外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(81)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年10月18日

薔薇王の葬列(4) 菅野文 外国(英国)が舞台でおもしろかった歴史漫画 あらすじ、ネタバレ注意

薔薇王の葬列(4) 外国が舞台でおもしろかった歴史漫画



 英国の内乱、ばら戦争
 どっちの王家が正しいか、って戦争してますが
 血筋は入り乱れてまして、ようするに勝てば官軍です。

 
白薔薇側
ヨーク公リチャード(3人の息子の父)
長男・エドワード
次男・ジョージ
三男・リチャード(両性具有の主役)

エリザベス(エドワードの妻)
ランカスター側だった愛夫を殺され、ヨーク側のエドワードを籠絡
王妃に収まったが、内乱の種になる


赤薔薇側
ヘンリー六世(ランカスター)
マーガレット(六世の妻・フランス王女)
エドワード(6世の息子)

薔薇の間を立ち回る大貴族
ウォルリック伯(ヨーク公と親友)
アン(ウォルリックの娘でリチャードが好き)




薔薇王の葬列(1)
薔薇王の葬列(2)
薔薇王の葬列(3)
薔薇王の葬列(4)

薔薇王の葬列(4)のあらすじ


 
 連鎖する裏切り。
 小さな亀裂はやがて巨大な悪と成る…。

 中世イングランド、薔薇戦争時代。
「自分が王になる」。
 その可能性があることに、強い衝撃を受けたリチャード。

 一方、ウォリックはエドワード王の勝手な結婚に激怒する。

 王に失望した彼がとった行動はとてつもなく恐ろしいもので……!? 

 リチャードの身に起こる大きな転機、そしてヘンリーの生死は!? 

 交錯し続けるそれぞれの思惑が、嵐を呼ぶ…!! 

 ウィリアム・シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に描かれる
 禁断のダーク・ファンタジー、第4巻!!





薔薇王の葬列(4)をネタバレ中



 ここまでの話
 戦いはヨーク公が優勢に見えたが、玉座を前に父リチャードはヘンリー六世の妻、マーガレットの殺される
 父の死を知ったリチャードは、ランカスター兵を殲滅し、ヨーク家が勝利
 亡き父のあとを長男のエドワードが継ぐが
 キングメーカーである亡き父の盟友・ウォリックを裏切り、子持ち女性のエリザベスと結婚
 ウォリックはエドワードを見限り、ヨーク家からランカスター家に乗り換える・・


13〜16話

13
 ヘンリー王が掴まったと知ったリチャードは彼を殺そうとしますが
 エドワード王に止められます
 リチャードは、ヘンリー6世が見知った男だと、気付かないんですね〜
 リチャードがヘンリー6世を殺さないように、ウォリックの進言で、リチャードはウォリックの実家へ送られ
 そこで、リチャードはアンと再会
 ウォリックの長女のアンは、昔からリチャードが好きで
 そんな好意を、リチャードも感じて、ほんわかムードに


14
 ウォリックは、エドワード王の次男に娘のイザベルを結婚させて王にする、って画策をはじめ
 その一方で、フランスにわたって、マーガレット王妃(ヘンリー6世の妻)にすりより
 味方になるって、
 マーガレットは同盟の証明として娘を息子の妻に、っていいだして
 アンは、恋しいリチャードではなく、ヘンリー6世の息子・エドワードと結婚することに


15
 ところで、リチャードは両性具有で
 上半身は女性、下半身は男性です
 で、アンが好きだったんですが、政略結婚ではなくて好きだ、ってアンの言葉の
 半分しか聞いてなかったんで、自分が嫌われた、って思いこんで
 アンへの想いに決別します

 でもって、エドワードはリチャードの上半身を見ちゃったんで女性だと知ってまして
 恋してるんですね〜

 恋愛感情が入り乱れてます(^^)

16
 ウォリックの裏切りで、エドワード王は捉えられ
 王が捉えられたので、重用されていたエリザベス一族は報復を恐れます
 エリザベスはエドワードとの間に娘が一人、さらにいま、エリザベスは妊娠中です

 さて、ウォリックはエドワード王を引きずり落とし
 次男のジョージを王にすえるつもりです

 でもその一方で、ヘンリー6世の息子・チャールズにも娘を嫁がせるつもり

 策謀が入り乱れてますが
 ウォリックの手を逃れたリチャードが
 次代のキングメーカーになろう、と野望を持ち出したバッキンガム公にのせられて
 さてどうなるのか!!  


 く〜
 どんどん面白くなります!!

 次巻が楽しみです(^^)




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 

posted by 外国舞台の歴史マンガ at 22:58 | TrackBack(0) | 薔薇王の葬列(15世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック