外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(244)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年08月15日

薔薇咲くお庭でお茶会を(2) 天音祐湖 メロディの事件簿(6)ゴードン家のパーティやクリスマスの夜 あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(2) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 身分違いの二人が結婚したんですが
 幼いメロディが初夜を怖がって、アルフレッドは忍耐の日々です(^^)

薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)

 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(2) あらすじ



 新居で生活を始めたふたり。

 地元の紳士に夜会に招かれ、夫婦で社交デビューすることに。
 ところがそこで待っていたのは!?

 本当は二人っきりでのんびり過ごしたいアルフレッドとメロディですが、なかなかそうはいかないようで?

 大人気メロディの事件簿シリーズ新作の第2巻!



薔薇咲くお庭でお茶会を(2) ネタバレ



5、
 アルフレッドに、触られるのに慣れて下さい、と言われ
 メロディはキス三昧の日々にドキドキが止まらない
 そんなところへ、地元のアクの強いゴードンがやってきました

 公爵からこの屋敷が欲しかった、っていうゴードンに
 公爵自身から、アルフレッドは縁戚だし、婦人は子爵の娘でレディだと紹介します
 ゴードンは上昇志向の強い男で
 さっそくアルフレッドとメロディを夜会に誘い
 で、その夜会でゴードンの妻が美形のアルフレッドにすり寄るもんだから
 メロディは嫉妬して「浮気しないでね」って
 メロディ一筋だけど、今だベッドがおあづけのアルフレッドには我慢がきついですね〜

6、
 メロディは庭師と交流を深めたいんですが
 キレイな目を覗き込んで、泥にこけて、そこにアルフレッドが現れて怒ります
 嫉妬深い男ですね〜
 庭師のイワンはとっても美形で
 これだけ美形なら、ロンドンの大貴族の従僕になれば高給がもらえるだろう、って
(従僕は美形ほど給料が多い)
 いっそ、執事にするか、って話になって
 庭師より執事の方が全然高給だし、地位も高いんですが
 イワンは美形すぎて女性不信、男性不信で、対人恐怖症みたいなとこがあって、ダメですって
 
7、
 泥だらけのメロディをお風呂にいれてあげたアルフレッドは
 夢でメロディを抱く妄想をして、なんか、いろいろ辛いです
 でもって、自分との結婚で中産階級になったメロディに
(アルフレッドは貴族じゃないから、メロディは貴族の世界からはみ出します
 ただし、彼女自身は生涯レディの称号は持っていられます)
 お金だけは苦労させたくないから、有閑マダムとして過ごしてほしいって
 でも、メロディは自分も何かしたい、って
 アルフレッドは、そんなメロディだから好きになったんだ、って
 自分の希望を押し付けるのをやめます

8、
 クリスマスです
 地方郷士のクリスマスパーティーの様子が描かれますね〜
 公爵と、アルフレッドの姉様とその夫の子爵様が訪れまして
 とっても素敵なクリスマスになりました(^^)

 って感じで次巻へ

 今回も事件らしい事件は起きませんが
 当時の貴族社会がきちんと時代考証で描かれていて
 ま、本当なら、もっと侍女とかいろいろいないと屋敷はまわらないんですけど 
 そこんとこははしょってますが
 おもしろかったですね〜





 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。