外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(244)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年08月17日

薔薇咲くお庭でお茶会を(3) 天音祐湖 メロディの事件簿(7)無事に初夜ですが、ゲイの執事が同居人? あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(3) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 身分違いを乗り越えて、無事結婚したメロディとアルフレッドですが
 今だ初夜は迎えられず
 アルフレッドはつらいです・・・(^^)

薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)

 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(3) あらすじ



 新居で生活を始めたふたり。

 相思相愛の夫婦だけど、メロディが初めての夜を怖がって
 メロディを愛するアルフレッドはおあづけ状態
 そんなところに、アルフレッドのママがパパと喧嘩して家出してきました
 
 ますます二人きりになれないと、アルフレッドの我慢は限界に・・?

 大人気メロディの事件簿シリーズ新作の第3巻!




薔薇咲くお庭でお茶会を(3) ネタバレ



9、
 アルフレッドの母上が父上と喧嘩して家出してきました
 この漫画、公爵もそうですが
 回りのキャラがとっても魅力的
 アルフレッドのママ(公爵の娘)のクラリッサ
 ちょっとメロディと似てますね〜
 パパのロバートもアルフレッドに似てて
 なんでもできるレイモンド家の男たち(父と息子)は
 おっとりお嬢さん育ちの妻たちに過保護なのね〜

 で、クラリッサは初夜におびえるメロディをなだめてくれました
 ロバートがクラリッサを迎えに来て、良かったね

10、
 いよいよメロディも覚悟を決めたとこへ
 公爵家から使いがきて、アルフレッドは出かけ
 その間にメロディが拉致られます
 相手は先々代の公爵の妻、で現在の公爵のばあさま
 典型的な貴族夫人です

11、
 スコットランドに拉致られたメロディ
 愛しているからアルフレッドと結婚した、っていうけど
 公爵未亡人は、貴族の結婚に愛は必要ない、って断言
 そこへアルフレッドがかけつけてきて
 メロディと奪還、家へと戻ります
 で、二人はやっと初夜です
 良かったね


12、
 無事に愛し合って、ラブラブになったメロディとアルフレッド
 そしたら
 ゲイのガブリエルが、アルフレッドに惚れて、屋敷にやってきました
 いきなりアルフレッドにキスして
 男にキスされたアルフレッドはショックで失神しかけて
 メロディに抱きしめられます
 この時代、ゲイは懲役刑でしたので
 バレルと投獄です
 公爵はアルフレッドが翻弄されるのが楽しくて
 メロディに、恋の嗜好が違うだけで投獄されるのは理不尽でしょって
 メロディはいい子だから、それは認めて
 でもアルフレッドに手を出しちゃだめ〜って

 ガブリエルは執事に収まることになりそうです(^^)

 って感じで、どんどん魅力的なキャラが増えていきますね〜
 連載誌の方でも、アンケートの結果がいいみたいで
 しばらくシリーズも続きそうで、うれしいです(^^)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。