外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(13)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年09月30日

キングダム(47) 原泰久 最新刊 列尾城を陥落させたのに あらすじ、ネタバレ注意

キングダム(47)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 甥っ子に借りてたんですが
 就活入ってから、なしのつぶて・・。

 なので、47巻から買う事にしました
 ああ、本棚、空けないと!
 

キングダム(1) キングダム(2) キングダム(3) キングダム(4) キングダム(5)
キングダム(6) キングダム(7) キングダム(8) キングダム(9) キングダム(10)
キングダム(11) キングダム(12) キングダム(13) キングダム(14) キングダム(15)

キングダム(16) キングダム(17) キングダム(18) キングダム(19) キングダム(20)
キングダム(21) キングダム(22) キングダム(23) キングダム(24) キングダム(25)
キングダム(26) キングダム(27) キングダム(28) キングダム(29) キングダム(30)

キングダム(31) キングダム(32) キングダム(33) キングダム(34) キングダム(35)
キングダム(36) キングダム(37) キングダム(38) キングダム(39) キングダム(40)

キングダム(41) キングダム(42) キングダム(43) [ 原泰久 ] キングダム 44 [ 原 泰久 ]
キングダム 45 [ 原 泰久 ] キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
キングダム 47 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]


キングダム(47)  あらすじ



 秦連合軍、国の興亡を懸け、趙王都圏へ。
 覇権の行方は!?

 趙軍驚愕の秦連合軍による趙王都圏進軍。

 未踏の領域への進軍に立ちはだかる最初の関門は趙国門・列尾!

 秦軍は突破出来るのか…!?

 さらに今決戦の最大の攻略標的地・ギョウをめぐる
 王翦と李牧の知略戦が誰もが予期せぬ方向へと進んでいく…!?





キングダム(47)  ネタバレ




えい政

きょうかい
河了貂

王ほん
蒙てん

王せん
かん騎
たん端和

504、趙の国門
505、熱狂
506、山の民の攻城戦
507、仁と淡
508、山民族の剣
509、矛の継承者
510、新兵達の夜
511、列尾の罠
512、ぎょうの正体
513、中華の予測
514、愚策の極み

 現在、秦は対趙戦に向かってます

 総大将は王せんで
 かん騎とたん端和が、ほぼ同格で従い
 その三つの大群が
 ひたすら、趙との戦いの場へと急いでます。

 途中、趙軍がちょっかいだしてくると
 それぞれの部隊が、自分たちより多い軍を撃破。
 結果激戦となりますが、
 その脇を、本軍が助けないで進んでいく、って感じです。

 王せんの本隊が列尾を落とすのか、と思ったら
 命じられたのはよう端和と飛信隊でした

 短期で落とすのが肝要、ってことですが
 よう端和の山民族の戦いがすごいのね〜
 これは、ネタバレしきれないので、本作で堪能してください(^^)

 河了貂が、最低でも2日かで落とす、っていったら
 よう端和が、半日だ、って
 で、実際落としちゃう

 さて、落とした城を自分たちのものにして
 対趙との戦いに準備するはずが
 落とした城はわざと脆弱に作られてました

 河了貂も、かん騎将軍も、よう端和も気付いてまして
 その結果取る方法は
 修繕する、ここを守る兵力を置いて打ってでる、全軍撤退
 でもかん騎は、ここを捨てて、全軍で進む、って方法があるぞ、って

 列尾の先に城が「ぎょう」
 ここを、王せんが視察にでてまして
 ぎょうの城は鉄壁だから落ちない、って断言

 でも、列尾の城に戻ったら
 ぎょうを落とすぞ、って言って
 さらに、ぎょうの前に小さな城とか落として

 普通なら兵糧、金目のもの略奪、女子てごめ
 なんですが
 王せんは、兵糧、金目は獲りましたが
 女子供も命もとらずに、解放します

 さて、この解放された民間人が、どう動くのか?
 それが王せんの戦略なのか?

 ってとこで次巻へ

 く〜〜
 いつも面白いな〜(^^)

 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます


   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 17:06| キングダム(紀元前中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする