外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(110)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年12月31日

エマ(10) 森薫 最新刊で最終巻。最高のエンディング  あらすじ、ネタバレ注意

エマ(10) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 本編
 番外編と続いて
 ついに最終巻です

 エマの結婚式まで見られて、よかったわ〜(^^)


エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(10) あらすじ



 19世紀末、英国を舞台にエマとウィリアムふたりの身分違いの恋の行方と、
 ヴィクトリア朝の英国の日常を見事に描き出した、
 伝統と革新のブリティッシュロマンス「エマ」シリーズ。

 本編、番外篇と続いて、いよいよ最終巻が登場です!

 もちろんあとがきの描き下ろし漫画も充実の240ページ構成!






エマ(10) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)


13話、自転車
14話、アデーレの幸せ
15話、規律
16話、後日
17話、いつまでも愉しき日々
18話、新しい時代・前編
19話、中編
20話、後編

13話は
 エマとウィリアムが自転車の練習をしてます
 自転車
 乗馬?
 いろいろ勉強するエマです
 楽しそうですけどね
 自転車も、中産階級以上の乗り物なのね
 
14話は
 メルダース家の女中頭のアデーレの話
 優秀で、家政婦(屋敷で働く者のトップ)にもなれる人材ですが
 メイド仕事が好きで、結婚にも興味がないのね
 マリア、アルマ、っていう女中が入ってきた時の話も絡めて
 三人の性格がでてます

15話は
 ウィリアムの弟のアーサーの、イートン時代の話
 監督生に選ばれて、妹のヴィヴィアンそっくりのきかん気の後輩・ラムゼイに手を焼きます
 でもラムゼイは、おぼれかけた時に助けてくれたアーサーになつくのね
 これ、おもしろかったな〜
 イートンを舞台にして、森薫さんに画いてほしいな〜

16話は
 8巻のブライトンの海、で登場したアーネスト・リーブと
 エレノアのお話
 失意でブライトンにひっこんだエレノアは
 当分ロンドンに帰らないので、
 秘書を終えて帰ることになったアーネストがいとまごい
 でも、ちゃんとした約束がしたい、って彼がいいまして
 うまくいきそうです(^^)

17話は
 4コマ漫画主体で
 ターシャたちや、ウィリアムのとこの執事・スティーブンスの話
 スティーブンスが、一番年若のコリンの成人までは無理・・って
 つぶやくとこが、とっても切なくていとおしかったです

18話からは、大団円。
 エマとウィリアムの結婚式です
 身分違いだから、秘めた結婚となり
 結婚式の教会も、借りるのではなく、自分の館で
 結婚許可書もとったけど、こっそり

 ウィリアムの親友のロバートは、内情を知っているけど
 クラブとかで聞かれても、上手にやりすごし
 結婚式では付き添いとして参加いたします。

 グレイスは結婚して子供がいるし
 アーサーも大学に進学してるから
 エマとの交際期間は、3年くらいかな?
 ウィリアム、かっこいいオトナの男になりかけてます
 エマは、色っぽくて綺麗だしね

 エマの元同僚のメルダース家も結婚式に参加します
 ケリー先生のお友達だったアルは
 招待されたけど、遠くから結婚を確かめ
 友達におごってあげます

 みんなで飲んで、ダンスして
 とってもすてきなエンディングでした

 何度でも読み返したくなる10冊です
 とってもおススメ(^^)


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする