外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(2)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年10月24日

王国の子(7) びっけ 最新刊 ワイアットの反乱は処刑で終わり、スペインの美形王子がやってきます。 あらすじ、ネタバレ注意

王国の子(7) 大好きな漫画



 英国の歴史のパラレルワールドです。

 エリザベス一世が即位するまでの英国史って
 ほんとにどろどろで
 ヘタなドラマより面白いんですが
 それを、影武者、っていう日本の武将にあった制度を持ちこんで
 まぜまぜして、できた漫画がこれです

 発想がとってもすごい!
 そして展開が面白い!!


王国の子(1)
王国の子(2)
王国の子(3)
王国の子(4)
王国の子(5)
王国の子(6)
王国の子(7) [ びっけ ]

王国の子(7) あらすじ



 エリザベスの身代わりに死の塔へ幽閉される事になったロバート。

 処刑の時が一刻と迫る中、エリザベスの無実を訴えるため名乗りを上げたジェイン!

 民衆が固唾を飲んで見守る中、事態は意外な方向へ向かう。

 エリザベスのそしてゼントレンの命運やいかに?







王国の子(7) ネタバレ注意



 ゼントレン国の王宮には、第1〜3位の王位継承権を持つ者に、影武者がいます。
 この発想がすごい!

 エリザベスの影武者ロバートからの視点があって
 英国王族暗黒史が描かれていきます

 3巻で、エドワード王が亡くなります
 そして、弟の闘病生活のためにエリザベスの影武者になったロバート。彼の弟が病死します。
 これで、影武者を続ける必要はなくなりますが、ロバートは、エリザベスの影武者役にとどまります
 自分を必要としてくれる人の側にいたいから・・

 エリザベスの弟のエドワード王が亡くなると
 今度へエリザベスの姉のメアリーが女王として即位しますが
 カトリックのメアリーは、プロテスタントのエリザベスが目障りです
 もちろん、エリザベスの母親のアンが、メアリーの母を失意の中で死なせた、って怨みもあります

 そんな中で
 エリザベスを抹殺するために、反乱分子としてトマスワイアットを処刑し
 彼と共謀していたエリザベスも殺すためにロンドン塔へ

 でも、ロンドン塔に行ったのはロバートでした
 もし処刑となったら、エリザベスを逃がすつもりです

 現在イギリスの王位継承者(王族)はエリザベスだけで
 彼女を殺すと王位を継ぐ者を外から(スコットランドとかフランスとか)から持ってこないとならない
 貴族などでは、メアリーに子供がいない今、それを不安視するものもいるので
 エリザベスを処刑するには大きな理由がいるわけです

 でもって、ワイアットは処刑される前に民衆に
 エリザベスは関係ない、って言うし
 殺されたはずのジェインが出てきて、共謀したのは私です、って嘘いってエリザベスを庇うし
 エリザベスに化けたロバートが毅然としてるのも、民衆を味方にして
 エリザベスは無事にロンドン塔から田舎屋敷に解放されます

 さて、メアリ女王は、現在スペインの王子さまと結婚が決まってます
 30代の女王と、美形で有名な若い王子
 この結婚はどう展開するのか・・

 英国史を知っていると結末はわかってるんですが
 この漫画ではどう調理されるか、とっても楽しみです(^^)
 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王国の子(16世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442965453

この記事へのトラックバック