外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月22日

クリスティ・ハイテンション(2)新谷かおる 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

クリスティ・ハイテンション(2) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 きっちり時代考証されてて
 おもしろいです(^^)

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)
クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)


クリスティ・ハイテンション(2) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ


 世界で最も高名な人物。
 シャーロック・ホームズの姪・クリスティが繰り広げる名推理。

 彼女を支える魅力的な女性たち。

 鞭使いのメイドのノーラ。
 二挺銃を使う普段は貞淑だがキレると怖いアンヌ・マリー。

 そして事件を通じて出会った
 家庭教師のグレース・ダンバー。

 周囲の温かい目に見守られながら成長していくクリスティ。

 2巻で彼女が直面する事件は、
「サセックスの吸血鬼」。
「踊る人形」。






クリスティ・ハイテンション(2) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



「サセックスの吸血鬼」。
 この中に
 ミナ・ツェぺッシュが登場します
 ダンス・イン・ダ・ヴァンパイアバンド
 というマンガシリーズの主役です
 2巻は
 コラボマンガなんですね(^^)

 さて
 クリスティが推理に没頭するのは
 両親がインドに行っていて
 たった一人の伯父が名探偵だから
 伯父に認められるために、ってことがある、って
 家庭教師は見抜きます

 で
 今回、同じ階級のコニーから
 叔母が吸血鬼じゃない、って証拠を、って頼まれての旅行で
 家政婦たちは
 同じ世界のお友達ができた、ってホクホクで
 真相を知るアンヌマリーは
 秘密が心臓に悪くて、早死にしそうです

 さて
 犯人は後妻とその子を憎む
 先妻の息子で
 後妻がクビから吸血したのは
 息子に毒の矢に刺されたのを吸い出そうとしたから

 クリスティは釘が刺さって死にかかりますが
 ミナが吸血鬼の力で助けてくれます
 タフで長生きする女になるようです(^^)

 

「踊る人形」。
 
 これは、原作通り
 踊る人形の暗号
 シカゴから逃げてきた組織のボスの娘は
 イギリスで幸せな結婚をしたのに 
 ボスの片腕が追いかけてきて
 暗号で会いたい、って
 断ったら
 夫が片腕を撃ち
 片腕が夫を撃ち
 夫は死亡
 ボスの娘で妻も後追いで自分を撃ちました





 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 14:27 | TrackBack(0) | クリスティ・ハイテンション(19世紀英国)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスティ・ハイテンション(1)新谷かおる 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

クリスティ・ハイテンション(1)  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画 



 新谷かおるさん
 なが〜いキャリアのマンガ家さんですが
 あらゆるシリーズが
 みんな水準以上に面白いとかがすごい!

 今回はイギリス貴族もの(ヴィクトリアン
 ホームズの姪っ子が謎解きしていきます
 オマージュ満載です(^^)

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)
クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)

クリスティ・ハイテンション(1) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 霧深き19世紀ロンドン。
 わずか数平方マイルに数百万もの人々がひしめき、
 彼らが望み、企み、絶望するがゆえ起こる
 幾つもの難事件。

 名探偵と名高きシャーロック・ホームズの
 姪クリスティがつまびらかにする真実が
 人々を救い導いていく。

 今日も彼女は事件と出会う…。

 伯父に劣らぬ明晰な頭脳で
 真実を射抜く可憐な美少女クリスティ。

 そして彼女を支える
 ひと癖もふた癖もあるメイドたち

 ノーラとアンヌマリー。

 彼女達の前に、悪しき策謀は瞬かない!

クリスティ・ハイテンション(1)

クリスティ・ハイテンション(1)
著者:新谷かおる
価格:580円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




クリスティ・ハイテンション(1) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



マゼランの宝石
 有名なお話ですが
 さて
 クリスティのママがホームズの妹、って設定です
 このお話の面白いとこは
 クリスティの名推理と
 少女を支えるメイドたち
 ノーラはムチの名人です
 蛇の舌、という対人用のムチを操ります


 

ソア橋の事件
 田舎の館
 カントリーハウスにいた時の事件
 隣(っていっても遠いけど)の館で
 奥様が橋の下で死体で発見され
 犯人は家庭教師だとか
 凶器は銃
 でも、なんか変、ってことで
 クリスティが出動

 自殺、ってクリスティもホームズも考えました
(原作はそうです)
 でもこのマンガは、もうひとひねり

 家庭教師に犯人役をかぶせたのは
 一家の養子でした
(原作にこの子はいないの)
 メイドのアンヌマリーが
 太ももに拳銃仕込んでて
 かっこいいです(^^)


赤髪同盟
 ソア橋事件の家庭教師
 グレース・ダンバースが
 クリスティの住み込み家庭教師になりました

 赤髪同盟は
 原作通りの顛末でした




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 14:25 | TrackBack(0) | クリスティ・ハイテンション(19世紀英国)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

クリスティ・ハイテンション(7)新谷かおる 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

 クリスティ・ハイテンション(7) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画 


 7巻にして最終巻
 時代背景はヴィクトリアン
 ホームズの姪、という設定
 7巻で最終巻ですが、クリスティが成長しての続編が
 続いてます。

クリスティ・ハイテンション(1) クリスティ・ハイテンション(2)
クリスティ・ハイテンション(3) クリスティ・ハイテンション(4)
クリスティ・ハイテンション(5) クリスティ・ハイテンション(6)
クリスティ・ハイテンション(7)
クリスティ・ロンドンマッシブ(1) クリスティ・ロンドンマッシブ(2)






 クリスティ・ハイテンション(7) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 5年ぶりに
 両親とまだ見ぬ弟がロンドンに帰国する
 とはしゃぐクリスティ

 同じ頃
 ロンドンを騒がす新たな殺人事件。
 その死体は謎の手管で殺されていた。

 やがて明らかになる殺人者の姿。

 だがまだ見ぬ殺人者の真の狙いは
 クリスティ・クリスタル・ホープその人だった。

 殺人者に立ち向かうクリスティたち。
 ホープ家の一番長い一日が始まる







 クリスティ・ハイテンション(7) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意


「スマトラの大鼠」事件

 シャーロックホームズが解いた事件
 と
 名前だけ本に書いてあるいくつかの事件のうちの一つ

 タイトルだけなので
 その事件の中身は
 取り上げた作家それぞれで違う、という
 遊べる作品の一つ

 名うてのカナリア教練師
 と同じ感じ
 と思えばいいですね

 7巻は
 最終巻にふさわしく、いろいろとド派手です

 インドの政治に関わるホープ卿
 彼らを抹殺せんとする
 はるばる海を越えてやってきた
 インドの太守(マハラジャ)の手先の暗殺団と
 それを阻もうとする海賊<スマトラの大鼠>

 ロンドンの館を守るのはクリスティ
 そして
 やり手のメイドたち

 しっかり、撃退しますけどね(^^)





 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 12:20 | TrackBack(0) | クリスティ・ハイテンション(19世紀英国)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする