外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月19日

ヴィンランド・サガ(13)幸村誠 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(13) 外国が舞台の歴史漫画


 ヴィンランドとは
 昔、アメリカ大陸についていた名前です
 バイキングは、はるばるアメリカ大陸に上陸していたんです!
 ってことを
 このマンガで知りました
 すさまじい画力の、名作だと思います。 


ヴィンランド・サガ(1)
ヴィンランド・サガ(2)
ヴィンランド・サガ(3)
ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5)
ヴィンランド・サガ(6)
ヴィンランド・サガ(7)
ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9)
ヴィンランド・サガ(10)
ヴィンランド・サガ(11)
ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13)
ヴィンランド・サガ(14)
ヴィンランド・サガ(15)



ヴィンランド・サガ(13) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ


 イングランド、デンマーク統一王クヌートは
 財政難解決のため、
 ケティル農場接収を目論み、
 ケティルの二男・オルマルを罠にはめた。

 そのことに気付いたケティルたちは
 レイフ・エイリクソンの船で農場へ逃げ帰る。

 クヌートも精鋭を率い、その後を追う。

 その間に
 ケティルの寵愛厚い女奴隷アルネイズは、
 元夫・ガルザルの逃亡を幇助する。

 だが、ガルザルは逃亡に失敗し、その命を落とす。

 アルネイズの裏切りを知ったケティルは……。



ヴィンランド・サガ(13) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意


 このシリーズは
 え〜、この人死んじゃうの〜
 って人が沢山お亡くなりになるので
 先が読めません・・・

 今回
 ふてぶてしく王座をまもるクヌート王が
 それと知らずに、トルフィンと接近遭遇します

 イギリスでの親衛隊維持費のために
 デンマーク全土からの増税を選ぶより
 豪農・ケティルをぶんどることにした王

 王(権力者)ににらまれたら、どうにもならないこの時代
 法廷にうったえる、なんてこともできないしね
 ケティルも
 助からない、ってわかっているけど
 自分の土地を黙って差し出す気にはならない

 そんな理不尽さを
 アルネイズに慰めてほしかったけど
 アルネイズが裏切った、ってことで
 ケティルは彼女を撲殺します

 トルフィンは、彼を探していたレイフ叔父さんと再会
 奴隷から解放されますが
 愛するアルネイズを殺されてエイナルが狂乱
 復讐に走ろうとするエイナルを
 トルフィンが止め
 ともに、戦いも奴隷もいない国
 ヴィンランドをめざそう、ってことになりました

 さて
 次巻の発売日は1年後かな
 クヌート王とトルフィンが
 顔を合わせるのかな?



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

ヴィンランド・サガ(11)幸村誠 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(11) 外国が舞台の歴史漫画



幸村誠作
11世紀のヨーロッパのお話です
バイキングが北欧を荒らしまわっていた時代。

イギリスは、一度デンマーク王家の支配をうけます。

その史実にのっとって、トルフィンという名の少年が主人公となる大河ドラマです.

ヴィンランド・サガ(1)
ヴィンランド・サガ(2)
ヴィンランド・サガ(3)
ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5)
ヴィンランド・サガ(6)
ヴィンランド・サガ(7)
ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9)
ヴィンランド・サガ(10)
ヴィンランド・サガ(11)
ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13)
ヴィンランド・サガ(14)
ヴィンランド・サガ(15)


ヴィンランド・サガ(11) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 イングランド・デンマーク2国の王位についたクヌートは、覇業を加速するべく有力な豪族たちの土地の接収を密かに決意。
 その最初の標的は図らずもトルフィンがいるケティル農場となった。

 王と奴隷、まったく別の道を進んでいたクヌートとトルフィンの運命は、
 激突する形で再び急接近を開始した。





ヴィンランド・サガ(11) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ



 11世紀、ヨーロッパ中に恐怖を撒き散らした戦闘民族、ヴァイキング。
 その中でも最強の戦士「ヨームの戦鬼」と恐れられた男・トールズは息子を授かり、トルフィンと名づけた。
 最強の武力を誇りながら戦争を嫌い、剣を捨てて本当の戦士になろうとしたトールズはしかし、
 幼い息子を残して戦死した。
 トルフィンは戦場で戦いながら成長し、やがて精強な戦士となった。
 
 が、自分で討つはずの父の仇を殺され、逆上したトルフィンは王族・クヌートに切りつけ
 奴隷に落とされて、辺境に送られる
 戦場で育ったトルフィンにとって、はじめての農場生活が続き

 って感じが前巻までのお話

 でもって11巻では
 デンマーク王家のクヌートさんが再登場
 この王子さまはイケメンの線の細い王子だったんですが、10巻前の頃にいろいろありまして、冷血な王様に(覇王に)なりかかっとります。(11巻で)
 
 トルフィンがいるとは知らずに、ケティルを襲う、クヌート王

 戦いが始まります・・


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 10:09 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィンランド・サガ(12)幸村誠 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(12) 外国が舞台の歴史漫画



 これ、最初はどなたかのレビューで拝見して
 絶賛されてたので大人買い
 それから
 新刊が出る度に購入してますが
 新刊、なかなか出なくて・・。

 このマンガは
 日本ではあまりなじみがない
 英国がバイキングの支配下にあった時代の物語で
 内容からみて
 史実をベースにしてますね。


ヴィンランド・サガ(1)
ヴィンランド・サガ(2)
ヴィンランド・サガ(3)
ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5)
ヴィンランド・サガ(6)
ヴィンランド・サガ(7)
ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9)
ヴィンランド・サガ(10)
ヴィンランド・サガ(11)
ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13)
ヴィンランド・サガ(14)
ヴィンランド・サガ(15)




ヴィンランド・サガ(12) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 奴隷となったトルフィンが暮らす農場に、
 逃亡奴隷ガルザルが侵入した。

 凶暴で腕の立つガルザルは
 農場の用心棒たちを退け、
 女奴隷アルネイズを強奪しようと暴れ回る。

 かつてガルザルとアルネイズは夫婦で、
 戦に巻き込まれて奴隷に転落、
 ガルザルは妻を取り戻そうとしていたのだった。

 実情を知ったトルフィンと奴隷仲間エイナルは、
 二人が幸福を取り戻す方法はないか思いをめぐらせ、
 二人の逃亡を手助けしようと行動を開始する。







ヴィンランド・サガ(12) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



 ものすごい画力です
 資料とかもすごく調べてる感じです

 作者は幸村誠氏

 主役のトルフィンの農場に侵入者

 この侵入者、ものすごい強さですが
 実はトルフィンたちと同じ奴隷のアルネイズの夫・ガルザルでした

 すでに手負い
 記憶ボロボロ
 それでもで農場の用心棒をぶちのめし
 アルネイズを連れ出そうとする

 トルフィンの、超絶武闘が久々に書かれます

 物語は
 切ないですけどね。



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 10:08 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする