外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(8)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年03月17日

キングダム(45) 原泰久 最新刊 桓騎の残虐な方法が戦死者を激減させて・・ あらすじ、ネタバレ注意

キングダム(45)  大好きな漫画



 これが、作者の初連載作品なんですよね
 すごいな〜

 2016年は連載10年め、ってことでいろいろイベントがあったようです

 このまま、連載20年とか、軽くいきそうですが
 その頃わたし、いくつだろ・・(><)

 

キングダム(1) キングダム(2) キングダム(3) キングダム(4) キングダム(5)
キングダム(6) キングダム(7) キングダム(8) キングダム(9) キングダム(10)
キングダム(11) キングダム(12) キングダム(13) キングダム(14) キングダム(15)

キングダム(16) キングダム(17) キングダム(18) キングダム(19) キングダム(20)
キングダム(21) キングダム(22) キングダム(23) キングダム(24) キングダム(25)
キングダム(26) キングダム(27) キングダム(28) キングダム(29) キングダム(30)

キングダム(31) キングダム(32) キングダム(33) キングダム(34) キングダム(35)
キングダム(36) キングダム(37) キングダム(38) キングダム(39) キングダム(40)

キングダム(41) キングダム(42) キングダム(43) [ 原泰久 ]
キングダム 44 [ 原 泰久 ]
キングダム 45 [ 原 泰久 ]


キングダム(45)  あらすじ



 栄誉か、信念か…!?
 残酷な選択の行方は!?

 膠着状態の黒羊に青天の霹靂!!

 桓騎が紀彗に突きつけた残酷な選択。
 全趙将が動揺する中、その決断は!?

 予測不能の策略戦に決着!!

 一方、その模様を見据える者は…!?

 さらには、咸陽中を騒然とさせる、驚愕の人物が秦王・エイ政を訪ねるが…!?




キングダム(45)  ネタバレ



482話、離眼と趙国
483話、勝敗の夜更け
484話、それぞれの出発
485話、蒙てんの報せ
486話、文官たちの戦い
487話、東西大王会談
488話、秦王の絵図
489話、さいたくの矜持
490話、宿命の舌戦
491話、秦の障壁
492話、成長への募兵

 離眼を愛するきすいは
 死体の山を積み上げるかんき将軍が
 丘の争奪戦より、離眼を攻める、って知って
 作りかけの丘の砦を放り出して、離眼に走ります

 その間に、かんきは丘を奪取

 河了貂は、非道なかんきのやり方は嫌いだけど
 その方策で、総当たりで死ぬ決戦より、人死には少なかった、って
 
 これが大人の戦い方か、と信は考えさせられますが
 それでも、民間人を虐殺する方法は受け入れがたく
 きょうかいとともに、かんき将軍を追いぬけなくても、横にならんで止めることはできる、って

 一方その頃、秦国えいせい王のところに
 李牧(趙国宰相)と斉の大王がやってきます

 斉の大王は、さいたくが連れてきました
 昔、大王が若い頃にさいたくがいろいろ助けてくれたから、って

 でもって、中華統一ってことは大虐殺につながるぞ?って問いに
 法治国家をつくる、ってえいせいが
 それを聞いて、斉王は、自分が秦国に攻め込むことはしない、ってお約束を

 一方李牧の方は、合議制による統一を進言してきて
 代替わりしたら合議制は壊れる、中華統一しかない、ってえいせいと決裂

 統一を進める秦と、李牧たちの連合軍は、時期を待ちながらの宣戦布告となります

 そんな間に、飛信隊は、新人兵士を公募
 体力重視の選考はとっても大変ですが
 その中に、弓の名手が2人、混じってまして(^^)

 って感じで次巻へ

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | キングダム(紀元前中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447717691

この記事へのトラックバック