外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(0)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年05月02日

王妃マルゴ(6) 萩尾望都 25〜29章アンリ王即位 あらすじ、ネタバレ注意

王妃マルゴ(6)  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 並行して、薔薇王の葬列、とか読んでます
 薔薇王の話は、ばら戦争中のイギリスの話で
 あっちはリチャードって名前がわんさか出てきます

 でもって、こっちはフランスバロア王朝の話で
 アンリって名前がわんさか出てくる

 おんなじ名前を付けるのはなぜだろう?
 日本人にはないメンタリテティーだな〜(^^;)

 


王妃マルゴ(volume 1)
王妃マルゴ(volume 2)
王妃マルゴ(volume 3)
王妃マルゴ(volume 4)
王妃マルゴ 5 [ 萩尾 望都 ]
王妃マルゴ 6 (愛蔵版コミックス) [ 萩尾 望都 ]



王妃マルゴ(6) あらすじ



 シャルルの逝去後、
 アンジュー公アンリがフランス王に。

 アンリを憎むマルゴはナヴァルにパリ脱出を勧めるが、
 ナヴァルはパリに留まり続ける。

 そんな中、アンリ国王の結婚が決まり…!?







王妃マルゴ(6) ネタバレ



 マルゴはちゃんとした王妃のちゃんとした娘(庶子じゃない)。
 アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの三女です。

 アンリ2世もカトリーヌも、美人、って話は聞かないんですが
 マルゴも兄たちも、美形だったようです
 カトリーヌは10人の子を産んでます
 で、息子二人が王位を継ぎ
 娘のマルゴが、次の王朝・ブルボン家の王妃になりますが
 結婚生活は破綻して(お互い愛人がいたが友人ではあった)子がなく
 ヴァロア家は断絶します

 ってことを予備知識にいれて、漫画を読んでいくと面白い


 カトリーヌ・ド・メディチは
 歴代で多産というわけではなかったですが、成人まで育った子が多かった

 ただし、その子たちはみな短命で
 次々と王位を(長男、次男、って感じで)継いでいきます

 お気に入りは次男でイケメンだったアンリ(アンジュー公)です

 長男のシャルルは、身体が弱かったのか、精神が弱かったのか
 5巻で亡くなります
 で、アンリが呼び戻され、即位するのが6巻

 マルゴは、ユグノー派のアンリ(ナヴァル公)と政治的画策で結婚式をあげますが
 集まったユグノー派を、カトリーヌが大虐殺します

 このタイミンぐは千載一遇で、ほとんど壊滅できたんですが
 王権がまだ完全じゃないので
 ユグノーが全滅すると、カトリックで王権を脅かしそうなアンリ・ドギースが力をつけすぎるってことで
 マルゴの夫となったアンリは許されます

 アンリ自身、父がカトリック、母がユグノーで、現在はユグノーの旗頭ですが
 カトリックに改宗します、ってカトリーヌとかに誓うわけです

 マルゴは、アンリの味方をしました
 母親のやり方に反抗したのね
 この時のことがあって、アンリはその後、マルゴと円満離婚して、マルゴを殺さなかった・・

 マルゴの最愛の恋人のラ・モルはユグノーで
 政略戦争の果てに、捕まって拷問で殺されます
 
 さて戻ります
 シャルルが死んで
 ポーランド王になっていたアンジュー公が戻ってきて、王位を継いだのが6巻

25〜29章

 シャルルが亡くなって
 ポーランド王になったアンジーはいないから
 次は僕だ、って三男のアランソン公が頑張りますが
 ポーランドの女王は年増だったので
 アンジーは宝石とか持って、フランスに逃げ帰って即位します

 アンゾーは、夫のいるマリーと結婚するっていいはるので
 ちょうど出産直後だったマリーは暗殺されます

 さて、アンジーが王に即位して
 またカトリックとユグノー派がもめだして
(ここらはもう、お互いに身内を殺されてるから
 止まらないのよね)
 マルゴの夫のアンリはユグノーの支配地に逃げ込みます

 マルゴはアンリのとこにいきたいけど
 兄のアンジー王が許さず
 マルゴは腹立てて浮気三昧してますが
 こころはアンリのとこにあって
 アンリも美しいマルゴを見ると、やっぱり手離せず

 で、アンリも浮気するしね
 浮気すると子供ができるしね
 なんていろいろやってるうちに
 マルゴはアンリを愛して
 アンリもマルゴが嫌いではないけど
 愛に生きることはできず

 ってすれ違いの6巻でした

 次巻も読みます


  外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 王妃マルゴ(16世紀フランス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

薔薇王の葬列(9) 菅野文 ジョージ王子の死 あらすじ、ネタバレ注意

薔薇王の葬列(9) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろい漫画



 薔薇王の葬列は、英国中世史が元ネタです
 むかし、英国史やったな〜(遠い目)

 プランタジネットとランカスター
 そしてヘンリー7世が即位し
 8世が、あの奥さんをとっかえる人で
 その娘がエリザベス1世ですな


白薔薇側
ヨーク公リチャード(3人の息子の父)
長男・エドワード
次男・ジョージ
三男・リチャード(両性具有の本作の主役)

エリザベス(エドワードの妻)
ランカスター側だった愛する夫を殺され、ヨーク側のエドワードを籠絡
王妃に収まったが、内乱の種になる


赤薔薇側
ヘンリー六世(ランカスター)
マーガレット(六世の妻・フランス王女)
エドワード(6世の息子)

薔薇の間を立ち回る大貴族
ウォルリック伯(ヨーク公と親友)
アン(ウォルリックの娘でリチャードが好き)




薔薇王の葬列(1)
薔薇王の葬列(2)
薔薇王の葬列(3)
薔薇王の葬列(4)
薔薇王の葬列(5)
薔薇王の葬列(6) [ 菅野文 ]
薔薇王の葬列(7) [ 菅野文 ]
薔薇王の葬列(8) (プリンセスコミックス) [ 菅野文 ]
薔薇王の葬列(9) (プリンセスコミックス) [ 菅野文 ]

薔薇王の葬列(9) あらすじ


 
 魔女・ジェーンの虜と化した王は、淫らな日々に没頭。

 また、度重なるジョージの愚行を見過ごせないリチャードは、
 彼を逮捕するため画策する。

 そして、“あの男”に似た殺し屋も水面下で動き出す。

 その一方で、リチャードの身体の秘密が狙われ始め…!?





薔薇王の葬列(9)  ネタバレ



 母が淫乱だったから、性行為を嫌悪して
 坊さんのようだ、って言われていたヘンリー6世

 偶然知り合ったリチャードを愛したんですが
 やっぱり、欲望はあっても拒絶する、って形になりました

 で、リチャードは、ヘンリーが宿敵だと知って
 でも好きで、でも拒絶されて、ヘンリーを刺します
 それが7巻の終わり

 ヘンリー六世が囚われても
 息子のエドワードがいれば大丈夫、って頑張ったマーガレットですが
 エドワードは母の心も知らずに姿を現して、殺されます

 エドワードの妻となり、エドワードの死の直前にベッドをともにしたアンは
 エドワード(赤薔薇)の子を宿しますが
 隠してて

 でも、リチャードと結婚することで
 子供をリチャードの子と偽ることで、子どもの命を助け
 さらに、やっぱりスキだったリチャードと結婚できる、って打算もありましたね

 リチャードは両性具有で結婚も子供もできない(性交がでkない)ってわかってたから
 アンの子供を自分の子にして、カモフラージュにはちょうどいいのね

 一方、次男のジョージはアンの妹と結婚することで
 王族であり、さらに大貴族の財産を得て
 傍若無人になって、長男のエドワードに嫌われてます

 そして、
 色好みのエドワードが、魔女、って自称する女・ジェーンの
 乱交時に使用する媚薬にはまっていき
 エリザベス王妃は、寵愛が薄れていくことに危機感を覚えます

 でもって
 死んだ、って思われていたヘンリー6世が
 なんか、生きてるの??

 ってところから9巻開始

長男のエドワードは美形だけど女癖がわるく
現在は、妻ではなく、魔女っていわれてるジェーンにハマってます

次男のジョージは
奥さんがウォリックの娘なので資産を受け継ぎ
権力を欲して酔っぱらって
で、たてついたんで
リチャードに危険視されて
で、愛する妻のイザベラが亡くなったのでほんとに狂乱しちゃって
エドワードも疎ましく思うんだけど
弟だから、って見捨てられず
で、リチャードがちょっと押してやりまして
ジョージは死にます

バッキンガム公はリチャードを王にしたいの
キングメーカーになりたいのね
で、リチャードの身体の秘密を知っているのはケイツビー
彼は、リチャードを愛してます

さて、ランカスターの子だねを持ったまま
リチャード・プランタジネットと結婚したアンは息子・エドワードを生みます
で、妹の子でジョージの子でもあるエドワードとマーガレットを
一緒に育てたいってリチャードに言い
リチャードは許します

そんな頃、スコットランドがイングランドに侵入
リチャードは百戦錬磨の騎士なので
あっという間に平定
ついでに、スコットランド王の弟をそそのかし
イギリスに下るなら助けてあげる、って

その戦いの中、リチャードを護衛し
リチャードの身体を暴け、って殺し屋が護衛を兼ねてやってきます
これ、ほんとはヘンリー6世が、記憶を亡くして生還した姿だと思うけど
こいつがジョージも殺してまして
リチャードの身体を暴こうとしますが
愛する記憶が残っていたらしくて
リチャードを守る方に回っちゃいます

って感じで次巻へ






 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 薔薇王の葬列(15世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

エマ(10) 森薫 最新刊で最終巻。最高のエンディング  あらすじ、ネタバレ注意

エマ(10) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 本編
 番外編と続いて
 ついに最終巻です

 エマの結婚式まで見られて、よかったわ〜(^^)


エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(10) あらすじ



 19世紀末、英国を舞台にエマとウィリアムふたりの身分違いの恋の行方と、
 ヴィクトリア朝の英国の日常を見事に描き出した、
 伝統と革新のブリティッシュロマンス「エマ」シリーズ。

 本編、番外篇と続いて、いよいよ最終巻が登場です!

 もちろんあとがきの描き下ろし漫画も充実の240ページ構成!






エマ(10) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)


13話、自転車
14話、アデーレの幸せ
15話、規律
16話、後日
17話、いつまでも愉しき日々
18話、新しい時代・前編
19話、中編
20話、後編

13話は
 エマとウィリアムが自転車の練習をしてます
 自転車
 乗馬?
 いろいろ勉強するエマです
 楽しそうですけどね
 自転車も、中産階級以上の乗り物なのね
 
14話は
 メルダース家の女中頭のアデーレの話
 優秀で、家政婦(屋敷で働く者のトップ)にもなれる人材ですが
 メイド仕事が好きで、結婚にも興味がないのね
 マリア、アルマ、っていう女中が入ってきた時の話も絡めて
 三人の性格がでてます

15話は
 ウィリアムの弟のアーサーの、イートン時代の話
 監督生に選ばれて、妹のヴィヴィアンそっくりのきかん気の後輩・ラムゼイに手を焼きます
 でもラムゼイは、おぼれかけた時に助けてくれたアーサーになつくのね
 これ、おもしろかったな〜
 イートンを舞台にして、森薫さんに画いてほしいな〜

16話は
 8巻のブライトンの海、で登場したアーネスト・リーブと
 エレノアのお話
 失意でブライトンにひっこんだエレノアは
 当分ロンドンに帰らないので、
 秘書を終えて帰ることになったアーネストがいとまごい
 でも、ちゃんとした約束がしたい、って彼がいいまして
 うまくいきそうです(^^)

17話は
 4コマ漫画主体で
 ターシャたちや、ウィリアムのとこの執事・スティーブンスの話
 スティーブンスが、一番年若のコリンの成人までは無理・・って
 つぶやくとこが、とっても切なくていとおしかったです

18話からは、大団円。
 エマとウィリアムの結婚式です
 身分違いだから、秘めた結婚となり
 結婚式の教会も、借りるのではなく、自分の館で
 結婚許可書もとったけど、こっそり

 ウィリアムの親友のロバートは、内情を知っているけど
 クラブとかで聞かれても、上手にやりすごし
 結婚式では付き添いとして参加いたします。

 グレイスは結婚して子供がいるし
 アーサーも大学に進学してるから
 エマとの交際期間は、3年くらいかな?
 ウィリアム、かっこいいオトナの男になりかけてます
 エマは、色っぽくて綺麗だしね

 エマの元同僚のメルダース家も結婚式に参加します
 ケリー先生のお友達だったアルは
 招待されたけど、遠くから結婚を確かめ
 友達におごってあげます

 みんなで飲んで、ダンスして
 とってもすてきなエンディングでした

 何度でも読み返したくなる10冊です
 とってもおススメ(^^)


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

エマ(9) 森薫 メルダース夫妻の物語、素敵。 あらすじ、ネタバレ注意

エマ(9) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画




エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(9) あらすじ



『エマ』に登場してきたサブキャラクターたちを主人公に、
 19世紀イギリスの風俗・文化を描き上げていく「番外篇」シリーズ。

 第9巻ではエマの新主人メルダース一家のメンバーを中心に、
 6つのエピソードを短篇〜中篇、読み切り形式で描いた重量級の番外編シリーズ!






エマ(9) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)

7話、エーリヒとテオ
8話、歌の翼に乗せて
9話、友情
10話、ふたりでお買いもの

11話、三人の歌手・前編
12話、後編

 7〜10話まで
 メルダース夫妻と、その家族、お屋敷の人たちの物語

7話は、
 長男のエーリヒが飼っているテオというリスの話
 リス視点で、籠を抜け出して、置いてかれて、森で一夜すごすテオ
 森薫さんの画力がいかんなく発揮されてます
 ちゃんと戻ってこれて、良かったね

8話は
 メルダース夫妻のベッドの一時
 であった頃とかもね
 メルダース氏、髭がないほうがハンサムだわ
 夫婦が仲良しの話は、大好き

9話は
 ハキムとウィリアムの話
 ウィリアムが商談でインドに行って
 そこの王様と謁見してる間に
 ウィリアムとハキムがテニスして
 言葉は通じないのに、行ってることがわかる
 子どもって、素敵

10話は
 アルマとポリーが
 お休み貰って散歩に行くっていったら
 みんなに買い物頼まれて、って話です
 庶民の買い物、とかいろいろ風俗がわかってよいですね

11.12話は
 エマの話とは全然違うの
 オペラの役者の三角関係
 っていっても、彼女に恋していた方が告白する前に
 親友と彼女が結婚決まっちゃったのよね

 って感じで、次巻へ
 大団円となる10巻です


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする