外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(19)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(8)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2017年03月11日

アルテ(6) 大久保圭 最新刊 カタリーナは乳兄弟と再会し あらすじ、ネタバレ注意

アルテ(6) 大好きな漫画



 時代考証ばっちりで
 アルテは元気でかわいい主役だし

 師匠とは恋愛?か師弟愛かわからないけど、ほんわか感じるし

 現在はヴェネチアのお金持ちの家庭教師役、ってことで 
 生徒のカタリーナの幸せのために走りまわってます(^^)



 
アルテ(1)
アルテ(2)
アルテ(3)
アルテ(4)
アルテ 5 [ 大久保圭 ]
アルテ 6 [ 大久保圭 ]

アルテ(6) あらすじ



 ユーリからカタリーナの過去を聞き、自らを偽る理由を知ったアルテ。

 今のままでは彼女が幸せにならないと考えたアルテは、
 カタリーナ自身が過去と向き合うことを提案する。




アルテ(6) ネタバレ



アルテ(貴族の娘)
亡き父に画の素質を伸ばされ、父の死後、画家をめざす

レオ
アルテを弟子入りさせた画家

ヴェロニカ
高級娼婦(コルテジャーナ)

ウベルチィーノ
大商人。レオの師匠時代からの腐れ縁のパトロン

アンジェロ
ダニロ親方の工房にいる徒弟
女兄弟が多くて女性に優しく、アルテに優しい

ダーチャ
お針子で文盲なので、アルテに習ってる
教科書はヴェロニカが貸してくれてる

ユーリ
ヴェネチアの名門貴族・ファリエル家の男

カタリーナ
ユーリの姪、ユーリの兄の長女

26話、フェリエル家の乳母
27話、カタリーナの家族
28話、決意
29話、帰る場所
特別編、レオさんの一日

 封建時代
 っていっても、第二次大戦の前までは
 父親のいうことは絶対でした

 カタリーナが、女の子に産まれて
 結婚させるには持参金が必要で
 カタリーナの父さまは女の子に関心はなかったけど
 持参金はちゃんと用意するし
 家庭教師もつけてくれて
 妻子を殴ることも、飲んだくれることもない
 この時代では上等の部類の父さまです

 でも、乳母と乳兄弟を本物の家族みたいに育ったカタリーナには
 実の家族が他人に見える
 そんなカタリーナの過去話が6巻のメインです

 でもって、突然死しちゃったカタリーナの乳母は
 溺愛していたカタリーナが実家族とうまくいくように、って
 遺言残さずに亡くなります
 こういう、大人の愛情は泣けます・・

 乳兄弟も、カタリーナが逢いに来て嬉しいだろうけど
 もう会いに来るな、って母の遺言を守るの・・

 で、カタリーナは乳母たちの思いを感じて、お嬢様らしく振舞うし
 カタリーナの母上も、ここは娘のために、って
 夫に初めて逆らって、手がふるえちゃうほど頑張ります

 父上は、娘と母親に初めて懇願や逆らわれて
 ちょびっと混乱して、もういいわかった、って
 アルテをクビにするのをやめるわけです

 家族が一歩進んだ、6巻でした

 次巻も楽しみです

 特別編では、アルテの師匠が
 アルテのいない生活に、ほんわり寂しさを感じていて、いい感じです(^^)


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 
 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | アルテ(16世紀フィレンツェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447717407

この記事へのトラックバック