外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(244)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年08月22日

薔薇咲くお庭でお茶会を(5) 天音佑湖のメロディーの事件簿(9) メロディに赤ちゃんができました(^^) あらすじ、ネタバレ注意

薔薇咲くお庭でお茶会を(5) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 最初の頃は、事件が起きての解決編とか
 推理モノがあったんですが
 ここんとこは、ラブ話が主体です

 あ、5巻には、屋敷の中での宝探し、ってのがありましたか(^^)


薔薇咲くお庭でお茶会を(1)
薔薇咲くお庭でお茶会を(2)
薔薇咲くお庭でお茶会を(3)
薔薇咲くお庭でお茶会を(4)
薔薇咲くお庭でお茶会を(5) [ 天音佑湖 ]


 このシリーズ、しり上がりに人気の出たシリーズらしく
 最初の頃は「メロディの事件簿」として連番になってません
 で、私は薔薇咲く〜シリーズの3巻まで一気読みして
 おもしろかったのでさかのぼって読みました
 これからの方は、事件簿の1巻からぜひどうぞ(^^)

メロディの事件簿(1)
公爵家の婚活事情(2)
恋するレディと闘う執事(3)
愛する乙女にくちづけを(4)



薔薇咲くお庭でお茶会を(5) あらすじ



 英国カップルのロマンチック新婚生活

 19世紀末、イギリス。
 メロディは子爵令嬢、アルフレッドは元執事。
 そんな身分違いの恋を乗り越えたふたりは、幸せいっぱいの結婚生活を満喫中。

 そんななか、体調を崩してしまったメロディ。

 アルフレッドは愛するメロディの異変に、心配でいてもたってもいられなくて…!?

 ふたりのあま~い生活にときめっぱなしのドキ甘英国シリーズ、第5巻!






薔薇咲くお庭でお茶会を(5) ネタバレ



メロディー(レディ・スワン)
 子爵の娘、アルフレッドと結婚

アルフレッド
 メロディーの元執事、現在はメロディーと結婚して郷士クラスの生活をしてる
 実母(クラリッサ)は元公爵家令嬢で、執事とかけおちして貴族社会から締め出されてる
 彼はオックスフォード大学を卒業し、事業家として成功


ガブリエル
 スワン家の執事。筋肉的男性美を愛するゲイで、元軍人

ルーク
 スワン家のコック。まだ少年だが腕は確か

ペンウッド公爵
 アルフレッドの従兄弟


ドクター・ウォルト
その妹のデイジー
 田舎でスワン家と交流できるクラス

メイファーソン子爵(フィリップ)
 アルフレッドの姉のバイオレットと結婚してる
 現在双子が生まれてる


 貴族社会の社交界は、かなり閉鎖的だけど
 公爵家の権力は絶大で
 元公爵令嬢が駆け落ちした家の子、というのは
 本来社交界には入れませんが
 前公爵が妹・クラリッサを愛して、その娘バイオレットの後見を引き受けたので
 バイオレットは子爵夫人として認められてます(元はメイドだったのにね)、
 現在の公爵は、従兄弟のアルフレッドもバイオレットも大好きで
 二人を社交界から追い出したい、なんて奴は
 公爵家を敵に回すことになるので
 何もいいませんし、アルフレッドも子爵令嬢と結婚しているし、オックスフォードも出てるので
 社交界の末端に生息が許されてます

 ってことを頭にいれて、5巻へ

 1冊に4つのお話です
 連載は別コミ


17
 館に忍び込んだ不審人物
 スワン家の住む館は、もともとペンウッド公爵の持家で
 それをアルフレッドが買いとってますが
 その館が欲しかった、って成金のゴードン家ってのがけっこううろうろしてます
 今回も、ゴードン家のごくつぶし息子が、館の中に宝があるはずだ、って忍び込んだのでした
 屋根裏部屋を探して、何もなかったのでゴードンの愚息は撤退しましたが
 その後に、ペンウッド公爵家に伝わる宝石が出てきて
 アルフレッドがお直しして、メロディーにあげました(^^)
 

18
 村にサーカスが来ました
 サーカスは田舎の男女の恋の場、って教えられて
 デイジーと二人で出かけたメロディーを、アルフレッドと公爵がおっかけます

 19世紀、公爵にけんか売ると、打ち首?なんて風習が残ってまして
 ペンウッド公爵は、その点、頭のやわらかい人なので、村人と一緒に楽しみました

19
 メロディが体調不良です
 つわりでした(^^)


20
 先に双子の産まれたメイファーソン子爵家へと、子供を見にいきます
 公爵も一緒にきてまして
 公爵、初めて本音がちらり

 中の良い従兄弟のアルフレッドも
 従姉妹のバイオレットも
 幼馴染のメイファーソン子爵も
 みんなステキな恋愛結婚なのに
 自分だけ身分に縛られた結婚なんか、嫌だな、って

 だから、結婚願望はあったみたい
 お相手、見つかるといいね(^^)


 って感じの5巻でした
 



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 


posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。