外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(19)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(8)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年06月18日

王家の紋章(18) 細川智栄子 外国(古代エジプト)が舞台の歴史漫画

王家の紋章(18) 外国が舞台の歴史漫画


 単行本は50巻を超えてまして
 1〜3冊で文庫本1冊になります
 文庫本も、なかなか出版されない・・

王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(18) あらすじ、ネタバレしてます



 ミノア国の祝祭で、あばれ牛に襲われ
 全身打撲と足首の捻挫で、ミノア国に足止めされたキャロル

 一方エジプトでは、カプター大神官に体で取り入った奴隷のメクメクが
 貴族の娘、と偽って居座ることに成功してました
 でも、大神官はそれが嘘だ、ってわかってる
 星見をする人なんで、波乱が起こるって予知してて、その手ごまに彼女を使うつもりらしい・・

 そしてミノア国
 痛みで祝祭が見られないなら、温泉のでる火の島で保養しては、って皇太后が誘います
 彼女はキャロルをエジプトに返すつもりがなく
 火の島(サントリーニ島?)に隔離する予定なんですね〜

 さて、キャロルが火の島に行った、って知って、火の島におっかけてきたイズミル王子
 島の守護神のようなアトラスに、小舟を鎮められ手傷を負って島に流れ着きます
 そこで、島でアブナイ作業をさせられている、アテネからの奴隷たちと遭遇、助けられます。


 そしてアトラスは、恋しいキャロルが来て、つのる気持ちが抑えられない。

 キャロルの側をうろつくのをテティに見られて「化物が出た!」って大騒ぎになります。
 そんな中、皇太后がやってきてミノス王に耳打ちして
 キャロルと結婚しちゃえ、って
 ミノス王は、ちょっとためらったけど、欲に負けて母に従うことにして
 キャロルをだまくらかして、王族の婚姻の間である「奥ノ院」のキャロルを連れていきます

 そこは、女性がわの道を行くと、失神させちゃう霧が出ちゃう、というとんでもないとこで
 キャロルはミノス王にベッドに連れ込まれますが
 アトラスが「母は私の気持ちを知ってるのに?!」って怒り狂って
 ミノス王から失神中のキャロルをゲット
 追手がこれないように、強力で壁を壊して逃走します

 皇太后は、アトラスの反抗にびっくり
 キャロルを連れ去ったと知って、説得に走ります

 奥ノ院の意味することを知らずに、待っていろ、と言われて待ち続けていたルカやウナスは
 キャロルが出てこないのでいらだって
 でも、地震で壁がくずれて救護作業中だ、って言われ
 さらに、アトラスを説得できずに、アトラスに殴られて重傷をおった皇太后を見せられ
 真実はわからなくても、キャロルを助けるための傷、って言われては黙っているしかできない

 一方キャロルは、失神からさめてアトラスとご対面
 その姿に驚きはしますが嫌悪はなく
 でも、結婚を迫るのは恐怖です
 密に逃げ出すと、キャロルを探して迷い込んでいたテティと合流できまして
 二人で逃げ回ります

 ってとこで次巻へ


 

 



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

王家の紋章(17) 細川智栄子 外国(古代エジプト)が舞台の歴史漫画

王家の紋章(17) 外国が舞台の歴史漫画


 文庫版も長くなってきました
 いよいよ17巻
 16巻から、キャロルはミノア王国に行きまして、現在エーゲ海をとりかこむ島々を転々と移動してます

王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(17) あらすじとネタバレしてます



 ミノアのミノス王は順調に回復して
 当時のエーゲ海の覇王たる、ミノア国の王にふさわしくなっていきます

 で、火山島にある軍港も見せてもらって
 古代のいろんな世界を見て、うれしいキャロルです

 今回のミノア国訪問は公式なものなので
 ウナスは頻繁にメンフィスに手紙を送ってます
 軍港の存在も伝えられ、キャロルが最初の予定より長く滞在することになったのも
 イライラしながら待ってます

 帰国間際に、ミノア国の祝祭がある、って聞かされて
 つい、拝見してから帰ります、って出席しちゃうキャロルですが
 祝祭にはヒッタイトのイズミル王子が出席してました〜!!

 さて、ミノアの少年王が死ねば、ミノア国のエーゲ海への覇権がゆらぐ、って
 狙っている国たちにとってはキャロルは目障りな相手です

 キャロルと侍女のテティは、偽の使者におびき出されて迷宮に入れられますが
 キャロルの機転で出口を見つけます
 でもそこに、偽の使者たちがいて
 アテネの隣、新興国のミケーネの王様に金をもらった偽使者にテティは突き飛ばされて昏倒
 キャロルが拉致られるところを、アトラスが助けてくれました

 でもアトラスは、自分の化物の姿が見られそうだから、
 ってとっさにキャロルを抱きつぶし失神させちゃいます。

 いよいよ祝祭の前夜祭
 夜の宴に出席したキャロルはイズミル王子に詰め寄られて 
 早くエジプトに帰ればよかった、って後悔してます
 カーフラ王女の父上のリビア王とも初対面
 ミケーネ王も、ミケーネ王の使者、って騙って登場します

 ミケーネ人とはギリシャ人の祖先です。
 好戦的種族で、エーゲ海を支配していきます

 前夜祭で、キャロルがお酒にいっぷく盛られて大騒ぎになりまして
 侍女のとこに担ぎ込んできたのがイズミル王子なのでなおのこと
 ウナスたちエジプト側が厳戒態勢です

 翌朝、祝祭が始まりました
 ミノア国のミノス王は、イズミルがキャロルにご執心だった、って話を聞かされて
 それからはキャロルを徹底ガードです
 イズミル王子は、強大な国の王子だし、自分も賢いので
 邪険にされたことがなく、ミノス王の言い方に怒り心頭です

 そのミノアの祝祭には、巨大な牛を引いてきて、聖なる牛の上の飛躍して神への供儀とする
 って儀式があります

 ミノアの皇太后は、キャロルをどさくさにまぎれてかっさらおう、と画策し
 イズミル王子は、祝祭を終えて帰国する海上でかっさらおう、って画策し
 ミケーネ王は、キャロルをかっさらってエジプト王に高く売りつけたい、って思ってます

 そんな中、ミケーネ王が、牛に毒草が食べて狂乱させてそのすきに、って計画を実行しますが
 暴れ牛がキャロルを狙ったので大騒ぎに
 アマゾネスが一撃で暴れ牛をしとめますが、キャロルは全身打撲と捻挫で全治一カ月
 皇太后は、これでじっくり引き止められる、ってほくそえみます

 ってどこで次巻へ






posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

王家の紋章(16) 細川智栄子 外国(古代エジプト)が舞台の歴史漫画

王家の紋章(16) 外国が舞台の歴史漫画


 40年以上前から続く少女漫画
 タイムトリップものとしては、ギネス級の長さですね


王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(16) あらすじ、ネタバレ注意



 毒杯からメンフィスが生還したら
 ミノア王国のユクタス将軍にキャロルが拉致られかけます

 どうしてこんなことを、って詰問されたから
 キャロルが流産で死にかけたとき、助けたらミノア王を見舞うって約束した、ってユクタス将軍が

 キャロルは初めて約束のことを知りました

 メンフィスが生還したこともあり、他人さまの命も大切にしたい、って気分だったんでしょう
 10日待ってくれれば、行きますって約束します

 で、ウナスやルカを連れて、ミノア王国へ

 14歳のミノア王のミノスは虚弱体質らしく
 生母の皇太后が摂政として、政治を取り仕切ってます

 キャロルの21世紀の常識から
 ミノス王の偏食を指摘し、室内の植物だらけの二酸化炭素過多、を指摘して
 毎朝、あずまやに出て陽の光を浴びて
 新鮮な果物を朝食として食べる、って約束させます

 きれいな年上のお姉さま(キャロル)にやさしくされて
 男としての欲望も育ったミノス王は
 キャロルにふさわしい男になりたい、って頑張り初めまして
 過呼吸の発作をキャロルに助けられたこともあり
 キャロルへの畏敬の念は、ミノア王国に広がっていきます

 その頃エジプトでは
 カプター大神官に、奴隷娘のメクメクがその肉体を使って取り入ってました
 この上昇志向の肉食系女子メクメクは
 大神官の手ごまとなって、メンフィスに近づく、かもしれません(^^)

 さて、ミノア王国は当時、エーゲ海の覇者でした
 そして現代では沈没してしまったサントリーニ島にミノアの秘密の軍港があり
 そこを見学することに・・ 


 ってとこで次巻へ





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする