外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(1)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年07月03日

ガーフレット寮の羊たち(6)  もとなおこ 最新刊で最終巻 時代考証バッチリのジェントリー階級漫画。ちょびっとBL あらすじ、ネタバレ注意

ガーフレット寮の羊たち(6) 大好きな漫画



 終わっちゃったな〜
 もう少し、この漫画の世界観にひたっていたかった・・

 ただ、学生生活1年を全6巻で描いた、っていう「期間限定」の構成が始めにあったようなので
 仕方ないかな・・

 レスターベリーはアーネストたちが、社交界デビューして
 オトナの男として、女性たちに取り巻かれるとこがみてみたいな〜

 グッドウッドは、個人教授(男)との関係を清算するようですが
 女性と結婚するんだろうか・・?



ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)
ガーフレット寮の羊たち(5)
ガーフレット寮の羊たち(6)


ガーフレット寮の羊たち(6) あらすじ



 1870年代のイギリス。
 ウインザー校に入学し、さまざまな出来事を経験したアーネスト。

 季節は移り変わり、次期寮長がレスターベリーとサイレントに絞られてきたある日、
 ガーフレット寮では不思議な出来事が…! ?

 そして、寮長に選ばれたのはいったい…! ?

 さらには、予想だにしなかった人物が現れて…! ?

 紳士の卵たちが紡ぐボーイズ・ロマン、感動の最終巻! !




ガーフレット寮の羊たち(6) ネタバレ



 もとなおこ、さんの漫画は
 少女漫画的な、目のまんまるな絵柄ですが
 全体のバランスなどのデッサン力は確かで
 小物や、雑貨などの描きこみもきれいで
 登場人物の顔のかき分けもきっちりしていて
 本当に、大好きです
(若い作家さんの中には、登場人物の顔の見分けのつかない人もいる・・)

 さて
 6巻は最新刊で最終巻
 
 漫画の流れでは第三章
 1871年の春夏学期となります

1、シェイクスピアの庭
2、創立記念祭
3、羊たちの今日の花

 の三つが収録されていて
 このガーフレット寮
 というかイギリス人って、幽霊が古い屋敷にいることは
「当たり前」だと思っているふしがあります
(ハリーポッターとかを見てもね)

 ま、日本人も
 幽霊、とまでは言わなくても
 亡くなった爺ちゃんや婆ちゃんがアソビに来る(お盆とか)って感性を
 けっこう受け入れてますからね〜

1、
 で、シェイクスピアの庭を作らせた、3年前に卒業したマクニール
 彼はイタリアで療養中に亡くなったようですが
 楽しかった寮生活をしのんで、ガーフレットに来ちゃいました

2、
 創立記念のお祭りの日、もとガーフレット寮の卒業生が
 国家叛逆罪(スパイとして潜入したはずが、敵の手先になった)と疑われ逃げ込みます。
 敵情報のヒントをグッドウッドに伝えますが
 グッドウッドはじめ、寮生たちは彼が裏切者ではない、と信じて
 彼のヒントを解いて、テロリストを見つけ、彼の疑いを晴らします
(疑われていたから、国に言っても信じてもらえない状態だった)
 後輩たちが、一片の疑いも持たなかったことで
 彼は今一度、英国の為に(後輩たちのために)戦うことにします

3、
 グッドウッドが卒業するのを受けての新しい寮長が決まった
 レスターベリー
 彼と同等で、駒とはならないサイレントを副寮長に決めて
 新しい体制が始まります

 夏休みの2か月で、アーネストはキャサリンと婚約し
 声変わりして、新学期に寮へと戻ります

 そして、グッドウッドの5歳年下の弟がインドから戻って寮に入りました
 そっくりな顔で、レスターベリーのフォグになります(^^)

 クリスマス、卒業生を招いてのチャリティー
 ああ、いい終わりかただな〜

 ってことで、終わりました

 イギリスの寮生活に男同士の恋愛は暗黙の了解で
 でも、それが公になると処罰の対象です

 そういう、抑圧された関係がまた、いいですね〜

 とっても面白かったです
 このシリーズは、古本屋には売らないの


1、ハーレクインとかのイギリスジェントリー以上階級の話がすk
2、エロのないBLは許容範囲(とか、好物)
 の方も含めて
 イケメン男子がてんこ盛りの寮生活漫画が読みたい方におススメです

 既刊6巻をまとめて読むのが、いいですよ(^^)


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)






 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 22:32 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

ガーフレット寮の羊たち(5) もとなおこ 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

ガーフレット寮の羊たち(5) 外国が舞台の歴史漫画


 英国の郷士以上、貴族社会にいきる男子の全寮生活を描く漫画です
 時代考証がばっちりですね

ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)
ガーフレット寮の羊たち(5)

ガーフレット寮の羊たち(5)のあらすじ



 1870年代イギリス。
 ウインザー校に入学し、さまざまな出来事を経験したアーネスト。

 季節は変わり、ガーフレット寮ではしばしば次期寮代表が誰になるのか?
 ということが話題になるようになってきた。

 そんな折、アーネストの身に突然、想像もしなかった嵐のような事件が襲いかかり…!!? 

 紳士の卵たちが紡ぐボーイズ・ロマン!!



ガーフレット寮の羊たち(5) ネタバレ



 このマンガ、「コルセットに翼」シリーズ(全10巻。全巻あらすじ、ネタバレしてます)と同じ作家さんで
 私的には、作家買いで読み始めた漫画です


第二章・1871年・四旬節学期
4、アッシュ・ウェンズディ

第三章・1871年・春夏学期
1、イースター・サンデー
2、セント・ジョージ・ディ


4、アーネストの父上が急死します
 男の子がいないと、相続権がなくなりますが 
 アーネストがいるので、相続は安泰です・・
 でも、アーネストの母の父、は
 アーネストの継母である後妻を、家庭教師あがり、と嫌っていまして
 彼女を追いだそうとします
 理由は、アーネストの実家が放漫経営でお金がないから
 その援助と引き換えに、って感じです

 アーネストは断り、そこにレスターベリーが来まして
 侯爵家の優秀な会計士を送ろう、って約束してくれます
 
 アーネストはフォグマスターのレスターベリーと仲良くなって
 その関係が、アーネストを大事にしてきたエドガーには面白くない・・

1、堅信礼
 日本語の訳ってすばらしい
 文字どおり信仰をかためる儀礼式です
 生まれてすぐ洗礼を受ける時は赤ちゃんだから、なんだかわからない
 で、14歳ころに、自分の意思で信仰を受け入れるわけですね
 身内の死、とか自分がゲイである、とかを経験すると
 すなおに神を受け入れられないことがあります 
 アーネストも父の死で信仰がゆらぎ、それが理由ですが
 自分の実母の死や、早すぎた父の死に、従兄弟のエドガーがいろいろ責任を感じているので
 それを打明けられない・・
 でも、いろいろ乗り越えて、無事に儀式を受けました

2、竜殺しのセント・ジョージ
 日本の桃太郎みたいに、ものすごく有名なお話
 で、それにのっとって生徒がお姫さまに女装して、お芝居するイベントを
 学校ぐるみでやります(文化祭?)
 そのイベントで、寮に裏切者がいるのか?って疑いが生まれての顛末

 寮長になること
 そして寮長全体のトップに立つことは
 将来のイギリス社交界でけっこう大きな意味をもつことらしいです(当時のお話)
 アーリントンがサイレントに譲って、敵を欺いてガーフレット寮の名誉を守りました(^^)
  


 とっても面白いです!
 次巻が楽しみ(^^)

 あ、これ次巻で終わりみたい
 ちょっと残念です
 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されて面白かった原作タイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

ガーフレット寮の羊たち(4) もとなおこ 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

ガーフレット寮の羊たち(4) 外国が舞台の歴史漫画 


 19世紀が舞台なんで、車も電気もありますが
 貴族の地位が高くて、貧富の差が激しいのは、第二次大戦後まで続きますね

ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)


ガーフレット寮の羊たち(4)外国が舞台の歴史漫画 あらすじ



 ようこそ自由と規律を学ぶ園へ!
 これがジェントルマンの育ち方。

 1870年代のイギリス。

 ウインザー校での生活にも少しずつ慣れてきたアーネスト。
 冬休みに入り、
 かねてから気掛かりだった、行方不明の幼なじみ・キャサリンを探す旅にレスターベリーとともに出かける。
 
 たったひとつの手掛かりはキャサリンの手紙にあったマザーグースの詩。

 しかし、ハプニングだらけのふたりの旅は予想もしなかった大事件に巻き込まれることになって……! ! ?

 紳士の卵たちが紡ぐボーイズ・ロマン! !




ガーフレット寮の羊たち(4) 外国が舞台の歴史漫画 ネタバレ



 このマンガ、「コルセットに翼」シリーズ(全10巻。全巻あらすじ、ネタバレしてます)と同じ作家さんで
 私的には、作家買いで読み始めた漫画です


第二章・1871年・四旬節学期

1、セント・アイブスのチェシャ猫
2、小夜鳴き鳥へ
3、2月の恋

1、
 アーネストは新学期前、クリスマスに実家に帰りました
 後妻である今のママが生んだ二人の妹も元気ですが
 アーネストが気になるのは、実家の破綻で消えたキャサリンの行方

 ケンブリッジ大への下見もしたい、っていうレスターベリーに
 一緒に行こうと誘われて、キャサリンの残したヒントを追ってケンブリッジ町へ
 そしたらそこに、先生のとこに泊まったグッドウッドまでいました

 で、先日グッドウッドがぶつかったキャスパーという男の子
 それがキャサリンでした

 で、グッドウッドが納屋にあった死体を発見
 キャスパーが犯人を見てるかも、ってグッドウッドが気付いて
 場所で逃げる犯人から、拉致られていたキャスパー=キャシーを助けました

 
2、
 1866年のお話
 今から5年前で、グッドウッドが入学したころのお話です
 聖歌隊のピアースと出会い、彼を愛し始めて頃


3、
 次期寮長候補はレスターベリーですが、
 グッドウッドはサイレントと呼ばれるカールトンを押しました

 でもって、グッドウッドの名サブであるハワードのとこに美女の訪問者が

 試合でグッドウッドが捻挫して、ハワードが寮長代理になりました

 でも、ハワードは婚約者の父上が急病で
 結婚することになって・・

 みんなの応援で、学校やめて結婚して、継ぐことになりました(^^)

 ハワードとグッドウッドは同室から始まった長い仲で
 誇り高いグッドウッドが、ハワードが退学するのに「さみしいな・・」って本音をポロリ

 ハワードが退学して
 彼はレスターベリーとカールトンの二人を副寮長に推薦しました

 さて、次期寮長は誰になるのかな(^^)


 とっても面白いです!
 次巻が楽しみ(^^)
 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする