外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(7)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(0)

2015年01月14日

シャーリー(2) 森薫 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

シャーリー(2) 外国が舞台の歴史漫画



 シャーリーは、13歳のメイドです
 この子がかわいい!!

 1巻は、シャーリー話だけじゃなかったんですが、2巻は全部シャーリーとベネットさんのお話です
 
 夜寝る前にこの漫画読むと、ほっこりしていい夢が見られます(^0^)


シャーリー(1)
シャーリー(2)

シャーリー(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 カフェを経営する女主人ベネット・クランリーがメイドとして雇ったのは、
 まだ13歳の少女シャーリー・メディスン。

 ひとつ屋根の下でふたりが暮らす、穏やかなロンドンでの生活を描いた読切シリーズが、
 ふたたび1冊の本にまとまりました。

 これまでに発表されてきた7つの作品に加えて、描き下ろしあとがき漫画を収録しています。



シャーリー(2) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



1話、ダンス
2話、風
3話、お給料
4話、留守番
5話、届け物
6話、お願い
7話、ハイヒール
8話、昔のこと
あとがき

 10年にわたって描かれた作品集ではありますが
 画にぶれがないとこは、さすがです

1話は、ベネットさんちにあった蓄音機とレコードで、シャリーと二人
 一晩中ダンスしちゃう話。
 シャーリーは平気でも、ベネットさんは、翌朝足がいたくて動けませんで
 お客さまのシニアじいさまを、パシリに使ってます(^^)

2話は、立てつけの悪い窓が締まらなくて、雨風が入って、大変、って話

3話は、週給を払うのを忘れてたベネットさんがあわてて払う話
 住み込みだし、生活費がかからないんで、シャーリー気にしてなかったみたい
 貰ったお金は、お人形のポシェットに仕舞っておきまして、やがて人形の靴を買いました。
 それを見たベネットさんが、古いブラウスで、レースだけ使えるのをくれて
 シャーリーは夜なべして、そのレースをつかったドレスを作ります(手縫いよ、ミシンないから)
 イメージは、前に見た、ベネットさんが着ていたステキなドレスです(^^)
 

4話は、留守番中にカーテンのひっかりを直そうとして、脚立からこけちゃいます
 膝から血が出ても、がんばって後始末するシャーシーがケナゲでね〜


5話は、ベネットさんが財布を忘れたので、シャーリーが届けます
 始めてお店に行って、ベネットさんがテキパキ料理やお茶を用意するのにびっくりです

6話は、ベネットさんが結婚するかもしれない、ってブルーになったシャーリー
 結婚してもつれて行ってください、って頑張ってお願いしたら
 結婚しない、って
 その夜の、シャリーの見る夢がいい!

 夢の中では人形に作ったドレスを着て、両手にリボンを結んだはたきをもち
 音楽に合わせて、ふたりでずっと踊るのだ

7話、ベネットさんのハイヒールを磨いていて、
 つい、履いて踊ってみたら、ベネットさんに見られて、あわててコケテ、足首捻挫
 でもベネットさんは叱らないの
 昔私も、ママのハイヒールを履いてみたわ、って

 いい人ね〜

8話は、ベネットさんが5年前の許嫁と再会し、再度プロポーズされます
 ベネットさんは、断るって、言ってたけど揺れているらしく
 シャーリーをそれを見ているしかできない、ってお話

 
 う〜ん、いつもながら名品だ!
 1巻より良かったな

 実は、1巻はもう処分しちゃって、内容をブログに書いてなかったから覚えてない
 2巻が出るなら、とっておいたのに!!

 買い直すか・・


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:47 | TrackBack(0) | シャーリー(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする