外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(16)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年09月15日

2017年09月14日のつぶやき












posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01| つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

2017年09月13日のつぶやき














posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01| つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

2017年09月12日のつぶやき
















posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:01| つぶやいてます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルテ(7) 大久保圭 最新刊 カタリーナのパパって? あらすじ、ネタバレ注意

アルテ(7)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 ベネチア
 フィレンチェ
 今もあるイタリアの国々
 そこで、貴族で女性というハンデを持って画家の道を行くアルテ、の話だったんですが

 なんと
 7巻からは
 開眼しました

 女性で貴族、ってことに価値を持つ画家になる、って

 すばらしい!


 
アルテ(1)
アルテ(2)
アルテ(3)
アルテ(4)
アルテ 5 [ 大久保圭 ]
アルテ 6 [ 大久保圭 ]
アルテ 7 (ゼノンコミックス) [ 大久保圭 ]


アルテ(7) あらすじ



「貴族で女性であることが羨ましい」。

 アルテに放たれた工房の徒弟からの何気ない一言。

 それはアルテが画家を志した時からの弱みであり、強みでもあった。

 生まれや性別が人生を決めていた時代に抗い続けていたアルテの決断はーーーー




アルテ(7) ネタバレ



アルテ(貴族の娘)
亡き父に画の素質を伸ばされ、父の死後、画家をめざす

レオ
アルテを弟子入りさせた画家

ヴェロニカ
高級娼婦(コルテジャーナ)

ウベルチィーノ
大商人。レオの師匠時代からの腐れ縁のパトロン

アンジェロ
ダニロ親方の工房にいる徒弟
女兄弟が多くて女性に優しく、アルテに優しい

ダーチャ
お針子で文盲なので、アルテに習ってる
教科書はヴェロニカが貸してくれてる

ユーリ
ヴェネチアの名門貴族・ファリエル家の男

カタリーナ
ユーリの姪、ユーリの兄の長女

ダフネ
ファリエル家のメイド



30、蜜事.1
31、2
32、ファリエル家の肖像画家.2
33、2
34、3
35、4

 カタリーナは色々思うところあって
 じゃじゃ馬をやめて、貴族の娘らしくふるまい
 ママとの関係を修復
 パパも、カタリーナを目の仇にしなくなりました

 さて、カタリーナとアルテの関係が続く、ってことをメイドたちは賭けてまして
 ダフネが一人勝ちで大儲けです

 ダフネが知っている密事とは、ユーリとカタリーナのママ・ソフィアwとのキス
 ユーリがカタリーナを自分の娘のように気にしてること
 そして、ダフネ自身も密事があること

 昔、きちんとした家の娘だったダフネは恋人との間で妊娠
 でもカレは赴任先の上司の娘と結婚して、ダフネの子は孤児院へ
 さらに、未婚の母、って秘密は抱ききれないから、ってダフネはおいだされ
 ファリエル家のメイドとなってました
 賭けでもうけたお金を、ダフネは孤児院に寄付して、すっきりしました(^^)

 さて、アルテの肖像画家としての仕事は進んでいきますが
 女性で貴族なのはうらやましい、太いつてがありそうだ、的なことを言われたアルテ

 今までは女のくせに、貴族のくせに、って否定され
 そっちへの反論はがっつり用意できてたのに
 うらやましい、って言われて
 なら、今以上に頑張らないと、ってフル回転
 アルテに相手してもらえないで、カタリーナははじめは怒って、だんだん心配に

 ユーリはカタリーナのことしか頭にないから
 過労で倒れたアルテに、カタリーナが泣くから、倒れるほど仕事するな、って

 カタリーナは、自分の生まれを受け入れてから
 父や母と円満になったので
 アルテも、今の自分を受け入れるしかないんじゃない?って

 うん
 かしこい良い子だ

 ユーリは、カタリーナはアルテを気に入っているし
 肖像画も好みに書いてくれるから、パトロンになるぞ、って言ってくれて
 それを断るのは不遜だろ、って言いますが
 女で貴族だから、さらに自分を買ってくれる人にパトロンになってもらう、って

 要するに
 ユーリに飼われたくはないのね

 さて、やっとレオ師匠のとこに帰れるか!(^^)

 次巻も楽しみです
 

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます


   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 



 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| アルテ(16世紀フィレンツェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする