外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(110)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2018年12月31日

アルテ(8) 大久保圭 36〜40話。ヴェネチアからフィレンツェに帰国 あらすじ、ネタバレ注意

アルテ(8)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 女性で貴族であったアルテが
 実家の零落で結納金がない、ってこともありますが
 画家となろうと奮闘するお話です

 技術はもちろん
 パトロンがいないとやっていけない世界ですが
 ヴェネチアの有力者を断って
 フィレンツェに戻ったアルテ

 さぁ、これからの道は?

 って感じの8巻です

 

 
アルテ(1)
アルテ(2)
アルテ(3)
アルテ(4)
アルテ 5 [ 大久保圭 ]
アルテ 6 [ 大久保圭 ]
アルテ 7 (ゼノンコミックス) [ 大久保圭 ]
アルテ 8 (ゼノンコミックス) [ 大久保圭 ]

アルテ(8) あらすじ



 水の都ヴェネツィアを旅立ち、フィレンツェへと帰ってきたアルテ。

 今まで通りの生活を取り戻す中、アルテの描いた肖像画が評判となり、
 次々と仕事が舞い込むことに……。

 画家にとっての幸せは名誉や名声に比例するのか?

 葛藤するアルテの決断はーー。







アルテ(8) ネタバレ



アルテ(貴族の娘)
亡き父に画の素質を伸ばされ、父の死後、画家をめざす

レオ
アルテを弟子入りさせた画家

ヴェロニカ
高級娼婦(コルテジャーナ)

ウベルチィーノ
大商人。レオの師匠時代からの腐れ縁のパトロン

アンジェロ
ダニロ親方の工房にいる徒弟
女兄弟が多くて女性に優しく、アルテに優しい

ダーチャ
お針子で文盲なので、アルテに習ってる
教科書はヴェロニカが貸してくれてる

ユーリ
ヴェネチアの名門貴族・ファリエル家の男

カタリーナ
ユーリの姪、ユーリの兄の長女

ダフネ
ファリエル家のメイド

36話、友達
37話、弟子
38話、小さな工房.1
39話、2
40話、3

36話
カタリーナを溺愛しているユーリは
カタリーナのお気に入りであり
絵もそこそこ画けるアルテに
パトロンになろう、って申し出ます

ですがアルテは
貴族で女性だからですか?って思って
師匠のいるフィレンツェに戻ると決めました

で、友達となったカタリーナにお別れしたいんですが
カタリーナは逃げ回ってますね(^^)

でも、やっと時間がとれて
私のために怒ってくれてありがとう
友達になってほしい
手紙を書くから返事を下さいって

そしてアルテはフィレンツェへ

37話、
戻るって手紙を出したんですが
手紙とほぼ同時に着いちゃったアルテです
分かりにくい師匠ですが
戻ってきてうれしかったみたいですね

38話
アルテは肖像画の注文が増えてきましたが
女性だから、って高尚な宗教画は画かせてもらえません
能力もまだ足りない感じだし・・

師匠は、アルテを手放して、羽ばたかせてやりたい
って思ってまして
組合長に根回ししてます

39話
ダーチャは読み書きの次に算数まで学びはじめます
師匠はアルテです
で、そのアルテもヴェロニカのとこで勉強です

高級娼婦のヴェロニカは、読み書きはもちろん
教養もばっちりですね
高価な本もたくさん持ってます
大物のパトロンと話を合せるためには
ラテン語の本まで読まないとね〜

40話
肖像画の腕が評判になってることもあり
コンチエッタの肖像が依頼されます
父親は、ほとんど詐欺のような美形を望みますが
アルテは、彼女の良さを生かして書き上げて
出来上がったものは、彼女を魅力的にしてて
詐欺肖像ではありませんでした

ありがとう、って言われる仕事を大事にしたい
アルテは、名声よりそっちを取りたいようで
そんな気持ちを、師匠も感じてくれました

で、ローマから誰かが来るみたい
顔が後ろ向きでわからないけどね

9巻は7月20日だそうです(^^)



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



読んだよ、の代わりにクリックして下さると、励みになります(^^)

 
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00| アルテ(16世紀フィレンツェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする