外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年08月27日

ヒストリエ(4) 岩明均 外国(紀元前マケドニア)が舞台の歴史漫画 

ヒストリエ(4) 外国が舞台の歴史漫画


 パフラゴニア
 奴隷制度のない村

 当時はとってもめずらしいです
 奴隷は家畜と同様に、当たりまえの存在でした
 人力は、今でいう電気みたいなもので、必需品でした


ヒストリエ(1)
ヒストリエ(2)
ヒストリエ(3)
ヒストリエ(4)
ヒストリエ(5)
ヒストリエ(6)
ヒストリエ(7)
ヒストリエ(8)
ヒストリエ(9)



ヒストリエ(4) あらすじ



 奴隷として新しい土地へ向かう航海の途中で船が難破し、
 ボアの村民に拾われたエウメネスは、
 奴隷制度のない土地でいつしか立派な村民の一人として成長した。

 長く平和が続いたが、ついに、領地を狙う近隣都市との戦が!! 

 エウメネスはその明晰な頭脳を活かし、一網打尽の作戦を決行する……! 

 のちにアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの、
 波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作!!



ヒストリエ(4) ネタバレ



エウメネス
 主人公。蛮族スキタイの出身でありながらギリシア人の養父母に育てられ、
 後にアレキサンダー大王の書記官となる

アレクサンドロス
 強国マケドニアの王子。
 父王に命じられ、同世代の若者たちと共にミエザの学校で学びはじめる。
 父王は「せっかく生まれた才能」と大きな期待をかけているが、彼には大きな秘密があった。

フィリッポス
  マケドニア国王

アリダイオス
 強国マケドニアの王子。アレクサンドロスの異母弟。
 父王に命じられたエウメネスが玩具を作ってあげると大いに喜び、夢中になって遊んでいた

アリストテレス
 当時最高の知性を持つ哲学者。


30話、パフラゴニアにて・7
31話、パフラゴニアにて・8
32話、パフラゴニアにて・9
33話、パフラゴニアにて・10
34話、パフラゴニアにて・11
35話、パフラゴニアにて・12
36話、オデュッセウス
37話、レスボス島.生物研究所1
37話、レスボス島、生物研究所2

 フィレタイオス家がボアの集落(パフラゴニア)を狙ってます
 狙ってるのは長男のダイコマス
 サテュラの婚約者です
 次男のテレマコスは温厚で兄のやり方に反対ですが
 反抗するだけの根性はない

 次男がボアの村に行った、って知って兄貴が私兵を送るが
 村はがっちり防御
 一方サテュラは婚約解消されて、エウメネスと寝ちゃったりしてます

 エウメネスは策略して、ダイコマスを全滅させます
 この作戦は本当に見事で
 村の内側の家3軒を解体して材料にして
 自分が囮になってダイコマスをおびき寄せ
 私兵たちを取り囲んで一気に殲滅するわけです

 病気だった爺様が謝りに来て
 次男のテレマコスが継いで、村とは仲良くし
 サテュラと結婚したい、って
 彼女はエウメネスが好きなんで抵抗しますけど、 
 エウメネスは村のために憎まれ口をたたいて村を出て行きます

 で、エウメネスは生まれた町をめざし
 その途中でアウストテレスと出会う、っていう1巻にもどるわけですね(^^)

 



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

ヒストリエ(3) 岩明均 外国(紀元前マケドニア)が舞台の歴史漫画 

ヒストリエ(3) 外国が舞台の歴史漫画


 父が急死(殺害)され、それにともなって
 息子という主一家の立場から、奴隷となったエウメネス
 彼は奴隷として、買い取られていきますが・・。

 波乱万丈の物語展開で、目がはなせません(^^)


ヒストリエ(1)
ヒストリエ(2)
ヒストリエ(3)
ヒストリエ(4)
ヒストリエ(5)
ヒストリエ(6)
ヒストリエ(7)
ヒストリエ(8)
ヒストリエ(9)



ヒストリエ(3)のあらすじ


 
ギリシアの自由市民として育てられたものの、
 蛮族出身の出自が暴かれ、奴隷の身に落とされた少年・エウメネス。

 奴隷を酷使する商人に買われて、
 スキタイ族の活動領域であるオルビアに向かうことになったエウメネスを待ち受けるのは、
 過酷な奴隷人生。

 しかし、オルビアに向かう船で、思わぬ出来事が……!! 

 のちにアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの、波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作!!



ヒストリエ(3) ネタバレ



エウメネス
 主人公。蛮族スキタイの出身でありながらギリシア人の養父母に育てられ、
 後にアレキサンダー大王の書記官となる

アレクサンドロス
 強国マケドニアの王子。
 父王に命じられ、同世代の若者たちと共にミエザの学校で学びはじめる。
 父王は「せっかく生まれた才能」と大きな期待をかけているが、彼には大きな秘密があった。

フィリッポス
  マケドニア国王

アリダイオス
 強国マケドニアの王子。アレクサンドロスの異母弟。
 父王に命じられたエウメネスが玩具を作ってあげると大いに喜び、夢中になって遊んでいた

アリストテレス
 当時最高の知性を持つ哲学者。


20話、買い手あらわる
21話、出航
22話、アンタカイオス
23話、アルゴ号
24話、パフラゴニアにて1
25話、パフアゴリアにて、2
26話、パフアゴリアにて、3
27話、パフアゴリアにて、4
28話、パフアゴリアにて、5
29話、パフアゴリアにて、6

 奴隷となったエウメネスは、買い取られていきます
 家を出るとき、よくもだましたな!って絶叫しちゃいました
 家族を殺した仇の家で子供として育てられた・・
 複雑ですよね・・

 買った男の船で出航するんですが
 出航早々、奴隷たちが反乱を起こします
 どうもこの主、オトコの奴隷を去勢する趣味があったらしく
 去勢された奴隷たちが、一致団結して反乱を起こしたんですね

 エウメネスもちょん切られる寸前だったわけです

 でも、船を動かす主要な船乗りを殺しちゃったんで
 船は沈没し
 エウメネスは、流れ着いた岸辺で、ある村の人に助けられます

 その村がパブアゴリア
 ボアという女性が初代村長で
 かなり平等感覚のある共同作業の村でした

 一芸に秀でたものが、それを村人に教え
 全体の能力をかさ上げする

 エウネメスは、屋敷で読んでいた本(巻物)の知識をつかい
 たとえばヘロドトスの叙事詩とかを夜に語る、ってことをし
 その引き換えに、剣の使い方を教わります

 で、その村が庇護を願っている町へ行く途中
 貢物が襲われて略奪される、ってことがおこり
 いろいろ不穏な空気が・・

 ってとこで次巻へ




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ヒストリエ(2) 岩明均  外国(紀元前マケドニア)が舞台の歴史漫画 

ヒストリエ(2) 外国が舞台の歴史漫画


 エウメネスは、けっこう強いです
 戦闘のイメージは、彼の脳裏に残る、幼い頃のあの女性の動き・・
 
ヒストリエ(1)
ヒストリエ(2)
ヒストリエ(3)
ヒストリエ(4)
ヒストリエ(5)
ヒストリエ(6)
ヒストリエ(7)
ヒストリエ(8)
ヒストリエ(9)





ヒストリエ(2) あらすじ


 都市国家カルディアで、街一番の名家に育つエウメネス。
 子供ながら、ギリシアの書物に通じ教養が深く、成績もずば抜けて優秀。
 才のない兄・ヒエロニュモスは、親に比べられて面白くない。

 ある日、ヒエロニュモスは仲間に誘われて、
 まだ授業でならっていない拳闘でエウメネスを叩きのめそうとするが……? 

 のちにアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの、
 波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作!!



ヒストリエ(2) ネタバレ



エウメネス
 主人公。蛮族スキタイの出身でありながらギリシア人の養父母に育てられ、
 後にアレキサンダー大王の書記官となる

アレクサンドロス
 強国マケドニアの王子。
 父王に命じられ、同世代の若者たちと共にミエザの学校で学びはじめる。
 父王は「せっかく生まれた才能」と大きな期待をかけているが、彼には大きな秘密があった。

フィリッポス
  マケドニア国王

アリダイオス
 強国マケドニアの王子。アレクサンドロスの異母弟。
 父王に命じられたエウメネスが玩具を作ってあげると大いに喜び、夢中になって遊んでいた

アリストテレス
 当時最高の知性を持つ哲学者。



10話、斃すイメージ
11話、足音
12話、トラクスの闘い1
13話、トラクスの闘い2
14話、トラクスの闘い3
15話、2つの死体
16話、証言
17話、別世界
18話、図書室3
19話、ペンダント


 夢での女性の動きをイメージして
 弱い者いじめをする年上たちを、ぼっこぼこにしちゃったエウメネス

 一方
 奴隷とされたスキタイ人のトラクスは
 いましめが解かれたと同時に主人たちを皆殺しにして逃亡を図ります
 そのトラクスの闘い方がすごい!

 彼はエウメネスがスキタイ人だと気付いていて
 奴隷生活の中で優しくしてくれたこともあり
 戦いに巻き込まれたエウメネスを傷つけずにさりました

 でも多勢に無勢
 ついに地に伏したトラクスを見つけたエウメネスは
 絶命してから見つかるように、と配慮しますが
 それが彼の運命を暗転します

 エウメネスの養父の地位を狙っていた男が
 養父がトラクスに殺された、と二つの死体を並べたのです

 エウメネスはトラクスにはすでにそんな余力はなかった、と証言しますが
 子供の証言はいれられず
 さらにここで、エウネメスがスキタイ人の孤児でギリシア人でないと暴露されます
 
 奴隷に落とされたエウメネスには別世界の生活がはじまります
 それでも、エウメネスは泣き叫ぶことにない

 でも
 いつも出入りしていた図書館の本(当時は巻物)を、こっそり持ってくれた女中に
 涙がこぼれそうになります・・

 そしてカロンという男から、死んだエウメネスの母が持っていたというペンダントを渡されるのでした




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする