外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年08月21日

ヒストリエ(1) 岩明均 外国(紀元前マケドニア)が舞台の歴史漫画 

ヒストリエ(1) 外国が舞台の歴史漫画


 舞台は紀元前、
 後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作

 世界史の授業に必ず出てくるアレキサンダー大王ですが
 世界遠征をした王様のとこには、きっと優秀な参謀がいたよね
 って興味をそそる材料ですね

ヒストリエ(1)
ヒストリエ(2)
ヒストリエ(3)
ヒストリエ(4)
ヒストリエ(5)
ヒストリエ(6)
ヒストリエ(7)
ヒストリエ(8)
ヒストリエ(9)





ヒストリエ(1) あらすじ



 舞台は紀元前、
 後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作だ。

 蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、
 都市国家カルディアでギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、
 そのおかげでギリシア的教養を身につけることとなる。

 ある日養父がスキタイ人に殺され、
 自分の出自を知ったエウメネ スは奴隷の身分に落とされてしまう。

 それが彼の波乱の旅の始まりだった!





ヒストリエ(1) ネタバレ



エウメネス
 主人公。蛮族スキタイの出身でありながらギリシア人の養父母に育てられ、
 後にアレキサンダー大王の書記官となる

アレクサンドロス
 強国マケドニアの王子。
 父王に命じられ、同世代の若者たちと共にミエザの学校で学びはじめる。
 父王は「せっかく生まれた才能」と大きな期待をかけているが、彼には大きな秘密があった。

フィリッポス
  マケドニア国王

アリダイオス
 強国マケドニアの王子。アレクサンドロスの異母弟。
 父王に命じられたエウメネスが玩具を作ってあげると大いに喜び、夢中になって遊んでいた

アリストテレス
 当時最高の知性を持つ哲学者。

1話、地球儀
2話、故郷カルディア1
3話、故郷カルディア2
4話、故郷カルディア3
5話、図書室1
6話、図書室2
7話、同じ夢
8話、スキタイ流
9話、体育教練


 いきなり拷問で人を殺すシーンでぶっとびました・・
 アリストテレスの行方を追い、その行く先を語らせるための殺人だったようですが
 エウメネスが、アリストテレスをボートに乗せてあげました

 エウメネスが、マケドニア軍の大軍に囲まれたカルディアに
 知恵をつかって堂々と入場します
 ついでに、フィリポスっておじさんと知り合いになりますが
 これが、彼の運が向くきっかけになるようです

 カルディアに入場して、昔住んでいた家へと向かうエウメネス
 屋敷は火事にあったらしいですが
 一番なつかしい図書館跡の廃墟にたたずみ
 エウメネスは過去を思い出します

 ギリシア人の、奴隷持ちの裕福な家の子として育てられたエウメネスは
 繰り返し見る夢があります
 のち、それが実母の殺されたシーンだと思いいたるんですが・・

 スキタイ、というのは剣術に秀でた一族ですが
 奴隷狩りされることが多いようです

 そしてエウメネスは、まだ出生の秘密も知らず
 体育教練で、夢に見た女性の動きを思い出して・・


 ってとこで次巻へ






 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする