外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(81)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年12月31日

碧いホルスの瞳(2) 犬堂千絵 5〜9話。毒婦ソティス  あらすじ、ネタバレ注意

碧いホルスの瞳(2) 男装の女王の物語  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 シェプスト王妃は、書記のセンムトの忠誠を得て
 王家の仕事を、夫の代わりにしていきますが

 それが武王であるトトメス2世には気に入らないんですね〜

 王家の夫婦喧嘩は、権力を巻き込むからやっかいです


碧いホルスの瞳(1) 男装の女王の物語 (ビームコミックス) [ 犬童千絵 ]
碧いホルスの瞳(2) 男装の女王の物語 (ビームコミックス) [ 犬童千絵 ]
碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語ー 3 (ハルタコミックス) [ 犬童 千絵 ]
碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語ー 4 (ハルタコミックス) [ 犬童 千絵 ]


碧いホルスの瞳(2) 男装の女王の物語  あらすじ



 ファラオになる決心をしたシェプストを
 真っ向から否定する夫トトメス2世と、その取り巻きたち。

 中でも第2王妃であるソティスの存在はシェプストを追い詰め、
 宮廷内の権力争いは激しさを増していく。

 さらにシェプストは、
 厚い信頼を寄せていた従者センムトから“ある事”を告げられ、大きな衝撃を受ける……!

 3500年前の古代エジプトに実在した、女帝ハトシェプスト。

 彼女の激動の生涯を、力強く華麗に描き出すヒストリカル・ロマン第2巻!





碧いホルスの瞳(2) 男装の女王の物語  ネタバレ



女帝ハトシェプスト
トトメス2世
第2王妃であるソティス
従者センムト

5話、灯されたかがり火
6話、黄金の国の少年
7話、紅い星の女
8話、偽らざる想い
9話、はなむけ

5話
 トトメスが対外的に戦争ばっかりするので
 内政をシェプスト王妃が視察して
 大きな神殿つくりで人が死んだりすると
 ショック受けたりします
 で、病院?にいくシェプストとかに、センムトは王権を持ってもらいたい・・。

6話
 トトメス二世を支えるアメン神官たちは、やりたい放題です
 ワワトの捕虜を還す、って提案する王妃
 食い扶持を減らすっていみで
 奴隷たちは和平締結を条件に返還されますが・・

7話
 ソティスが、トトメス王の留守にハーレムを牛耳っている、って注進する者があり
 王妃が見に行くと
 トトメス王の子を妊娠した女たちを、殺して回ってました
 で、証言してくれた先王のハーレムの婆たち
 でも、土壇場で王妃がひよって、ソティスを殺さなかったので
 婆たちが殺されてしまいます

8話
 トトメス王が帰還しまして
 ソティスは解放され、王妃が他の男の子を身ごもっていると注進します
 で、センムトが、王妃に恋してる、って告白しちゃって

9話
 センムトは首になり
 兄さんが書記になります
 王妃はセンムトの告白は受け入れられないけど
 優秀な人材を埋もれさせたくなくて、建築家・イネニのとこに逃がします
 トトメス二世にはアメン神官が
 王妃にはハプツネフ神官がついて
 王家をめぐって勢力争いがはじまっていきます

 ちょっと、めんどくさい展開になってきましたね
 次はどうしようかな・・



  外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 碧いホルスの瞳(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする