外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(81)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年12月31日

アンダーザローズ(10)  船戸明里 1〜2年に一冊の名作 あらすじ、ネタバレ注意

アンダーザローズ(10)  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 この新刊で
 完全に追いついてしまいました

 10年以上にわたって不定期連載されてる名作で
 中だるみもなく
 ものすごい書き込みと
 人間描写なんですけど

 ああ
 早く次が読みたい!!

Under the Rose 冬の物語[編集]
第1話 海を離れて ミステリービィストリート2002年12月号
第2話 スタンリー ミステリービィストリート2003年2月号
第3話 潮騒 ミステリービィストリート2003年4月号
第4話 心の風景 ミステリービィストリート2003年6月号
第5話 ベインズ ミステリービィストリート2003年8月号
第6話 感情 ミステリービィストリート2003年10月号
第7話 罪 スピカ vol.1(2003年10月)
第8話 海と旋律 スピカvol.2(2004年1月)

Under the Rose 春の賛歌[編集]
第1話 家庭教師 Webスピカ2004年5月号
第2話 境界 Webスピカ2004年6月号
第3話 まなざし Webスピカ2004年7月号、9月号
第4話 なんと素敵な人生 Webスピカ2004年11月号、12月号、2005年1月号
第5話 わが心は私のうちにやぶれ、わが骨はみな震え Webスピカ2005年2月号
第6話 閉じた園、封じた泉 Webスピカ2005年3月号、4月号
第7話 北風よ、おこれ Webスピカ2005年5月号、6月号
第8話 牧者を撃て、その羊は散る Webスピカ2005年7月号、8月号
第9話 ロトの娘ふたり Webスピカ2005年9月号、10月号
第10話 わたしはあなたをあがなった Webスピカ2006年1月号
第11話 あなたはわたしのもの Webスピカ2006年3月号、4月号
第12話 あなたがたはわが証人 Webスピカ2006年5月号〜7月号
第13話 あなたがたは背信の子ら、偽りのすえ Webスピカ2006年8月号〜10月号
第14話 まぼろし[前編] Webスピカ2006年11月号
第14話 まぼろし[中編] Webスピカ2007年2月号〜7月号、9月号
第14話 まぼろし[後編(1)] Webスピカ2007年10月号〜2008年3月号
第14話 まぼろし[後編(2)] Webスピカ2008年4月号〜9月号
第15話 レディ・アンナ・ロウランド Webスピカ2008年10月号〜2009年1月号
第16話 マーガレット・スタンリー Webスピカ2009年2月号、3月号、5月号
第17話 私の愛するひと Webスピカ2009年6月号、8月号、10月号、11月号
第18話 やさしい悲しみ Webスピカ2009年11月号〜2010年7月号
第19話 これらもまたソロモンの箴言 Webスピカ2010年7月号〜9月号
第20話 星の間に巣を設けても Webスピカ2010年10月号〜2011年1月号
第21話 あなたへの手紙 Webスピカ2011年2月号〜4月号、6月号
第22話 たそがれに Webスピカ2011年11月号
第23話 五月、熟れた五月 Webスピカ2011年12月号、2012年1月号、2月号、4月号〜6月号、comicスピカNo.10(2012年7月)〜No.13(10月)、No.15(12月)〜No.18(2013年3月)
第24話 たとえ何があっても comicスピカNo.19(2013年4月)、No.20(5月)、No.23(8月)、No.24(9月)
第25話 愛する者たちよ comicスピカNo.29(2014年2月)、コミックスピカNo.30(3月)
第26話 ダビデの若枝 コミックスピカNo.31(4月)、No.32(5月)、No.34(7月)
第27話 やみの中 コミックスピカNo.35(8月)〜No.39(12月)、No.41(2015年2月)
第28話 十の角と獣 月刊バーズ2015年6月号、7月号

までが、9巻
新刊の10巻は29〜32話

Under the Rose(1) 冬の物語 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(2) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(3) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(4) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(5) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(6) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(7) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(8) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(9) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]
Under the Rose(10) 春の賛歌 (バーズコミックスデラックス) [ 船戸明里 ]


アンダーザローズ(10)  あらすじ



 レイチェルを打ち据えてしまったアンナに怒りを露わにするアーサー。

 そしてアンナの過去に潜む衝撃の事実とは?

 待望の第10巻!





アンダーザローズ(10)  ネタバレ




アーサー・ロウランド
アンナ・ロウランド・リッケンバッカー侯爵令嬢

アルバート・ロウランド
ウィリアム・ロウランド
グレゴリー・ロウランド
アイザック・ロウランド

モルゴース・・アーサーの実姉。薬剤師

グレース・キング
ライナス・キング・・5男
ロレンス・キング・・7男


マーガレット・スタンリー・・女医
ヴィンセント・スタンリー・・6男
ディック・スタンリー・・8男

レイチェル・ブレナン・・家庭教師

10巻になりました
この「春の賛歌」が終ると
すでに完成してる「ハニーローズ」につながるらしいです

そっち、先に読んじゃってますが
あの人たちが夫婦になったり
あの人の片足がなくなったり
あの人が牧師になったり
いろいろ変化してますが
とりあえず、10巻のネタバレを

29話、滅びうせる獣
30話、ヴィンセント・スタンリー
31話、空の空、いっさいは空
32話、獣のすみか

 され
 はっきりいって、ざま〜みろ
 の10巻です

 アーサーの正妻のアンナは
 ほんとにひどい女で
 自分が金で買われた、という被害妄想と
 相手が悪い、私はかわいそう、で人生送ってきた獣のような女です

 この作品の登場人物は
 みんなこじれてますので
 アーサーも、愛してくれない女にさっさと見切りをつけずに
 離婚しないで妾つくってこの騒ぎだし

 次男のウィルは、口のきけないメイドをムチでぶったり
 弱点押さええた家庭教師のレイチェルを
 レイプ同様に関係強要したり
 長男のアルバートも
 メイドは自分のおもちゃ、と思っている感じですね〜
 とっても貴族的なオトコどもです

 でもそんな中でもアンナは
 三番目の息子・ブレゴリーは、実家からついてきた森番に無理やり乗っかってつくった不義の子だし
 アンナ自身、子どもを産むことだけは、貴族の正妻としての仕事と思ってまして
 4番目はしっかりアーサーの子ですね

 長男はとっくにアンナに見切りつけてまして
 次男のウィルだけが母親を離婚させて、父から解放してやりたい、って思ってますが
 そんな次男をアンナはひっぱたくし
 それを見つけたアーサーが、同じ数だけ叩き返すのは、すっきりしたわ

 アンナって、前に実の母を階段から突き落として殺してるのね

 それをアーサーは黙認してます
 事故だったかもしれないし
 息子もいるしね

 それでも、ついにアーサーの堪忍袋が切れまして
 離婚が切りだされて
 最初はアンナの味方だと思われたモルゴースが
 アンナに、出て行きなさい、だって私、あなたがキング夫人を殺したの知ってるもの

 ってにおわされて進退窮まり
 森に逃げ出して
 昔、むりやり乗っかってグレゴリー作った男に
 もうほっといてくれ、って言われたんで殴り殺し
 で、それをウィルに見つかって
 はい、ついに心が壊れましたね〜

 これ、次はどうい展開になるんだろうか

 ハニーローズでは
 アンナもマーガレットも亡くなっていて
 アーサーも亡くなってるんですよね

 次巻、楽しみです(^^)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| アンダーザローズ(19世紀後期英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする