外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(19)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(8)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2014年11月22日

ヴァムピール特別編KING AND BARON+(1)樹なつみ  外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

ヴァムピール特別編KING AND BARON+(1) 外国が舞台の歴史漫画



 ヴァンピールシリーズのスピンオフ
 ヴァンピールシリーズは、5巻以降は連載休止中ですが
 特別編は、二巻以降がでるようです 


ヴァムピール(1)
ヴァムピール(2)
ヴァムピール(3)
ヴァムピール(4)
ヴァムピール(5)


ヴァムピール特別編KING AND BARON+(1)




ヴァムピール特別編KING AND BARON+(1) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 現在連載休止中の
 近未来ネオ吸血鬼ストーリー『ヴァムピール』からのスピンオフ・ストーリー

 本編では
 肉体を持たぬヴァムピールとして暗躍する
「男爵(バロン)」が、
 まだヒトの体に宿っていた頃の物語。

 舞台は19世紀末ヴィクトリア朝のロンドン、

 絢爛と退廃、光と闇が同衾する街…。

「男爵」と奇妙な因縁で結ばれた巡査部長・マイアズ(通称キング)、
 真正の吸血鬼・アシュレイ卿

 人外の者達が織りなす“世紀末吸血鬼譚”!





ヴァムピール特別編KING AND BARON+(1) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ注意



 4つの本当にあった事件を下敷きにしてます。

切り裂きジャック、を使った1篇

 とても有名はお話ですが
 この犯人は掴まっていません。

 本編では、犯人は、臓器売買のドクターと
 もぐりの中絶屋の娘が組んだ、ということに。

 グレイ男爵はヴァンピールですが
 オド(エネジー)を吸収すると澱が体に溜まります

 それを浄化する力を持つ人間が
 たまに生まれまして
 キング、ことヴィクトル刑事がその体質で
 バロンに見込まれ、くっつかれる、って展開です


吸血鬼だと思い込んだ男

 人を殺して、その血を飲んで
 死体は硫酸で溶かして
 下水にすてる、ってすごい犯人でした

 この作品から、バロンと因縁のある
 本物の吸血鬼が登場します
 ゲインズバラ公爵アシュレイ卿です
 イケメンです(^^)


米国史上最悪の大量殺人犯

 殺人のためにホテルを建てて
 気に入った客を殺しつづけた男のお話
 なんとそのホテルの隣が
 アシュレイ卿の御屋敷
 ってことで、キングに同行して下さいまして
 吸血鬼さんが、レギュラー化

ハンガリーの村ごと殺人

 男に殴られることが当たり前だった村の女たち。

 第一次大戦で捕虜収容所が近くにできて
 身内の男たちが戦争に行っている間
 捕虜たちと愛人関係に。
 その甘さを知ったあと
 殴る男たちが帰国したから
 男たちを始末して、まわりました。

 この事件が、アシュレイ卿の領地で起こりました
 っておとで
 またまた、イケマン吸血鬼とバロンとキングの
 トライアングルです

 以上4編
 本編であるヴァンピール5冊を読まなくても
 しっかり、物語世界に入れました
 続巻に期待します


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 14:23 | TrackBack(0) | ヴァムピール特別編(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

ヴァムピール特別編KING AND BARON+(2) 外国が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

ヴァムピール特別編KING AND BARON+(2) 外国が舞台の歴史漫画



 現在連載休止中の近未来ネオ吸血鬼ストーリー『ヴァムピール』からのスピンオフ・ストーリー


ヴァムピール特別編KING AND BARON+(1)
ヴァムピール特別編KING AND BARON+(2)

ヴァムピール(1)
ヴァムピール(2)
ヴァムピール(3)
ヴァムピール(4)
ヴァムピール(5)


ヴァムピール特別編KING AND BARON+(2) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 舞台は19世紀末ヴィクトリア朝のロンドン。
 実際にあった猟奇殺人事件を軸にしてヴァムピールであるバロンと
 ヴァンパイアであるアシュレイ卿
 「男爵」と奇妙な因縁で結ばれた巡査部長・マイアズ(通称キング)、
 ご縁のできた3人のイケメンが解決?していきます






ヴァムピール特別編KING AND BARON+(2) 外国が舞台の歴史漫画のネタバレ



『赤マントの男』
『伯爵夫人の粉』
『青ひげ』

 赤マントの男・編では
 アシュレイ卿の侍女であるシャーロットの生い立ちが

 伯爵夫人の粉・編と青ひげ・編では、
 アシュレイの兄・エドワードにバロンが乗り移ったいきさつや、アシュレイ卿を真正ヴァンパイアにした、伯爵夫人にそっくりだった美女(吸血鬼)のお話とか、登場人物の過去が描かれています。

 吸血鬼にヴァンピールという人外大魔神の間で、人間は食糧であり、斬殺される対象ではありますが
 ヴァムピールの浄化者であること以外は、ふつ〜のヘタレ人間(でもロンドン警視庁では敏腕?)のマイアズ君のやさしさやが、このお話をきれいに包み込んでいて、大好きです。

 ヴィクトリア朝のドレスや調度品なんかも、しっかり描きこまれていて、そういう点も大人の鑑賞に堪える、とっても上質な歴史マンガです。


 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


コミックはネットオフ
でも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが
新刊本を合法的に安く買う方法
も利用してます。別窓で開きます




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 14:34 | TrackBack(0) | ヴァムピール特別編(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする