外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(16)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年08月22日

薔薇咲くお庭でお茶会を(5) 天音佑湖のメロディーの事件簿(9) 最新刊 メロディに赤ちゃんができました(^^) あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(5) 大好きな漫画



 最初の頃は、事件が起きての解決編とか
 推理モノがあったんですが
 ここんとこは、ラブ話が主体です

 あ、5巻には、屋敷の中での宝探し、ってのがありましたか(^^)


薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)
薔薇咲くお庭でお茶会を(5) [ 天音佑湖 ]


 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(5) あらすじ



 英国カップルのロマンチック新婚生活

 19世紀末、イギリス。
 メロディは子爵令嬢、アルフレッドは元執事。
 そんな身分違いの恋を乗り越えたふたりは、幸せいっぱいの結婚生活を満喫中。

 そんななか、体調を崩してしまったメロディ。

 アルフレッドは愛するメロディの異変に、心配でいてもたってもいられなくて…!?

 ふたりのあま~い生活にときめっぱなしのドキ甘英国シリーズ、第5巻!






薔薇咲くお庭でお茶会を(5) ネタバレ



メロディー(レディ・スワン)
 子爵の娘、アルフレッドと結婚

アルフレッド
 メロディーの元執事、現在はメロディーと結婚して郷士クラスの生活をしてる
 実母(クラリッサ)は元公爵家令嬢で、執事とかけおちして貴族社会から締め出されてる
 彼はオックスフォード大学を卒業し、事業家として成功


ガブリエル
 スワン家の執事。筋肉的男性美を愛するゲイで、元軍人

ルーク
 スワン家のコック。まだ少年だが腕は確か

ペンウッド公爵
 アルフレッドの従兄弟


ドクター・ウォルト
その妹のデイジー
 田舎でスワン家と交流できるクラス

メイファーソン子爵(フィリップ)
 アルフレッドの姉のバイオレットと結婚してる
 現在双子が生まれてる


 貴族社会の社交界は、かなり閉鎖的だけど
 公爵家の権力は絶大で
 元公爵令嬢が駆け落ちした家の子、というのは
 本来社交界には入れませんが
 前公爵が妹・クラリッサを愛して、その娘バイオレットの後見を引き受けたので
 バイオレットは子爵夫人として認められてます(元はメイドだったのにね)、
 現在の公爵は、従兄弟のアルフレッドもバイオレットも大好きで
 二人を社交界から追い出したい、なんて奴は
 公爵家を敵に回すことになるので
 何もいいませんし、アルフレッドも子爵令嬢と結婚しているし、オックスフォードも出てるので
 社交界の末端に生息が許されてます

 ってことを頭にいれて、5巻へ

 1冊に4つのお話です
 連載は別コミ


17
 館に忍び込んだ不審人物
 スワン家の住む館は、もともとペンウッド公爵の持家で
 それをアルフレッドが買いとってますが
 その館が欲しかった、って成金のゴードン家ってのがけっこううろうろしてます
 今回も、ゴードン家のごくつぶし息子が、館の中に宝があるはずだ、って忍び込んだのでした
 屋根裏部屋を探して、何もなかったのでゴードンの愚息は撤退しましたが
 その後に、ペンウッド公爵家に伝わる宝石が出てきて
 アルフレッドがお直しして、メロディーにあげました(^^)
 

18
 村にサーカスが来ました
 サーカスは田舎の男女の恋の場、って教えられて
 デイジーと二人で出かけたメロディーを、アルフレッドと公爵がおっかけます

 19世紀、公爵にけんか売ると、打ち首?なんて風習が残ってまして
 ペンウッド公爵は、その点、頭のやわらかい人なので、村人と一緒に楽しみました

19
 メロディが体調不良です
 つわりでした(^^)


20
 先に双子の産まれたメイファーソン子爵家へと、子供を見にいきます
 公爵も一緒にきてまして
 公爵、初めて本音がちらり

 中の良い従兄弟のアルフレッドも
 従姉妹のバイオレットも
 幼馴染のメイファーソン子爵も
 みんなステキな恋愛結婚なのに
 自分だけ身分に縛られた結婚なんか、嫌だな、って

 だから、結婚願望はあったみたい
 お相手、見つかるといいね(^^)


 って感じの5巻でした
 


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)






 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

薔薇咲くお庭でお茶会を(4) メロディの事件簿8 天音祐湖 最新刊 ヴァイオレットに双子誕生 あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(4) 大好きな漫画



 身分違いを乗り越えて、無事結婚したメロディとアルフレッド
 ラブラブになったからもうおしまいかと思ったら
 いろいろ物語は続きます(^^)


薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)

 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(4) あらすじ



 19世紀末、イギリス。
 身分違いの恋を乗り越えて、ついに身も心も夫婦になったメロディとアルフレッド。

 ラブラブ新婚生活を満喫中ですが、アルフレッドがメロディに内緒で女性と密会!?
 なにやら顔を赤らめていて・・・!!??

 まさかまさか浮気ーーーー・・・ッ!!!???(>o<;;)

 クリスマスに舞踏会と、華やかなイベントも盛りだくさん!

 ふたりの甘〜い生活にときめっぱなしの、ドキ甘英国シリーズ第4巻です!



薔薇咲くお庭でお茶会を(4) ネタバレ



13話、
 ビクトリア女王の時代
 貴族の女性は無垢であることを求められましたので
 性教育とかは、結婚前にママがちらり、と教えてくれるだけ
 結婚後の貴族男子は、性欲は愛人と処理し、貴族間の結婚は契約、でした
 でも、もちろん中には夫婦睦まじいカップルもいたことでしょう

 メロディは、ママが早くに亡くなっていたので初夜への知識がなく
 アルフレッドはメロディが愛しいから無理強いできず、って感じのおあづけ状態でしたが
 3巻でめでたく夫婦となり、その手助けをしれくれた村医師の妹・デイジーにお礼がいいたかったんですね
 でも、お礼の趣旨が恥ずかしいことだからメロディに内緒にしてて
 そしたら、新しく執事となったゲイのガブリエルまで、浮気?って言いだして
 二人で尾行したらメロディが川に落ちちゃいました
 
 ガブリエルは元海軍の士官だったんで、泳ぐの得意で助けてくれました



14話、
 まがガブリエルが来る前のクリスマスを思い出してのお話
 湖水地帯は寒いです!
 でもって、ドアが凍って開かなくなって、男性陣が締め出されて
 硝子窓一つ壊して、食事用のナイフとかでこじあけました、ってお話
 ボイラーもとまちゃってお湯もでなくなったら
 メロディーが洗濯室に簡易浴槽つくって、お湯を用意してくれて
 アルフレッドは一緒に入りたかったんですが、じゃまがはいっちゃいました


15話、
 メロディたちの庭に女の赤ちゃんが置き去りにされました
 メロディが、親が名乗り出るまで育てる、って言いだして
 この時代、貴族は子育てしないので、子供の扱いがわからない
 でも、かわいい子で、大事にしてたら、ある日、ふいっていなくなって
 そしたら、アルフレッドの実姉のヴァイオレットが、実は出産であぶなかったらしく
 やっと落ち着いたから、って連絡があって
 飛んでいったら男女双子が生まれていて
 さらにその女の子が、メロディたちのとこにいた赤ちゃんでした

 ちょっと不思議な物語です(^^)



16話、
 出産祝いでパーティーするんですが
 ヴァイオレットが平民出身だから、って冷たい目の奴もいるから
 れっきとした子爵の娘であるレディ・メロディに側に射てほしいって、ことになり
 執事がぎっくり腰になったので手配はアルフレッドに

 順調に進んでいたんですが、メロディがペンウッド公爵の愛人だ、ってデマが飛びました

 この時代、愛人というのは社交界では鼻つまみです
 結婚後の奥さんや未亡人が愛人を持つのはよくても
 未婚女性で愛人になったら、一族もろとも白い目で見られる

 公爵は、地位が高くて、結婚した未婚女性におっかけられるので
 面倒で、湖水地帯のアルフレッドのとこによく遊びにいくことが
 愛人に会いに行く、って言われてるのをほっときました
 でも、それでメロディが愛人呼ばわりされて
 アルフレッドも、ヴァイオレットの旦那様の子爵も激怒して
 公爵、ちゃんと弁明しました


 この漫画、いろいろと時代考証がしてあって、おもしろいです
 社交界って、けっこういろいろめんどくさかったんですよね〜


 次巻も楽しみです


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)






 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

薔薇咲くお庭でお茶会を(3) 天音祐湖 メロディの事件簿(7)無事に初夜ですが、ゲイの執事が同居人? あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(3) 大好きな漫画



 身分違いを乗り越えて、無事結婚したメロディとアルフレッドですが
 今だ初夜は迎えられず
 アルフレッドはつらいです・・・(^^)

薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)

 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(3) あらすじ



 新居で生活を始めたふたり。

 相思相愛の夫婦だけど、メロディが初めての夜を怖がって
 メロディを愛するアルフレッドはおあづけ状態
 そんなところに、アルフレッドのママがパパと喧嘩して家出してきました
 
 ますます二人きりになれないと、アルフレッドの我慢は限界に・・?

 大人気メロディの事件簿シリーズ新作の第3巻!




薔薇咲くお庭でお茶会を(3) ネタバレ



9、
 アルフレッドの母上が父上と喧嘩して家出してきました
 この漫画、公爵もそうですが
 回りのキャラがとっても魅力的
 アルフレッドのママ(公爵の娘)のクラリッサ
 ちょっとメロディと似てますね〜
 パパのロバートもアルフレッドに似てて
 なんでもできるレイモンド家の男たち(父と息子)は
 おっとりお嬢さん育ちの妻たちに過保護なのね〜

 で、クラリッサは初夜におびえるメロディをなだめてくれました
 ロバートがクラリッサを迎えに来て、良かったね

10、
 いよいよメロディも覚悟を決めたとこへ
 公爵家から使いがきて、アルフレッドは出かけ
 その間にメロディが拉致られます
 相手は先々代の公爵の妻、で現在の公爵のばあさま
 典型的な貴族夫人です

11、
 スコットランドに拉致られたメロディ
 愛しているからアルフレッドと結婚した、っていうけど
 公爵未亡人は、貴族の結婚に愛は必要ない、って断言
 そこへアルフレッドがかけつけてきて
 メロディと奪還、家へと戻ります
 で、二人はやっと初夜です
 良かったね


12、
 無事に愛し合って、ラブラブになったメロディとアルフレッド
 そしたら
 ゲイのガブリエルが、アルフレッドに惚れて、屋敷にやってきました
 いきなりアルフレッドにキスして
 男にキスされたアルフレッドはショックで失神しかけて
 メロディに抱きしめられます
 この時代、ゲイは懲役刑でしたので
 バレルと投獄です
 公爵はアルフレッドが翻弄されるのが楽しくて
 メロディに、恋の嗜好が違うだけで投獄されるのは理不尽でしょって
 メロディはいい子だから、それは認めて
 でもアルフレッドに手を出しちゃだめ〜って

 ガブリエルは執事に収まることになりそうです(^^)

 って感じで、どんどん魅力的なキャラが増えていきますね〜
 連載誌の方でも、アンケートの結果がいいみたいで
 しばらくシリーズも続きそうで、うれしいです(^^)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)






 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする