外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年03月05日

エマ(9) 森薫 メルダース夫妻の物語、素敵。 あらすじ、ネタバレ注意

エマ(9) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画




エマ(1) (BEAM COMIX) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(2) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(3) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(4) (Beam comix) [ 森薫(1978-) ]
エマ(5) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(7) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(8) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(9) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]
エマ(10) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ]

エマ(9) あらすじ



『エマ』に登場してきたサブキャラクターたちを主人公に、
 19世紀イギリスの風俗・文化を描き上げていく「番外篇」シリーズ。

 第9巻ではエマの新主人メルダース一家のメンバーを中心に、
 6つのエピソードを短篇〜中篇、読み切り形式で描いた重量級の番外編シリーズ!






エマ(9) ネタバレ



エマ(Emma)
ウィリアム・ジョーンズ(William Jones)

ケリー・ストウナー(Kelly Stowner)

エレノア・キャンベル(Eleanor Campbell)

リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)
オーレリア・ジョーンズ(Aurelia Jones)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)
アーサー・ジョーンズ(Arthur Jones)
ヴィヴィアン・ジョーンズ(Vivian Jones)
コリン・ジョーンズ(Collin Jones)


ヴィルヘルム・メルダース(Wilhelm Mölders)
ドロテア・メルダース(Dorothea Mölders)

アデーレ(Adele)
ターシャ(Tasha)
ハンス(Hans)

ハキム・アタワーリ(Hakim Atawari)

ロバート・ハルフォード(Robert Halford)

7話、エーリヒとテオ
8話、歌の翼に乗せて
9話、友情
10話、ふたりでお買いもの

11話、三人の歌手・前編
12話、後編

 7〜10話まで
 メルダース夫妻と、その家族、お屋敷の人たちの物語

7話は、
 長男のエーリヒが飼っているテオというリスの話
 リス視点で、籠を抜け出して、置いてかれて、森で一夜すごすテオ
 森薫さんの画力がいかんなく発揮されてます
 ちゃんと戻ってこれて、良かったね

8話は
 メルダース夫妻のベッドの一時
 であった頃とかもね
 メルダース氏、髭がないほうがハンサムだわ
 夫婦が仲良しの話は、大好き

9話は
 ハキムとウィリアムの話
 ウィリアムが商談でインドに行って
 そこの王様と謁見してる間に
 ウィリアムとハキムがテニスして
 言葉は通じないのに、行ってることがわかる
 子どもって、素敵

10話は
 アルマとポリーが
 お休み貰って散歩に行くっていったら
 みんなに買い物頼まれて、って話です
 庶民の買い物、とかいろいろ風俗がわかってよいですね

11.12話は
 エマの話とは全然違うの
 オペラの役者の三角関係
 っていっても、彼女に恋していた方が告白する前に
 親友と彼女が結婚決まっちゃったのよね

 って感じで、次巻へ
 大団円となる10巻です


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| エマ(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする