外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(81)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年05月08日

Dearホームズ(2) ともなおこ 最新刊で最終巻。もうすこし長くても良かったな あらすじ、ネタバレ注意

Dearホームズ(2) 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 ホームズがモリアーティと争って滝から落ちて
 その後、身をひそめている間にドールハウスの人形に憑依しちゃった、って設定です

 推理は健在
 ワトソンとミセス・ハドソンのラブロマンスも素敵(^^)



Dearホームズ(1) (ボニータコミックス) [ もとなおこ ]
Dearホームズ(2) (ボニータコミックス) [ もとなおこ ]


Dearホームズ(2)  あらすじ 



 時は19世紀末。

 大英帝国でその名も高き名探偵シャーロック・ホームズ。

 犯罪の天才モリアーティ教授とともに生死不明になっていた彼だが、
 人形に魂を宿して戻ってきた。

 盟友ワトスンとのコンビも復活し、数々の難事件を解決していくホームズだが、
 モリアーティの影が再びちらつきはじめ!?





Dearホームズ(2)  ネタバレ 



5話、クリスマスコート
6話、秘密の患者
7話、見世物小屋の怪
8話、緋色の伝奇
9話、もうひとつの最後の事件

5話
 現在のミセスワトソンは、昔のワトソン夫人の姪にあたります
 クリスマスの日、2年ぶりに下宿に来て、得意の料理を作ってくれまして
 得意話は怪談。
 人形のホームズがバイオリンを弾いてあげて
 夢だよ、って

6話
 モリアーティの残党が、ワトソンを誘拐します
 秘密の患者がいる、ってことですが
 それはモリアーティ?生きていた?
 ポケットにホームズが潜んでいて、アヘン中毒から救い
 護衛を頼まれていたウィキンズたちが、通報してくれて助かりました
 モリアーティは蝋人形でしたが・・

7話
 人体発火事件です
 ホームズの時代、オカルト花盛りでしたが
 降霊会も多くてね
 死んだ人の霊を下して話す、ってあれです
 3人の焼死事件
 みんな降霊会に参加していて、遺言で財産を贈ってました

8話
 吸血鬼がいたの?
 ってお話

9話
 8話の話を受けて、吸血鬼騒ぎが続きます
 吸血鬼は身体をもたない生命体で
 その力をドールのホームズに取り込んで、聖水で撲滅させました
 ワトソン夫人は喪服を脱ぎ
 ドールの生霊から、ほんもののカラダで、ホームズはロンドンに帰還します

 2巻では、オカルト系の話が増えちゃって
 推理系を期待するとザンネンですが
 それなりのおもしろかったです

 全2巻というのもコンパクトで読みやすいです

 おススメ


Dearホームズ 2

Dearホームズ 2

Dearホームズ 2

[著]もとなおこ




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| Dearホームズ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする