外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年05月10日

アンと教授の歴史時計(2) もとなおこ タイムトラベルもの。イギリスの時代考証が見事

アンと教授の歴史時計(2) 外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 もとなおこさんは
 英国を舞台にした作品が多いせいか
 歴史に対する理解がすごいです

 今回も、漫画を読んで英国史が学べます

 それも、王室のごたごたじゃなくて
 市民サイドの展開がね

 とってもおススメです




アンと教授の歴史時計(1) (プリンセスコミックスGOLD) [ もとなおこ ]
アンと教授の歴史時計(2) (プリンセスコミックスGOLD) [ もとなおこ ]
アンと教授の歴史時計(3)(完) [ もとなおこ ]


アンと教授の歴史時計(2) あらすじ



 不幸な形で失ってしまった自らの命を取り戻すため、
 半天使となって歴史修復の任務についたアンと愛猫トム・タフィー。

  敬愛するアシュリー教授のもと、人の運命を狂わせる黒妖犬を駆除するため、
 時間の大海に冒険に出るコンビは無事に現代に生還できるのか…!?

 闘え! 恋せよ!! 大英帝国タイムトラベル・ファンタジー!!





アンと教授の歴史時計(2) ネタバレ



 これ、おもしろいんですが
 タイムトラベルの方向性が今一つで

 黒妖犬を駆逐する、って設定が
 英国歴史にあんまり縁がない人には
 わかりにくい

 
タイムトラベル・3
1755年のフリート監獄に入る・前後編

タイムトラベル・4
1865年のロンドンで時間を配達する

タイムトラベル・5
1918年の第一次大戦下で看護隊員になる

 目次をみてもわかるように
 タイムトラベルに一貫性がなく
 過去から、順に現代にってこともなく
 読んでるほうは、ちょっとついていくのがむずかしい

 フリート監獄の中で暮らす、ってところは
 面白かったですけどね
 劣悪な監獄の中でも、生活は続いていくのね〜
 日本の牢獄でも、ツルっていう現金の持ち込みとか
 身内からの差し入れで、待遇は全然違ったようなので
 ここらは、東西、人間のいるとこは似てるな〜って

 倫敦で時間を配達するっていうのは
 グリニッジの時間の告知を、人間が運んでいたのね〜
 知らなかったので、おもしろかった

 第一次大戦は
 武器がハイスペックになって、大量殺人が始まった対戦です

 チャーチルがまだ若くて
 アンのとこに来ますね

 あと、アンがどんどん惹かれていくアシュリー教授の祖先とかもいます

 アシュリー教授は、婚約者と友人を黒妖犬のせいで起された事故で亡くしてますが
 アンにどんどん惹かれていきます

 ここらは、お約束ね(^^)

 次の3巻で終了です

 面白かったけど
 3巻くらいがちょうどいいかな。






 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする