外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年04月16日

ヴィンランド・サガ(14)幸村誠 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(14) 外国が舞台の歴史漫画



 ド迫力の作画にものすごい時代考証
 14巻の100話で一応の終結ですが長かった・・(^^;)

 11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台にした漫画で
 2005年4月(今2014.3月だから9年前か〜)に『週刊少年マガジン』(講談社)で連載開始
 でも週刊連載に幸村の執筆が追いつかず、2005年10月に同誌での連載を終了。
 同年12月より『月刊アフタヌーン』(講談社)にて月刊ペースの連載を再開

 2008年の時点で累計120万部を突破
 2009年、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。
 2012年、平成24年度(第36回)講談社漫画賞「一般部門」受賞。

 私は10巻くらいで大人買いの一気読みして、それからは新刊がでるごとに買ってました

ヴィンランド・サガ(1) ヴィンランド・サガ(2) ヴィンランド・サガ(3)
ヴィンランド・サガ(4) ヴィンランド・サガ(5) ヴィンランド・サガ(6)
ヴィンランド・サガ(7) ヴィンランド・サガ(8) ヴィンランド・サガ(9)
ヴィンランド・サガ(10) ヴィンランド・サガ 11 ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13) ヴィンランド・サガ(14)




ヴィンランド・サガ(14) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 奴隷の身分から解放されたトルフィンだが、農場を去る前にやり残したことがあった。
 それは、かつての同朋クヌート王が始めたこの戦争をやめさせること。
 クヌートは今やイングランドとデンマークの統一王となっている。
 奴隷の身なりのままでは近衛兵に阻まれて会うことすら出来ない。
 どうするトルフィン! 

 これにて奴隷編完結 そして、新たな旅が始まる!





ヴィンランド・サガ(14) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ



94. 降伏勧告
95. 忘れ物
96. 無敵
97. 叛逆の帝王
98. ふたつの楽土
99. 船出
100. 帰郷

 農場の寄せ集め兵士と
 王様の近衛士官とはくらべものにならず、戦闘は虐殺になる
 クヌートはケティル家の財産が接収できればいいので降伏を勧めるけど、長男のトールギルが戦闘続行を望みます
 でもね、次男のオルマルは降伏する、って。頭下げる勇気が持てたの、成長したの。

 さて、奴隷解放されたトルフィンは、とっとと消えればいいんですが
 爺様には恩があるし、農場の惨状を見かねて舞い戻り、特使としてクヌートへの謁見を試ます。

 クヌートは当初無視して通り過ぎるんですが
 トルフィンは100回の殴打を耐え抜くことでトールズの息子という自らの血統を証立て、回りの近衛士官たちの尊敬を受けて、王への謁見にこぎつけます。

 数年の時を経て邂逅した二人は、それぞれが異なる方法で理想を目指している事を知る。
 トルフィンの「ヴィンランド」への思いを聞いたクヌートは接収を取り止め、兵を引き
 そして、もともとお金が必要だったのは、デンマーク支配のための軍を置く費用だったんで
 デンマーク軍を撤退させますが、イギリスで内乱は起こりませんでした、って

 この漫画は史実と創作が入り混じっていて、そこが魅力ですが
 クヌート王が、殺伐王から理性に王に戻ったとこが良かったわ〜

 トルフィンは地元に帰り、母上と再会し、結婚した実姉とも再会しますが
 どこほっつき歩いてたんだ!!
 って姉様にぶっとばされて、白目向いて、そこで終わりです

 この先、連載続くのかな〜(^0^)

 とりあえず、奴隷編は終わりました



 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意
 のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 12:27 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする