外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(79)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年02月23日

憂国のモリアーティ(3) 三好輝 8〜11話。人狩り貴族を狩る あらすじ、ネタバレ注意

憂国のモリアーティ(3) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 世界を浄化する、って信念で
 貴族を完全犯罪で殺していくウィリアムたち、モリアーティ伯爵家の3兄弟のお話です

 1話完結で
 2巻では、いよいよホームズとワトソンが登場です。
 3巻では、ホームズが自分の無罪を解明し、新たな事件が始まります



憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス) [ 三好 輝 ]
憂国のモリアーティ 2 (ジャンプコミックス) [ 三好 輝 ]
憂国のモリアーティ 3 (ジャンプコミックス) [ 三好 輝 ]
憂国のモリアーティ 4 (ジャンプコミックス) [ 三好 輝 ]


憂国のモリアーティ(3) あらすじ



 殺人犯はシャーロック・ホームズ──

 ドレッバー伯爵殺害という無実の罪で警視庁に逮捕・投獄されたシャーロック。

 背後で糸を引く“何者か"を暴くべく、シャーロックは事件の捜査に乗り出す。

 大英帝国の闇を照らす名探偵の誕生で、ウィリアムの“計画"は新たな局面へ──!!






憂国のモリアーティ(3) ネタバレ



ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ
 私立相談役であり、犯罪相談役
 アルバートの実の弟の名前を奪って成り代わっている

アルバート・ジェームズ・モリアーティ
 伯爵家の後継。
 ウィリアムと志を共にし、社会の作り変えをもくろむ

ルイス・ジェームズ・モリアーティ
 ウィリアムの実弟。養子

セバスチャン・モラン
 銃の名手。。アフガン戦争で”死んだ”こととなっている。モリアーティ家の使用人

フレッド・ポーロック
 運動能力あり。変装術や暗号解読も得意。モリアーティ家の使用人。

8、シャーロックホームズの研究・第二幕
9、第三幕

10、バスカヴィル家の狩り・第一幕
11、第二幕

 頭脳戦で悪辣貴族を抹殺していくモリアーティ教授

 今回は、2巻の続き
 シャーロックホームズを犯人にしたて
 彼がどうやって真相にたどり着き
 そのあと、犯人にどう接するか、を
 モリアーティが観察しました。

 真相を暴きながら、自分をハメた相手を知るために
 その犯人を殺せるか、が
 教授に知りたがった点で
 ワトソン先生も、ホームズを止めましたが
 もとからホームズも、真犯人を殺すつもりはありませんでした

 殺された貴族は、女性をいたぶっては殺す悪癖があって
 婚約者を殺された男が、教授の策で本懐を遂げた、ってことがわかり
 それが新聞記事になって、貴族への非難の声は高まりました
 それこそが、教授の目的ですからね

 ワトソン医師は、今回のネタを「緋色の研究」として本にしました
 重版かかって、印税が入ったみたいですね(^^)

 バスカヴィル家の話は
 倫敦の下町で子供たちをお菓子で釣って
 バスカヴィルの領地で放して、猟をするって奴等を
 教授たちが抹殺します

 で、4巻へ


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 16:29| 憂国のモリアーティ(19世紀末英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする