外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(13)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年09月20日

キングダム(43) 原泰久 最新刊 やっぱ主役は信だよね! あらすじ、ネタバレ注意

キングダム(43) 大好きな漫画



 現在、カンキ将軍のとこに出張中の飛信隊
 副長のきょうかいは戻ってこず(実は敵陣地近くで重傷中)
 河了貂の策でも、黒羊丘の戦いはうまく運んでないです

 で、いよいよ大詰め?!


キングダム(1) キングダム(2) キングダム(3) キングダム(4) キングダム(5)
キングダム(6) キングダム(7) キングダム(8) キングダム(9) キングダム(10)
キングダム(11) キングダム(12) キングダム(13) キングダム(14) キングダム(15)

キングダム(16) キングダム(17) キングダム(18) キングダム(19) キングダム(20)
キングダム(21) キングダム(22) キングダム(23) キングダム(24) キングダム(25)
キングダム(26) キングダム(27) キングダム(28) キングダム(29) キングダム(30)

キングダム(31) キングダム(32) キングダム(33) キングダム(34) キングダム(35)
キングダム(36) キングダム(37) キングダム(38) キングダム(39) キングダム(40)

キングダム(41) キングダム(42) キングダム(43) [ 原泰久 ]


キングダム(43)  あらすじ



 覚醒する飛信隊!! 
 黒羊戦の鍵と成る 一進一退の攻防を見せる黒羊の戦い。

 飛信隊の渾身の進撃で戦は激化し、桓騎の眼が怪しく光り出す…。

 一方、趙将・紀彗は奮迅の働きを見せるも、
 趙軍総大将・慶舎が予期せぬ行動に…!! 

 黒羊中を激熱が包む!!





キングダム(43)  ネタバレ



460話、飛信隊の楔
461話、黒羊の大一番
462話、困惑の夜
463話、離眼の悲劇
464話、焦れの限界
465話、掌上の戦場
466話、李牧級の男
467話、狩られる側び風景
468話、吉と凶
469話、一瞬の出来事
470話、俺の背中

 きょうかいが怪我をして
 賢い愛馬が近くの村に運んでくれて
 現在、治療を受けてます

 一方黒羊は 
 それぞれの策が拮抗しますが
 軍師の河了貂が、攻め時!って待っていたのに
 かんき将軍は動きませんでした
 まさに、困惑の夜
 
 で、その頃
 看病されていたきょうかいは、離眼の悲劇ってのを知ります
 配下と民のために、離眼の城主が殺された
 その城主の息子がきすい
 だから、彼の軍はきすいが出張ると獅子奮迅になる
(きすいを殺させないために)

 さて、趙国の総大将の慶舎ですが
 沈黙の狩人、っていうぐらい策を使います
 ですが、今回はかんき将軍が動かないので
 飛信隊にちょっかい出してきます
 敵の本隊が来たんで、飛信隊ピンチで
 でもなんとか切り抜けて
 その間に、罠の外からばっかりせめていた慶舎が追い詰められます

 でもきすいが出張ってきて慶舎を救いだし
 さて、建て直すぞ、って時に
 信が、今なら対象首(慶舎)が獲れるぞ、って

 ってことで
 飛信隊がつっこみますが
 さすがにヘロヘロで
 でもその時、信が言うの

 王騎ってすげえ人がいた
 その人が走ると、兵は鬼神となった
 おめえたち、へばるんじゃねえぞ
 苦しいなら、俺の背だけ見て、追いかけてこい!

 ああ、かっこいい!!

 ってとこで次巻です
 


 
 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | キングダム(紀元前中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック