外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(38)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年05月20日

クリスティ・ロンドンマッシブ(4) 新谷かおる 最新刊 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

クリスティ・ロンドンマッシブ(4) 外国が舞台の歴史漫画


 ヴィクトリアンの社交界とか社会情勢とかが
 きっちり書き込まれていて、大好きです
 新谷かおる節も健在です(^^)

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)


クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)
クリスティ・ロンドンマッシブ(3)
クリスティ・ロンドンマッシブ(4)



クリスティ・ロンドンマッシブ(4) あらすじ



 ホームズの姪クリスティの邸に迷いこんだ双児、その正体は…!?

 クリスティ不在のホープ家に、異国の言葉を話す双児の美少女が迷いこんだ。
 デクスターが銃撃され、さらにはモリアーティ教授も巻き込み、事件はある陰謀へと繋がっていき……!




クリスティ・ロンドンマッシブ(4) ネタバレ注意



 アンヌマリーの長女・キャリーが再登場
 メイド頭が警官(今は警部補)と結婚
 っていうのは、労働者階級の上位者同士の結婚で
 よくあったようです

 さらに
 仕事のできない(レディは仕事を持てない)クリスティの代わりに
 元家政婦のコネリー夫人は、メイド養成学校を経営(パトロンはクリスティ)
 そしてアンヌマリーは、女性下着のお店を経営してます。
 そういう
 女性の経済的自立、って面も書いているのが 
 このマンガの好きなとこです

 さて、時代は馬車から自動車へ
 クリスティは、元気に暮らしてますが
 おうちの家督は男の子じゃないと継げないので
 クリスティは弟のジュニアを鍛えてます
 でも、弟くんは車に酔うによね〜
 かわいそうに(^^;)

 クリスティが田舎にいる間に
 ロンドンには双子の女の子が迷い込み
 それが、ヨーロッパ小国のお家騒動にからみ
 女の子だと思ったら男の子で
 あと、この時代は貧富の差が激しいし、偏見も格差も差別も激しいのは
 従来通り、この漫画の見どころで
 浮浪者の男の子、洗ったら女の子が、クリスティのとこに
 また転がり込みます(ここらはすでにお約束?)

 そして、、双子の姉妹(実は男の子)編が終わると
 次作の主役は、なんと、アンヌマリーの娘のキャリーです

 クリスティは、ロンドンの浮浪児たちを助けるために
 古いアパートを一棟買いまして
 孤児院じゃなくて、共同体(コミューン)
 貴族の酔狂じゃなくて、挑戦をしてます

 で、その手足で動いてるのがキャリーで
 モリアティーのとこの次代目を狙う少女・グロリア・チャンバレンと敵対しました

 こっちも、おもしろくなりそうです(^^)


 子供だけでも、ちゃっと住まいがあれば
 小さな稼ぎで助け合って暮らせるのね
 実際はこんな甘いもんじゃないだろうけど
 19世紀ロンドンの産業革命時の格差って、ほんとにすごいから
 こういう話は、読んでいてほっとします


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

クリスティ・ロンドンマッシブ(3) 新谷かおる 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

クリスティ・ロンドンマッシブ(3) 外国が舞台の歴史漫画


 ヴィクトリアンの社交界とか社会情勢とかが
 きっちり書き込まれていて、大好きです
 新谷かおる節も健在です(^^)

 でもって、3巻は久しぶりにおもしろい!!、って思いました

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)


クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)
クリスティ・ロンドンマッシブ(3)
クリスティ・ロンドンマッシブ(4)



クリスティ・ロンドンマッシブ(3) あらすじ



 レイトン男爵が自宅で首を吊って自殺した
 彼は死の直前、アップウッド大佐という男とのポーカーで負けが込み
 トラブルを起こしていた
 
 偶然から現場検証に立ち会ったクリスティは
 単なる自殺という結論に違和感を覚える

 一方、アップウッドにはモリアーティーとのつながりが・・




クリスティ・ロンドンマッシブ(3) ネタバレ注意



 前のシリーズ同様に
 時代背景とかはきちんと書いてある漫画ですが
 新シリーズになってから
 新規加入のメイドたちが、超常現象?を操る子たちになって
 ちょっと、路線が・・

 って思ってたら、久しぶりに面白かったです3巻!!


 ポーカーで負けた男爵

 その場では、男爵の書いた借用書を破り捨てた大佐ですが
 男爵は帰宅後に遺書を残して自殺

 遺書通りに大佐がいろいろ遺産をもらいました


 でも、役立たずだと思われていた遺産が、実は巨万の富の鉱山で
 そんなこんなを推理して
 クリスティが大佐の悪を暴きます


 クリスティの将来の旦那様になりそうな
 グラハム・ハート氏が、3巻にもうろうろ登場しますね(^^) 



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されたタイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

クリスティ・ロンドンマッシブ(2)新谷かおる 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

クリスティ・ロンドンマッシブ(2) 外国が舞台の歴史漫画 


 時代考証がきちんとされてる英国舞台のマンガ
 クリスティがホームズの姪、ってことなので
 時代設定はヴィクトリアン(ヴィクトリア女王治世の時代)
 当時の社交界とか社会情勢とかが
 きっちり書き込まれています。

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)
クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)





クリスティ・ロンドンマッシブ(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 ホームズの姪クリスティが
 ふとした時に出会った謎の紳士はモリアーティと名乗った。

 平然と悪すら肯定するその哲学に
 妙な魅力を感じるクリスティ。

 舞踏会の後、
 彼女が耳にしたのは女王陛下暗殺の情報と、
 海外での爆破事件。

 2つの事件は「黒のゼウス」のキーワードで繋がって行く。

 そしてクリスティとモリアーティーは
 協力してこの事件と対峙することに!







クリスティ・ロンドンマッシブ(2)外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ注意



 一巻まではホームズ正典からでしたが
 二巻でついに、モリアーティと共闘でございます
 おもしろいから、いいです(^0^)


 ジョージ・グラハム・ハート君が登場です
 のちの旦那様?
 いきなり乙女のコルセットをとっぱらってますが
 そんなことしたら
 即、結婚ですよ。社交界の掟
 あ、いいのか、結果的に結婚するなら

 アンヌマリーの長女・キャリーも登場
 メイド頭が警官(今は警部補)と結婚
 っていうのは、労働者階級の上位者同士の結婚で
 よくあったようです

 さらに
 仕事のできない(レディは仕事を持てない)クリスティの代わりに
 元家政婦のコネリー夫人は、メイド養成学校を経営(パトロンはクリスティ)
 そしてアンヌマリーは、女性下着のお店を経営してます。
 そういう
 女性の経済的自立、って面も書いているのが 
 このマンガの好きなとこです

 女王暗殺事件の方は
 狙撃の場所を割り出して
 未然に防ぎましたが
 重傷の(縛り首確定の)犯人は
 モリアーティが逃がして
 自分の手ごまにしちゃいました(^^)

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする