外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(244)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2016年01月26日

黒執事(22) 枢やな 最新刊 外国(19世紀英国)を舞台にした歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

黒執事(22) 外国(19世紀英国)を舞台にした歴史漫画


 アニメのできが絶品でしたが
 物語展開は、アニメの方はかなりオリジナルでしたね

 その後U期が作成されまして
 サーカス団の哀しいお話でした

 この漫画の基本は、ゴシック調
 悪魔も出てくるダークファンタジーで
 人は死ぬは、可哀想な展開は常道ですが
 時折のコメディと、画が麗しいのと、展開が読めないという魅力で
 新刊が出るたびにかぶりついて読んでます(^^)

 
黒執事(1) 黒執事(2) 黒執事(3) 黒執事(4) 黒執事(5) 
黒執事(6) 黒執事(7) 黒執事(8) 黒執事(9) 黒執事(10) 
黒執事(11) 黒執事(12) 黒執事(13) 黒執事(14) 黒執事(15)
黒執事(16) 黒執事(17) 黒執事(18) 黒執事(19) 黒執事(20)
黒執事(21) 黒執事(22)


黒執事(22) あらすじ



 主人の塵は、遠刺の瞳で撃ち払う――

 緑の魔女を巡るドイツ軍との戦いを制したセバスチャンとシエル。

 その帰路ディーデリヒの屋敷に身を寄せたシエルは、葬儀屋の不可解な言動を知ることとなる…。

 大人気執事コミック最新刊! 読者人気投票上位キャラが総出演する番外編読切も収録!!




黒執事(22) ネタバレ



104話、その執事、不評
105話、その執事、尋訪
106話、その執事、傾聴
107話、その執事、強要
108話、その執事、潜航
番外編

 ヴォルフ君、ひん死となりながらも軍部の命令よりお嬢様を守りました
 死にかけの彼を、シェルの命令でセバスチャンが列車にのせ
 お嬢=サリバンが緊急止血、ってもナイフを熱して焼くだけですけどね・・
 
 シェルのパパの親友だったディーデリヒさんが
 21巻からずっと助けてくれて
 今回も彼の屋敷に避難して、休憩その他をとってます

 そしたら、彼の館に葬儀屋が来た、ってことがわかります
 葬儀屋は、シエルのパパとどういう関係だったのか・・

 で、サリバンとヴォルフは変装して英国に帰国
 女王陛下のお茶会に出席するために、サリバンにマナーの特訓をしてたら
 シエルの婚約者のエリザベスが、誤解して
 あわや殺されそうに・・
 割ってはいったのはセバスチャンでしたね

 お茶会が行われ
 女王はサリバンに、もっとすごい魔法(毒薬)はできるの?って
 できません、ってサリバンは嘘をつきます
 そして、究極の毒薬はセバスチャンが潜航して海の底に捨てました
 
 さて、これで緑の魔女編は完結
 23巻からは、青の教団編スタートです
 





  外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)








posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。