外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(110)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年05月05日

碧いホルスの瞳(1) 犬堂千絵 ハルタ連載の古代エジプト物語。1〜4話 あらすじ、ネタバレ注意

碧いホルスの瞳(1) 男装の女王の物語  外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 古代エジプトを舞台にした漫画といえば
 王家の紋章、くらいしか読んだことがなかったのですが
 
 乙嫁語り、とか連載してるハルタに、本作の連載が始まったので
 読んでみました


碧いホルスの瞳(1) 男装の女王の物語 (ビームコミックス) [ 犬童千絵 ]
碧いホルスの瞳(2) 男装の女王の物語 (ビームコミックス) [ 犬童千絵 ]
碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語ー 3 (ハルタコミックス) [ 犬童 千絵 ]
碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語ー 4 (ハルタコミックス) [ 犬童 千絵 ]


碧いホルスの瞳(1) 男装の女王の物語  あらすじ



 運命を切りひらき、少女は偉大な王となるーー。

 現代から約3500年前、古代エジプト。

 男性が王座につくことが当たり前だった時代に、
 女ファラオとして国を治めたハトシェプストという人物がいた。

“男装の女王”と謳われるほど、強く気高く生きた彼女の激動の生涯、
 その幕が、いま上がる!

 新鋭・犬童千絵が鮮やかに描き出す、
 古代エジプトの風景とそこに暮らす人々、

 そして自ら運命を切りひらいたのひとり女性。

 漫画誌ハルタで連載中のヒストリカル・ロマン、待望の第1巻!





碧いホルスの瞳(1) 男装の女王の物語  ネタバレ



シュプスト・トトメス王が娶った、世継ぎの王妃・アハメスの産んだ第一王女
セティ・トトメス王が側室に産ませた第一王子

トトメス王・3代目ファラオで武人上がり。王家の姫・アハメスを娶って即位

エジプト王家は母系でつながる

1話、王妃シェプスト
2話、荒野の誓い
3話、女神の手ほどき
4話、魂のありか

1話
 セティ王子は、異母妹で王位継承権のあるシェプストとの結婚で
 王位が継げます
 で、父王・トトメス1世の前で結婚式をあげて、王となります

 エジプトの即位は母系なので
 長女が王位継承権を持ち
 その夫候補は王族と限られるので、近親婚が多い

 セティは即位でトトメス2世となります
 トトメス1世は武人上がりで、ヌビアと戦争しては奴隷を奪取してます

 シェプストはファザコンで、トトメス1世も可愛がってますが
 彼女は王になりたい女性でしたので
 セティ兄さんと犬猿の仲です
 
2話
 王妃が亡くなってから、シェプストは踊り子を囲い
 女らしくなりますが
 初夜のベッドでナイフをふりかざしてトトメス2世を拒みます

3話
 トトメスは後宮の女を公募?して
 国中から美女が集まりますが
 その籍にシェプストが、ばっちり美形の化粧で現れまして
 トトメスは気分が悪い、って退席
 シェプストは女たちを、自分の女ともだち、として召し抱えます

4話
 トトメス1世が亡くなり、二世は父の死への報復でクシュ奴隷を虐待して殺します
 書記のセンムトはやり手ですが、王家には絶望していて
 トトメス二世は、シェプストが気になりますが、戦い以外には興味がなく
 センムトはシェプストの賢さに、自分の主とさだめます

 えっと
 まだ1巻なので
 名前をおぼえるだけで一杯ですが
 面白そうなので、続きも読みます
 

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| 碧いホルスの瞳(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする