外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(7)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(0)

2017年04月05日

夢の雫、黄金の鳥籠(9) 篠原千絵 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかったの

夢の雫、黄金の鳥籠(9)  外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画



 寵姫ヒュッレムは、本当に悪女だったのか?
 
 ってのが動機だったんでしょうかね〜

 ベテラン作家さんが、時代考証に時間をかけて描いてるんですが
 歴史の事実に振り回されているのが
 今一つ面白くない・・

 ヒッタイトの物語は、とっても面白かったのにな

:

夢の雫、黄金の鳥籠(1)
夢の雫黄金の鳥籠(2)
夢の雫、黄金の鳥籠(3)
夢の雫、黄金の鳥籠(4)
夢の雫、黄金の鳥籠(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(7)
夢の雫、黄金の鳥籠(8)
夢の雫、黄金の鳥籠 9 [ 篠原 千絵 ]

夢の雫、黄金の鳥籠(9) あらすじ



 オスマン帝国の大宰相(ヴェジラザム)となり、
 皇帝・スレイマンの妹を娶(めと)ったイブラヒム。

 スレイマンはイブラヒムの帝国での地位を揺るぎないものにするため、
 エジプトで反乱を起こしたアフメトの鎮圧を命じる。

 一方、イブラヒムと添い遂げるという夢が潰(つい)えたスレイマンの第二夫人・ヒュッレムは、
 スレイマンの寵愛とイブラヒムの後見を得て、後宮(ハレム)での絶大な力を手にしていく。

 けれど、夜ごとスレイマンの寝所に召されながら、
 自分を通してスレイマンが見ているのは、実はイブラヒムなのだと悟ったヒュッレムは、
 まだ幼子のメフメト皇子を守りながら、後宮の中で生き抜くことを決意するが…!?



夢の雫、黄金の鳥籠(9) ネタバレ注意



(これまでの流れ)
 16世紀初頭のお話です
 サーシャは奴隷として売られ、マテウス(イブラヒム)に買われます
 当時、ロシアあたりでの人身売買は一般的?で
 よくありました

 マテウスに買われて、教養を仕込まれて、ヒュッテムって名前をつけられスルタンの後宮へ
 後宮では、第一夫人の権勢が強く
 長子相続でなかったこともあり、妊娠すると殺される、って場所でした

 サーシャはマテウスに惚れていて
 マテウスもサーシャを愛していて
 でもそれに気付いたのは、後宮に献じたあとで(男ってバカ)
 ただの側室なら、下げ渡し、って可能性もあるけど
 ヒュッテムはスルタン=スレイマンの寵愛を受け
 妊娠。でも、ちょうどその前後に殺されかけたヒュッテムを
 マテウスが救って、激情のままにメイクラブしちゃって、
 どっちの子かわからない・・

 マテウスは手柄をたててヒュッテムが欲しい、って言えるようになる
 って頑張ってロードス島攻略時に大手柄をたてます

 さて9巻
 この時代のオスマントルコは、ものすごい実力主義で
 スルタンの権力と、見識があってのことですが
 イブラヒムをどんどん出世させるスレイマンです

 イスラム経、って男色厳禁ですし
 スレイマンにイブラヒムをどうこうする気はなかったかもしれませんが
 男の寵愛は、性愛に通じるからね〜

 ヒュッテムは、スレイマンが本当に愛しているのは
 イブラヒムで
 自分への寵愛も、イブラヒムからの献上品だから?って感じ始めます

 好きな男、イブラヒムとは今生では添えないし
 こうなったら、生まれた息子を無事に育てあげたい、ってヒュッテムは望みます

 今のオスマントルコの後宮では、長男以外は皆殺しなんで
 長男と仲良くしたり、いろいろと、後宮でのしきたりを替えていきたい、って

 9巻の展開そのものは
 ムスタファの母・ギャルバハルは、相変わらず後宮でのライバルは抹殺
 ってやり方を貫いてますので、ヒュッテムを目の仇にしてますが
 今のヒュッテムは、次男を生み、次の子を妊娠し
 後ろ盾は権勢絶大なイブラヒムなんで
 この力で、後宮を変革してやる、って
 ま、それだけの話です
 まだ、具体的には動いていませんね
 


  外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 22:40 | TrackBack(0) | 夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック