外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年04月17日

ガーフレット寮の羊たち(3) もとなおこ 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

ガーフレット寮の羊たち(3) 外国が舞台の歴史漫画 


 男子は家庭教師で基礎を習うと
 全寮制の学校に放り込まれます
 貴族と地主階級の子息の入る学校で
 規律と対人関係のスキルを学び、学問を学び、体育で体を鍛えます

ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)


ガーフレット寮の羊たち(3)外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 1870年のイギリス。

 ウインザー校に入学したアーネストはガーフレット寮で同室となった、気難しいスタンリーと衝突する。

 だけど、スタンリーが心の奥に抱える苦しみに気づいて……? 紳士の卵たちが紡ぐボーイズ・ロマン! !



ガーフレット寮の羊たち(3) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



第一章・1870年・秋冬学期

9、ガイ・フォークス・ナイト
10、レディーバード・ゴースト
11、羊たちの方舟


9、
 18名の寮代表
 彼らが集うのは円卓で、剣の主となる騎士長を選ぶ
 ガーフレット寮のグッドウッドは、その最有力候補

 ヘッドナイトが任命されるのは、ガイ・フォークスデー(11.5)

 寮生は服で階級?がわかります
 柄のベストは寮長
 アーネストはランスロット寮のリチャードと面識ができます
 彼はアーネストに、グッドウッドを出し抜く手助けを持ちかけ
 もちろんアーネストは拒否しますが
 一服もられて騒ぎになります
 で、レスタベリーが助けてくれまして
 グッドウッドはしっかり騎士長に選ばれました

 ただ、レスターべリーは、グッドウッドが教師と関係してることに気付いて
 ちょっとびっくりです

 19世紀は、ゲイが法律で禁止されていて
 バレると、社交界でも葬られます・・すごい時代・・

 
10、
 11月、りんご酒つくりの頃
 寮にはゴーストの話題が
 っていうか、イギリス人って幽霊がイル、のが前提なのね〜

 ベンジャミン・ベネット
 ゴッドウィルのファグだったけど、気弱で、プレッシャーに負けて
 二重人格?夢遊病?女装で夜にうろつくけど、当人は覚えてません・・
 
 寮生活は、気弱な子には試練で
 夜遊びで抜け出すのを禁止して鉄格子して、火災で死んだ子もいます
 
 ベンジャミンが、死んだゴーストたちに誘われそうになったとき
 グッドウッドが引き戻してあげました


11、
 スタンリーの亡くなった幼馴染
 スタンリーが無理をいって雪の中を誘い
 幼馴染だけが凍死しました

 自分が生まれてきたことが罪なのか?

 スタンレーを慰めるのは、聖歌隊のピアース
 奨学金の生徒で、勉学と信仰の生活を送る

 テムズ川が氾濫して、寮まで水がきます

 ちなみにレスターベリーは侯爵家の息子です
 洪水で学校も町も大変な時は
 しっかりボランティア

 スタンリーは、亡くした幼馴染と同じ、ロビンと名付けた子猫がいなくなり
 必死に探して、その時にみんなが助けてくれて
 素直にありがとうがいえました

 さぁ、クリスマスです




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

ガーフレット寮の羊たち(2) もとなおこ 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

ガーフレット寮の羊たち(2) 外国が舞台の歴史漫画


 もとなおこさんは
 他にも19世紀英国を舞台にした漫画を描いているので
 時代考証はばっちりです
 当時、女性は貴族の娘に生まれても爵位は継げませんでした

 ファグ制度とか、いろいろ
 とっても面白いです



ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)


ガーフレット寮の羊たち(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



〈ようこそ自由と規律を学ぶ園へ! これがジェントルマンの育ち方〉

 1870年のイギリス。

 パブリックスクールのウィンザー校に入学したアーネストは
 ひとクセある最上級生・レスターベリーの雑用係となる。

 彼の導きのもと、多くの出来事を体験するが…?


 紳士の卵たちのボーイズ・ロマン第2巻。




ガーフレット寮の羊たち(2) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



 このマンガ、「コルセットに翼」シリーズ(全10巻。全巻あらすじ、ネタバレしてます)と同じ作家さんで
 私的には、作家買いで読み始めた漫画です

 私はロマンス小説が好きで、よく読むんですが
 イギリス社交界ものを見ていると、全寮制時代にできた貴族の友人たちが
 社交界にでてもその交友を続けたり、って物語がよくあります

 英国寄宿舎ものは、BLが多いのですが
 美少年ばかりの学園で、それめいたことはありますが
 腐女史世界に入らないように踏みとどまっている
 とっても珍しいマンガです(^0^)


第1章・1870年・秋冬学期

5、満月の魚
6、野うさぎと猟犬
7、イン・メモリアム
8、休暇

 寄宿舎でのファグ制度っていうのは、イジメ対策でもあったんですね〜
 上級生に付く、ってことは、その上級生に守られる、ってことでもある

 声変わり前の新入生たちにとっては、大学前の先輩たちでも、大人に見えたんでしょうね〜



5、
 スタンリーは、アーネストともめます
 1年のともだちたちは、監督係の上級生に話すと大事になるから、って
 1年上級で、アーネストの従兄弟のエドガーを呼んできました
 で、そんな寮内のことは、3年生のレスターベリーがしっかり把握してます
 ちなみに彼は、3年生ですが、全科目Cレベルで最上級生で、個室持ってます
 で、アーネストを夜の釣りに誘い出してくれました

 貴族や紳士階級で、甘やかされそうな彼らは
 寮という集団生活の中で、妥協や敗北ではなく戦略で生き抜いていくんだ、ってのが
 スタンリーの考え方で
 彼は次期寮長の椅子を狙ってます

 スタンリーのファグである寮長・グッドウッドも賢い青年で
 スタンリーのくったくをしっかり見抜いてます

 少年たちは、寮に入れられ、たいていは戻る場所がない(退寮は不名誉)
 ならば、戦略を覚えて自分に居心地のいい場所をつくれ、ってグッドウッド

6〜7
 寮のいざこざをまとめるのは、寮長と最上級生の仕事
 で、イベントが決行されます
 野うさぎと猟犬ゲ〜ム〜

 野兎はアーネストとスタンレー
 二人は団結して、猟犬役から逃げ延びて、絆もちょっぴりできました

 途中で野兎が消えて
 グッドウッドたちはちゃんと見ていたんですけど
 エドガーがアーネストを心配して合流
 レースは野兎の勝利で終わりました



8、
 スタンレーがアーネストを嫌うのは紫の瞳のせいで
 同じ色の瞳の親友を亡くしていたから、ってわかってきました
 
 さて、寮は休暇になり、アーネストは伯爵家であるエドガーの城へ
 アーネストの生母・マーガレットが、エドガーの叔母にあたり
 マーガレットを溺愛していた爺様が、城ではアーネストを待ちかねてます

 アーネストはマーガレットの紫の瞳をはじめ、とっても似た子なのね

 でもって、マーガレットはアーネストを出産の時に亡くなってまして
 その出産の引き金になったのが、エドガーが階段から落ちるのを助けたことで
 爺様はエドガーを無視してます

 嫌な爺だ・・

 でも、アーネストは良い子で、みんなの絆になりたいな〜って

 エドガーは貴族の次男で、聖職者が軍人になるしかないんだけど
 政治がやりたい、って
 手始めが寮長になることだ、って

 さて、アーネストがパパたちの待つ家に行くと
 幼馴染のキャサリンが、零落して消えてました
 キャサリンの家庭教師だったミス・ラベッジは、アーネストの妹たちのとこへ再就職

 そんなこんなの中、アーネストは寮へと戻ります

 


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

ガーフレット寮の羊たち(1) もとなおこ 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

ガーフレット寮の羊たち(1) 外国が舞台の歴史漫画



 ようこそ、自由と規律を学ぶ園へ!
 これがジェントルマンの育ち方

 すごい!
 BLなんかで英国寄宿舎ものとかけっこうありますが
 こちらは、絵柄は目だまが大きい、お花が散ったがっつり少女漫画の画面ではありますが
 時代考証ばっちりの労作です!

 まさに、サブカル



ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)


ガーフレット寮の羊たち(1) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 ようこそ、自由と規律を学ぶ園へ!
 これがジェントルマンの育ち方

 1870年のイギリス
 13歳になったジェントリー階級の子息・アーネストは
 パブリックスクールのウィンザー校(コレッジ)に入学する

 そこで体験する貴重な出来事と
 個性的な生徒たちとの出会いは・・?

 花咲ける英国学園ロマン




ガーフレット寮の羊たち(1) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



 このマンガ、「コルセットに翼」シリーズ(全10巻。全巻あらすじ、ネタバレしてます)と同じ作家さんで
 私的には、作家買いで読み始めた漫画です

 でも、アマゾンのレビューとか見ると
 この絵柄がダメ!っていう人もいるんですね

 そうか・・

 残念だ・・

 もとなおこ作品は、ヴィクトリア時代の小物や時代背景の、作者の造詣がハンパなくて
 それはきちんと描かれてます

 今回も寄宿舎ものですが

 13歳の少年が寮暮しを始める不安と
 社会的には大人ではないけど、寮の中では大人役の最上級生の立ち位置などが
 とても興味深く描かれてます

1、入寮
2、親睦会
3、ファグ・マスター
4、ファグ・ボーイ

1、日本人でも知ってる、寄宿生名門学校には「イートン校」があります(現在もあります)
 アーネストが入るのは「ウィンザー校」

 日本でもその傾向がありますが
 爺さま、父上の母校へと、息子は入ります
 入寮していきなり、女性が夜に徘徊し
 なんだ、幽霊だ、って、当たりまえにいうとこは、
 イギリスに幽霊が当たり前にいるって感じでおもしろかった(^^)



2、新入生4人が同室ですが
 いきなりそのうちの一人、スタンリーに、アーネストは嫌われます

 さて、寮みたいな団体生活をすると
 だれがその群れのリーダーか、ってのは、けっこう速くにわかりますね

 アーネストは新人組のまとめ役に決められ(たて前では背が一番高いから)
 まとめ役は、寮長のファグになるんですが
 なんか、いろいろ問題がありそう・・

 でもって
 アーネストはスタンリーにハメられて、雨の中寮に帰るとき
 馬車にはねられそこなって、馬車の主に抱きかかえられて寮に戻ります

 その青年はレスターベリー
 侯爵の息子でした(^^)
 


3、真面目なアーリントン
 やんちゃなキャンベル
 内気なシャディ
 気難しいスタンリー
 だれが、監督生のフォグになるか
 
 このファグ選びってのもけっこうむずかしいらしく
 アーネストたちの1年上のベネット、っていう子は
 色々プレッシャーで人格分離して、夜、女装して夢遊病するようになってました(1話の女の子ね)

 さて
 レスターベリーは、次期寮代表の座を狙っていて、いろいろ画策してます



4、寮長になるには、優秀なフォグが必要、ってレスタベリーは思っていて
 あと、寮長のグッドウッドに対抗意識があって、彼が欲しがるアーネストを横取りしてます
 
 さて、ファグは監督生の従僕、みたいなもんで、いろいろ雑用をさせられますが
(だからこそ、優秀なファグが、レスターベリーは欲しかった)

 アーネストは、レスターベリーが寮長になるためにいろいろ情報網を作っているのを知らされ
 さぁ、いよいよ学生生活が始まります




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:49 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする