外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(42)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年09月06日

王家の紋章(24) 細川智栄子 最新刊 アマゾネスの妹の看病 あらすじ、ネタバレ注意

王家の紋章(24) 大好きな漫画


 
 もはや、完結しない、って思われている超大作
 作者さんがともに70歳過ぎですからね〜
 
 文庫の方では、現在キャロルはエジプトにいます

 エジプト
 好奇心や懇願で海外へ
 そこでトラブルにあってメンフィスが助けにいき
 エジプトに帰還
 をくりかえしてます(^^) 


王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22) 王家の紋章(23)
王家の紋章(24) [ 細川智栄子 ]


王家の紋章(24) あらすじ、ネタバレ注意



 トロイで大けがして
 そのままアマゾネスのときに拉致られたイズミル王子
 配下に救出されて、ヒッタイトへ帰還中

 キャロルは、無事にエジプトに帰還中で
 狐の子供の看病に夢中でしたが
 トロイの時に二度も命を助けてくれたアマゾネスが
 瀕死の妹を連れてきて、助けてくれ、って

 ヒューリア姫は女王の妹で、皇位継承者だそうです
 ペラグラ症ですって

 ビタミンB群を経口投与で改善されるようですが
 キャロルは侍医の手助けで、治療にあたります

 その間にも、メンフィスの義弟、ってのが宮殿へ
 全然似てないし、メンフィスより年上に見えますが
 そのはずで、ニセモノです
 王の寵愛を受けた女性の墓を暴いて証拠を獲り
 死んだ、本物の義弟になりすましてるわけです

 したたかな男で
 王位ではなく、神官になるようです

 でも古代エジプト王家では、神官が王になることが多かった・・

 って感じで、伏線まきまくりの24巻でした

 おもしろかったですよ









 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 21:04 | TrackBack(0) | 王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

王家の紋章(23) 細川智栄子 最新刊 外国が舞台の歴史漫画 イズミルが脱出、メンフィスはネバメンとの対面を決意 あらすじ、ネタバレ注意

王家の紋章(23) 外国が舞台の歴史漫画


 
 70歳を超えて、連載されている細川先生
 もはや、完結する気はないかもしれない・・

 新書版の方は
 文庫の23巻発刊現在、60巻です

 最近は、新書版は1年に1巻でる状態
 文庫版は、1年以上まちます・・


 現在の新書の60巻は
 文庫化だと何巻になるんだ?


王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22) 王家の紋章(23)

王家の紋章(23) あらすじ、ネタバレ注意



 メンフィスの反対を押し切ってミノア王国に赴き
 病弱なミノア王・ミノスの体質改善を果たしたキャロルは
 ミノスの兄・アトラスに横恋慕される

 一方、ヒッタイトのイズミル王子は、キャロルとの結婚を諦めず
 キャロルをトロイに連れ去る

 抵抗するキャロルだが
 魔女・キルケーの妖術で頭はぼんやり、木偶人形状態に

 だが
 イズミルたちの乗った船はヒッタイトに滅ばされたアランヤ国の残党に襲われ沈没
 でもなんとか助かって、イズミルたちはトロイに

 で、メンフィスが
 ミノア水軍とともにトロイに突入でございます。

 イズミルは、アマゾネスに拉致られます
 美形王子って、前にもアイシスにとっ掴まって
 いびられてましたね〜
 
 メンフィスは海におちたキャロルをゲット
 エジプトへ帰還いたします
 で、22巻の見せ場は、キャロルの古代エジプトと
 ライアン兄さんのいる現代が、またまた接触しちゃうとこでしょうか
 そして、アマゾネスに拉致されたイズミルは、こん睡状態の中で
 昔の夢なんか見てます
 さて
 エジプトに無事帰還したキャロルたちですが
 メンフィスの母違いの息子、になりすましたネバメンって奴が登場します。

 そして23巻

 ネバメンって奴は、偽物なんで、正体を知られそうになると死体の山を築いてます

 一方、アマゾネスのとこで瀕死のイズミルは、8歳の時に襲われて
 幼いながらも今戻ったらアブナイ、って名前を隠して
 山の賢人のとこに避難していた過去を夢見てます(瀕死で過去が走馬灯のように、って感じ)
 
 さて、メンフィスが、弟と名乗るネバメンと対面すると決めたころ
 イズミルはやっとアマゾネスのとこから脱出です

 さて、次巻は1年以上先ですが
 どう展開するのかな(^^)

 




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

王家の紋章(22) 細川智栄子 最新刊 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

王家の紋章(22) 外国が舞台の歴史漫画


 
 70歳を超えて、連載されている細川先生
 もはや、完結する気はないかもしれない・・

 新書版の方は
 文庫の22巻発刊現在、59巻です

 最近は1年に1巻でる状態

 うう、文庫化だと何巻になるんだ?


王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(22) あらすじ、ネタバレ注意



 メンフィスの反対を押し切ってミノア王国に赴き
 病弱なミノア王・ミノスの体質改善を果たしたキャロルは
 ミノスの兄・アトラスに横恋慕される

 一方、ヒッタイトのイズミル王子は、キャロルとの結婚を諦めず
 キャロルをトロイに連れ去る

 抵抗するキャロルだが
 魔女・キルケーの妖術で頭はぼんやり、木偶人形状態に

 だが
 イズミルたちの乗った船はヒッタイトに滅ばされたアランヤ国の残党に襲われ沈没
 でもなんとか助かって、イズミルたちはトロイに

 で、メンフィスが
 ミノア水軍とともにトロイに突入でございます。

 イズミルは、アマゾネスに拉致られます
 美形王子って、前にもアイシスにとっ掴まって
 いびられてましたね〜
 
 メンフィスは海におちたキャロルをゲット
 エジプトへ帰還いたします

 ってのが21巻までで
 
 22巻では、エジプト帰還への船旅が描かれます
 ミノアの怪物王子が、再びキャロルをおっかけてきますが
 今回はメンフィスもいるし、追い返します

 22巻の見せ場は、キャロルの古代エジプトと
 ライアン兄さんのいる現代が、またまた接触しちゃうとこでしょうか

 久しぶりに兄様に逢えてうれしいキャロルと
 キャロルを愛してる(男として)ライアンの切なさが
 とってもギャップですな〜

 アマゾネスに拉致されたイズミルは、こん睡状態の中で
 昔の夢なんか見てます
 イズミルは、昔からイケメンで賢い子でしたね〜
 アイシスに殺されたミタムンの子供の時も描かれていて
 とっても仲良かったから、これは、エジプトを恨むな〜
 って思いました

 さて
 エジプトに無事帰還したキャロルたちですが
 メンフィスの母違いの息子、になりすましたネバメンって奴が登場します

 ここから新展開か?






 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする