生き延びることを拒否

 戦場に現れて、リチャードの剣で死にます

 そしてヘンリー6世も、リチャードが殺して・・

 どんどん追い詰められるリチャードです

 この追い詰められる、ってことの根底には
 リチャードが両性具有である、ってことがあって
 神さまが絶対の時代ですから、両性具有は魔物でして

 リチャードは男(王子)として戦闘に参加しながらも
 ヘンリー6世が好きだし
 でも、ヘンリー6世は淫乱な母親の血が自分に入ってるのがトラウマで
 そんな自分がリチャード(男?)に惚れてるってことの恐れを抱いていて
 リチャードがヘンリ―6世に、愛して、って頑張って告白したら
 悪魔め、なんて言っちゃうから
 リチャードが激昂して刺しちゃうんですよ

 かわいそうな話よね〜

 面白いから次巻も読みます(^^)

 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇王の葬列(15世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

海王ダンテ(2) 皆川亮二 最新刊 ゾンビ海賊登場 あらすじ、ネタバレ注意

海王ダンテ(2) 大好きな漫画



 この作品は原作者付きです
 この時代考証は、一人では無理、って感じでしょうかね

 時代背景は1763年の
 7年戦争(プロイセンと、オーストリア・ロシア・フランス・スウェーデン・スペイン(1762年参戦)及びドイツ諸侯との間の戦い)が終結した頃のお話
 ダンテはイギリス人に引き取られたので、国籍はイギリスです

 でもって、現在イギリス海軍で、幹部候補生として船に乗って学んでます

海王ダンテ(1) [ 皆川亮二 ]
海王ダンテ 2 [ 皆川 亮二 ]


海王ダンテ(2) あらすじ



 ダンテ、摩訶不思議の国、インドへ…!!

「生命の本」をめぐる北極点での攻防を終え、大英帝国海軍へ入隊したダンテ。
 そこでの新たな出会い、そしてーーー戦い!

 世界を蝕む黒き野望に、ダンテの魔導器が再び唸りを上げる!

 皆川亮二最新作、新展開第2章、開幕!!!




海王ダンテ(2) ネタバレ



ダンテ(ネルソン)エレメント(要素)の本の持ち主
ナポリオ(ナポレオン)ビルド(構成)の本の持ち主
ジョゼ・ライフ(生命)の本の持ち主

パトリック・ダンテの盟友、武器の達人
ダミアン・ダンテの盟友で、医療知識と地図把握の達人


 すごいよね
 「超文明」「召喚術」「海賊」「大航海時代」「 世界征服」。
 って感じを全部ぶっこんで進んでます
 でもって、18世紀の列国の事情も織り込んでますから、すごい展開

 1巻は北極で、ある魔導器を巡り、2人の少年がそれぞれの持つ魔導器で、
 英仏軍を巻き込んで闘います。
 でもって、この少年たちの名前がミソ
 ワーテルローの戦いで、イギリスとフランスに分かれて戦うことになる、
 ナポレオンとネルソン達なんですね〜。

 でもって、北極に「生命」の本を取りに来たのは、
 ダンテ(のちのネルソン)が幼馴染の少女・エマの命を救うためで
 それはナポリオ(のちのナポレオン)としても同じで
 二人が争ったあげく、本はナポリオの兄貴・ジョゼが持ち逃げしたんですが
 兄貴はしっかり少女を助けてくれたので
 ダンテとナポリオの希望はかなったわけです

 ダンテは現在イギリス海軍で幹部候補生として頑張ってまして
 命令が下ったのは、インドに嫁いだ娘・フランシス嬢を、
 インド富豪の夫・マーラの死の前にイギリスに連れ帰ること、でした

 ダンテの同期は
 教師の息子で武器の達人のパトリックと
 医者の子で、気弱だけど医療知識があって、地理が得意なダミアン

 フランシスは殉教のサティから逃れるためと
 イギリスの家族が、未亡人となって引き継いだ遺産をゲットするために
 連れ戻されるのでしたが
 サティのことを知らなかったので、最期まで夫の側にいる、ってがんばります

 でも、夫はフランシスをかわいがっていたので、帰国するようにいい
 で、生命の本でゾンビとなった海賊たち(キャプテンキッド)がダンテの船を襲ってきたりする中
 魔導器をつかってダンテが逃げぬけ
 ゾンビたちは、ダンテの持つエレメント(要素)の本が欲しかったけど
 エレメントはダンテ以外の手におちるのを嫌がる本で、炎で自分を守ってました

 本の契約者のダンテを殺さないと、エレメントは手に入らない、って
 ジョゼと海賊はダンテ殺害に的をしぼります

 で、フランシス(ファニー)に財産を取られまい、とインド側の悪党がファニーをさらい
 ダンテたちが取り戻しますが
 海賊に追い詰められ
 そこに現れたのが、構造(ビルド)の本を持つナポリオ

 ナポリオは、キャプテンキッドが再生したと知って、その財宝をゲットするために動いてました
 そこにたまたまダンテがいたんですね〜

 首だけになったキッドを持って帰るナポリオ

 で、フランシスは親の元に帰国しますが
 ごうつくばりの親は、フランシスの相続した財産を取ろうとします
 自殺してやる、っていうファニーたちの馬車が強盗に襲われ
 それはダンテたち3人で、
 ダミアンの医者である父親が、ファニーをしばらく匿ってくれることになりました

 さて
 ジョセは次の手を考えているようです

 スカンディナビアの王女アルビダ
 結婚をきらって海賊になった彼女の死体を海から取り出したジョゼは
 ライフの力で彼女を再生して、何をたくらむのか?

 ってとこで次巻へ

 

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 海王ダンテ(18世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

ケルン市警オド 青池保子 最新刊 修道士ファルコのスピンオフ あらすじ、ネタバレ注意

ケルン市警オド 大好きな漫画



 時代考証ばっちりの「修道士ファルコ」のスピンオフ作品です

 メインで、ファルコの相棒として有能な元市警のオド
 彼が主役での物語

 1っ冊まるっと彼が主役での推理モノです
 読み応えがありました


ケルン市警オド 大好きな漫画 あらすじ



 活気あふれる中世の大都市・ケルンの治安を守る市警たち。

 その若きエース・オドは、後輩のフリートも憧れる仕事のデキる男だ。

 しかしお偉方から厄介払いで命じられた人探しが大事件に発展し…!?

 「修道士ファルコ」の人気キャラ「兄弟オド」の治安役人時代の物語。






ケルン市警オド 大好きな漫画 ネタバレ



エピソード1〜4

 古代ローマ帝国の属領から発展したケルン
 中世ドイツで屈指の商工業都市で
 その警備は、民間が金を出しあって雇っていた、っていうすぐれもの

オド
フリート(オドの後輩)
メンデル市長
ゼンフト警視(オドの直接の上司)

 さてオドは有能で
 いろんな事件が持ち込まれます
 ものごいの世界にも王様がいて統制がとれていたり
 娼館も、民間のに入ると罰せられたり
 
 有力者の息子が私娼館に服を忘れて
 オドが捕まえようとするから
 オドをおっぱらうためにと事件が与えられます

 ケルン一の鉄鋼商人フェルベルク家の使用人・ヨハンが失踪してました
 彼をおっかけていくと
 フェルベルク家が修道僧に貸し出している館へとたどりつき
 でも、ヨハンはたどり着いてない、ってことに

 おまけに、オドは一服盛られて殺されるとこで
 哀れに思ってくれた修道士・ペトルスの機転で助かりますが
 翌朝抜け出したら、冷たい川に死体が一つ
 それがヨハンでした

 一度ケルンに戻ったオドは
 ヨハンを殺したのが、ロスドルフ家のものでは、って知ります
 ロスドルフ家のばあさまが、フェルベルケ家の爺様から何かを聞きだし
 それを修道院から聞きだそうとしての顛末

 実は、修道院の地下には金鉱があって
 それをロスドルフ家が横取りしよう、ってことでした
 
 神の怒りか
 修道院長は、ロスドルフ家の当主を道ずれに亡くなり
 フェルベルケ家は、今までどうりに僧院を援助する、ってことになりました

 1冊まるまるの推理モノ
 とっても面白かったです(^^)

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

黒執事(24) 枢やな  最新刊 連載10年を超えました あらすじ、ネタバレ注意

黒執事(24) 大好きな漫画



 今回は輸血?がテーマのようです

 
黒執事(1) 黒執事(2) 黒執事(3) 黒執事(4) 黒執事(5) 
黒執事(6) 黒執事(7) 黒執事(8) 黒執事(9) 黒執事(10) 
黒執事(11) 黒執事(12) 黒執事(13) 黒執事(14) 黒執事(15)
黒執事(16) 黒執事(17) 黒執事(18) 黒執事(19) 黒執事(20)
黒執事(21) 黒執事(22) 黒執事(23)
黒執事(24) [ 枢やな ]


黒執事(24) あらすじ



 キラキラに死す――。

 ロンドンで発見された多数の変死体。

 事件とスフィア・ミュージックホールとの関連を睨んだシエルは、
 執事をホール内部に潜入させる。

 そこに待ち受けていたのは、シエルの婚約者・エリザベス。

 彼女の容赦ない攻撃にセバスチャンは――!?

 「黒執事」連載10周年記念特別編も収録。



黒執事(24) ネタバレ



115話、その執事、拝聴
116話、その執事、着用
117話、その執事、丁丁
118話、その執事、改装
119話、その執事、示教
特別編、その執事、抒情


 さて、無料で楽しいスフィア・ミュージックホールに人々は群がり
 あの、寄宿舎生活でキラキラしていた4人組が
 舞台で再びキラキラをとりもどし
 みんなハッピーになるならいいけれど
 その裏では、失血死した死体がごろごろ

 潜入するためのツルで選んだのは
 女王の番犬の仕立て屋として、ながき契約を続けているホプキンステーラー
 で、セバスチャンが潜入したら、そこにリジーがいて
 ものすごいフェンシングの腕で
 セバスチャンが人間だったら、殺されてましたね〜

 小脇にかかえて館に連れ帰りますが
 洗脳?は解けていないので、リジーは再びミュージックホールへと

 中で人体実験が行われているのは確かで
 輸血法の確立のために、4つの型(A,B,O,AB型)の
 見分け方とかやってますが
 さて、なぜそれが必要か?の謎は残ります

 ミュージックホールをつぶせば失血死死体はでないだろうけど
 それでは国民の不満がつのる、って思っていたシエルですが
 ヒントをもらって、スフィア・ミュージックホールの真ん前に
 それより楽しいファントム・ミュージュックホールを作っちゃいました
 ええ、セバスチャンが手伝ってのトッカン工事でした(^^)

 さて、相手はどうでるか?!
 ってとこで次巻です

 番外編は、10周年記念の短編でした 
 枢やな氏は、10年、この連載以外には描いてないんですね〜
 そういう作家さんも珍しいですね

 画力も、構成も荒れてないので、読者としてはとっても満足ですが
 たまには他のを描いてみたい、とか思わないのかな(^^)

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする