外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(38)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年10月25日

夢の雫、黄金の鳥籠(7) 篠原千絵 外国(16世紀オスマントルコ)が舞台の歴史漫画の最新刊 あらすじ、ネタバレ注意

夢の雫、黄金の鳥籠(7)  外国が舞台の歴史漫画


 この漫画は、オスマントルコ時代の後宮(ハーレム)の話と
 スレイマン大帝の外国遠征の史実とが、代わりばんこに登場します
 後宮のドロドロ感と
 史実を追った戦争話と、ファンとしてはどっちかにしてほしいような・・

夢の雫、黄金の鳥籠(1)
夢の雫黄金の鳥籠(2)
夢の雫、黄金の鳥籠(3)
夢の雫、黄金の鳥籠(4)
夢の雫、黄金の鳥籠(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(7)


夢の雫、黄金の鳥籠(7) あらすじ



 オスマン帝国の皇帝・スレイマンの側室でありながら
 その忠臣・イブラヒムと一夜を共にし子を宿してしまったヒュッレム。

 ロードス島での戦いに勝利したスレイマンが凱旋する中
 第一夫人・ギュルバハルと、側室・ヒュッレムの権力は逆転していた・・






夢の雫、黄金の鳥籠(7) ネタバレ注意



 16世紀初頭のお話です
 サーシャは奴隷として売られ、マテウスに買われます
 当時、ロシアあたりでの人身売買は一般的?で
 よくありました

 マテウスに買われて、教養を仕込まれて、ヒュッテムって名前をつけられスルタンの後宮へ
 後宮では、第一夫人の権勢が強く
 長子相続でなかったこともあり、妊娠すると殺される、って場所でした

 サーシャはマテウスに惚れていて
 マテウスもサーシャを愛していて
 でもそれに気付いたのは、後宮に献じたあとで(男ってバカ)
 ただの側室なら、下げ渡し、って可能性もあるけど
 ヒュッテムはスルタン=スレイマンの寵愛を受け
 妊娠。でも、ちょうどその前後に殺されかけたヒュッテムを
 マテウスが救って、激情のままにメイクラブしちゃって、
 どっちの子かわからない・・

 マテウスは手柄をたててヒュッテムが欲しい、って言えるようになる
 って頑張ってロードス島攻略時に大手柄をたてます

 ってとこまでが6巻で
 7巻では、男どもがロードス島攻略していた間の
 ヒュッテムのいる後宮でのお話

 っていっても、内容はそんなに展開せずに
 ヒュッテムが妊娠した、ってことで第一夫人の嫌がらせや刺客がはなたれ
 でもそれが、なぜかことごとく返り討ちされます

 ヒュッテムの回りには、マテウスが配置した
 敵への刺客を兼ねた味方が配されてました、ってことが解ってきて

 ヒュッテムは無事に男子を生みます

 マテウスはどんどん重用され
 寵姫のヒュッテムが欲しい、って言いだせなくなってくるし

 男子の母が下げ渡される可能性も減ってきて
 二人の前途は多難

 そんな時、マテウスが重用されて反抗心を持ったもと重臣が謀反を起します

 ってとこで次巻へ

 この漫画、後宮話よりスルタンの戦争イベントの方が多いんじゃないかな
 きちんと時代考証してあるし
 私は面白いんですが
 後宮の恋愛話と歴史話が、ちょっと分離している感じがあって
 完結するまで、評価が割れそうな漫画です。

  外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。のトップは←こちら。別窓で開きます
 
記事数が膨大になってきたので

別館に移してます。

★★白泉社の漫画。ネタバレ注意

★★集英社の少女漫画。ネタバレ注意

★★外国が舞台の歴史漫画。ネタバレ注意

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画。ネタバレ注意

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)





posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427011423

この記事へのトラックバック