外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年02月25日

エマ(1) 森薫 作者出世作。1〜7話 あらすじ、ネタバレ注意

エマ(1) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 作者の商業誌デビュー作

 ヴィクトリアンの光と影の物語

エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(1) あらすじ



 貴族ウィリアム・ジョーンズはかつての家庭教師、ケリー・ストウナーを久方ぶりに訪ねた。

 そこで眼鏡をかけた聡明なメイド、エマと出会い、徐々にふたりは惹かれ合う……

 ヴィクトリア朝の英国ロンドンを舞台に、伝統と革新のブリティッシュロマンスが始まる!






エマ(1) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)


1話、訪問
2話、眼鏡
3話、南からの訪問者
4話、ラブレター
5話、写真
6話、ふたつの時計
7話、父、リチャードジョーンズ

あとがき

 エマって、あとがきが好きです
 森薫さんの趣味の世界ですね

 少女漫画の単行本って
 柱のとこにいろいろ書いてくれますが
 こちらは、あとがきでまとめて書かれてます

 さて
 NHKでアニメ化もされました「エマ」

 1巻では
 ウィリアムがケリー先生のとこに訪問して
 メガネかけて、所作が上品はエマに惚れるとこから始まります

 当時、貧富の差のはげしいロンドンで
 メガネは高級品だから
 メイドに買い与えてくれた人は、きっと少ないのね
 で、エマは視力が悪化しつつあって
 今の眼鏡だとあんまりよく見えなくて
 ウィリアムと道であっても、あんまりよく見えないのがリアル(^^)

 眼鏡の買い直しを提案したウィルに
 エマが、レースのハンカチが欲しい、っていうのも
 当時、機械編みのレースはまだ少なくて
 レースは手編みだから高価だったのね
 時代考証ばっちりだわ

 南からの訪問者は、ウィリアムのとこに、インドの藩王の息子・ハキムが象を連れてきた話です
 すごかったです
 足首だすのも許されなかったビクトリアンに
 おなかだしちゃうインド娘たちが登場するんだもん

 エマは、ケリー夫人に読み書きを習っていて
 ラブレターをもらっても、きちんとお断りの手紙を書きます
 こんなことのために文字を教えたんじゃないけどね、って
 夫人は苦笑です

 写真は、夫人が、ウィリアムが子どもの頃の写真を飾っていた、ってお話
 ずっと、エマは掃除の度に見てたけど
 今回の訪問では、最初、気付いてなかったのね
 夫人の、若くして亡くなった旦那様の写真もあります
 
 二つの時計は
 先日、夫人は階段ふみはずして足をいため
 それから寝付いてたのね〜
 で、亡き夫の時計とかもじっくり見ちゃう
 50歳すぎると、死が身近になる時代です・・

 ウィリアムの父上は
 成り上がりって、さんざんバカにされてきたのね
 だからこそ、息子には社交界での地位を持ってほしい
 悪い人じゃないんですけどね

 って感じで、サブタイトル読むだけで
 流れがわかるとこが、いいですね


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする