外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年11月08日

アルテ(3) 大久保圭 外国(16世紀フィレンツェ)が舞台の歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

アルテ(3) 外国が舞台の歴史漫画


 なかなか最新刊がでないので、出ると即買い、イッキ読みです
 3巻では、腐れ縁編と同業組合編 
 アルテが交渉した海千山千のウベルチィーノ
 頑固おやじはけっこうツンデレで、アルテの師匠のレオを心の底では心配してます
 いいですね〜


アルテ(1)
アルテ(2)
アルテ(3)


アルテ(3) 外国が舞台の歴史漫画のあらすじ



 16世紀フィレンツェ。

 女性でありながら画家修行をするアルテにほかの工房の親方や徒弟から疑問視する声があがる。

 果たして彼らを認めさせ修行を続けることはできるのかーーー

 アルテの『覚悟』が今一度試される、前進、逆境、試練の第3巻。 



アルテ(2) ネタバレ



アルテ(貴族の娘)
亡き父に画の素質を伸ばされ、父の死後、画家をめざす

レオ
アルテを弟子入りさせた画家

ヴェロニカ
高級娼婦(コルテジャーナ)

ウベルチィーノ
大商人。レオの師匠時代からの腐れ縁のパトロン

アンジェロ
ダニロ親方の工房にいる徒弟
女兄弟が多くて女性に優しく、アルテに優しい

11話、腐れ縁、2
12話、腐れ縁、3
13話、同業組合1
14話、同業組合2
15話、同業組合3

11話
 レオに仕事を依頼してきた大聖人のウベルティ―ノ
 値切り倒していったので、アルテが再交渉にでかけ
 撃沈したのが10話
 アルテはヴェロニカに交渉の仕方を伝授してもらって再トライ
 みごとに、契約内容を書き換えてもらえます。
 この先、画が嫌いな人にも好きになってもらえるよう頑張る、ってアルテを
 ウベルティ―ノは気に入ってくれました

12話
 ウベルティーノのところの画は、レオだけでなく、レオの師匠のものも多かった
 レオが物乞い出身だと知って、アルテは「そういう人だからこそ学ぶことが多い」って
 

13話
 レオ師匠とアルテの、徒弟の関係はいいのに、
 女性の徒弟の存在は問題ありってことに
 レオはアルテを残すために、フレスコ画の仕事を受けます

14話
 フレスコ画の仕事は時間との勝負で
 徒弟のアルテはこき使われます
 それは、他の男性徒弟より厳しいくらいで
 はじめは女なんか、って冷たく見られてたのが
 同情されるほど
 でもアルテは負けない

15話
 吐いても、寝落ちするほと疲れても、壁画ができていくのが楽しい、っていうアルテ
 アンジェロもまた、アルテに影響されていきますし
 レオは、泣き言を言わないアルテの仕事ぶりを見せつけることで
 同業組合の有力者にアルテを認めさせたい

 そんなとこに、ヴェネツアからイケメン登場
 彼はなにもの?
 ってとこで次巻です

 けっこう増版がかかってるシリーズです
 どんどん人気がでるとうれしいな(^^)

 巻末に、この漫画の資料のためにイタリア旅行に行った顛末があって
 それも面白かったです(^^)

  
アルテ 3巻

アルテ 3巻

アルテ 3巻

[著]大久保圭



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | アルテ(16世紀フィレンツェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック