外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(10)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年02月22日

ヴィンランド・サガ(17) 幸村誠 最新刊 外国(11世紀初頭北ヨーロッパ)が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

ヴィンランド・サガ(17) 大好きな漫画



 ド迫力の作画に、ものすごい時代考証の外国時代漫画

 11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台にした漫画で
 2005年4月(今2014.3月だから9年前か〜)に『週刊少年マガジン』(講談社)で連載開始
 でも週刊連載に幸村の執筆が追いつかず、2005年10月に同誌での連載を終了。
 同年12月より『月刊アフタヌーン』(講談社)にて月刊ペースの連載を再開

 2008年の時点で累計120万部を突破
 2009年、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。
 2012年、平成24年度(第36回)講談社漫画賞「一般部門」受賞。

 私は10巻くらいで大人買いの一気読みして、それからは新刊がでるごとに買ってました

ヴィンランド・サガ(1)
ヴィンランド・サガ(2)
ヴィンランド・サガ(3)
ヴィンランド・サガ(4)
ヴィンランド・サガ(5)
ヴィンランド・サガ(6)
ヴィンランド・サガ(7)
ヴィンランド・サガ(8)
ヴィンランド・サガ(9)
ヴィンランド・サガ(10)
ヴィンランド・サガ(11)
ヴィンランド・サガ(12)
ヴィンランド・サガ(13)
ヴィンランド・サガ(14)
ヴィンランド・サガ(15)
ヴィンランド・サガ(16)
ヴィンランド・サガ(17)

ヴィンランド・サガ(17) あらすじ



 ヴィンランドに平和の国を作るために、
 まずは東方ギリシアで資金を得る必要があるトルフィンは、
 ノルウェー西岸からヨーロッパ大陸へ入る。

 そこで、巨大な熊に襲われたトルフィンたちを救ったのは
 ヒルドというすご腕の女狩人だった。

 彼女は8年前にトルフィンに家族を殺された仇を撃つためにトルフィンを山に連れ出した。

 そこで語られるヒルドの壮絶な過去。

 雪辱を誓ったヒルドの放つ弩(いしゆみ)がトルフィンを射抜く。



ヴィンランド・サガ(17) ネタバレ



旅の仲間

トルフィン
 戦争も奴隷もない平和な国、を作ることをめざす

レイフ
 実在の人物で、ヨーロッパ人としてはじめて北米に到達した人物として知られる。

エイナル
 ノルド系イングランド人で、ノルド語とイングランド語に堪能。奴隷になるまでは農民

トルフィン(ギョロ目)
 トルフィンと間違えられてレイフに買い取られた元奴隷で、現在はレイフの養子 

グズリーズ
 グリーンランドからシグルドのもとに嫁ぎにきた19歳の女性

カルリ
 赤ん坊

116話〜122話
 狩る者、狩られる者(3〜9)

 ヒルドは、昔トルフィンに父を殺されてます
 トルフィンがアシュラッドのとこにいた頃です

 アシュラッドが金でヒルドの父・フラヴンケルの殺しを請け負い
 ついでに村を全滅させてました
(バイキングってすごい・・)
 
 トルフィンは、アシュラッドの命令でフラヴンケルを殺し
 でも、目あては彼だけだったので
 まだ少女だったヒルドは逃がそうとしますが
 目の前で両親を殺されたヒルドは茫然としてまして
 トルフィンにひっぱたかれて何とか走りだし
 崖から落ちて、ひん死のところを猟師に救われ
 彼から猟のすべてを習います

 もともと工作の天才だった彼女は
 師匠の石弓をさらに改良してまして
 トリフィンにもそれを使い、仕留める寸前まできますが
 前に、人殺しをトルフィンに止められたエイナルの言葉で
 トルフィンの命はもう私のものだが
 どうしてもというなら、猶予をやる、ってことに

 ってとこで次巻へ

 アクションシーンが素晴らしいのはもちろんなんですが
 殺した者の負う業がすごく書かれている漫画ですね

 名作です

 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック