外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(24)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月20日

王家の紋章(20) 細川智栄子 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意 

 王家の紋章(20)  外国が舞台の歴史漫画


 1976年開始ですからね〜
 今2012年だから、36年前か・・。


王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)




王家の紋章(20) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、ネタバレ注意


 メンフィスの反対を押し切って、ミノア王国の少年王・ミノスを看病したら、ミノスの隠された兄で異形のアトラスに横恋慕され(ミノスにも惚れられ)、相変わらず人気者のキャロル
 
 メンフィスがキャロルを迎えに行くと、キャロルはヒッタイト王子のイズミルにかっさらわれたあと
 毎度のことながら、助けを求めるキャロルと、追っかけるメンフィスと、逃げるイズミル王子という図式です

 今回は、キルケーという魔女が幻覚剤を使ってキャロルの心からメンフィスを忘却させてまして
 青銅の剣をつくるための錫が、ヒッタイトに押さえられて、さ〜、大変的な感じです。

****

 王家の紋章
 完結しない、ってどこかの記事で読みました
 作者が死んだら、そこでおしまいだそうです
 グイン・サーガとかの先例もありますしね
 細川智栄子さんは1935年生まれ。2012年現在77歳です。

 1巻で、メンフィスは若くして死んでいる、ってあるから、そこが縛りだと思うんですが
 メンフィスが死んだら、キャロルは現世に帰還して、昔のこともだんだん記憶から薄れて、とかに
 なるのかな、と思ってたんですけどね






 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

王家の紋章(19) 細川智栄子 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

王家の紋章(19) 外国が舞台の歴史漫画


 王家の紋章
 細川智栄子さんの作品です
 もう20年以上になりますね〜
 ガラスの仮面と双璧の長さです

 新書版の方は50冊越えてます。
 本棚いっぱいですね
 私は文庫化待ち派です。
 でもなかなか、出版されない(^^;)

王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)


王家の紋章(19)  外国が舞台の歴史漫画のあらすじ、ネタバレ注意



 相変わらず、さらわれてますキャロル
 今回はエーゲ海ミノア王国から、アトラスという巨人?人外王子?に迫られて、脱出したら今度はイズミル王子ゲットされてしまいます。

 メンフィスさんに追っかけられて、何とか合流したくてもできないキャロル

 メンフィスさんはミケーネ王にヘッドハンティングされそうですが(メンフィスのこと、エジプト王だと気付かないって、変じゃないか?)なんとか撃退して、、キャロルをおっかけていきます。

 この調子でエジプトを中心に、古代史を紹介するみたいに、キャロルはさらわれ続けるわけですね。
 水戸黄門漫遊記みたいに、お決まり、ってことで。

 ☆4つ(このまま、未完で終わってほしくないな・・)







 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 09:17 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする