外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(244)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年08月29日

ヒストリエ(5) 岩明均  外国(紀元前マケドニア)が舞台の歴史漫画 エウメネスの墓参り あらすじ、ネタバレ注意  

ヒストリエ(5) 外国が舞台の歴史漫画


 エウメネスはカルディアに帰省します。
 蛮人の子の、自分を息子として育ててくれた人達への墓参り

 とっても面白いのですが、連載がゆっくりなので
 単行本になるのは、もっとゆっくりです

 エウメネスの鬼才ぶりはステキですが、回りのドロドロ感もとってもおステキ(^^)
 
ヒストリエ(1)
ヒストリエ(2)
ヒストリエ(3)
ヒストリエ(4)
ヒストリエ(5)
ヒストリエ(6)
ヒストリエ(7)
ヒストリエ(8)
ヒストリエ(9)



ヒストリエ(5) あらすじ



 幼少時暮らしたカルディアに帰省したエウメネスは、
 そこで身分を隠して潜入してい たマケドニア王フィリッポスに見初められる。

 その後彼の幕下に加わることとなり、 マケドニアの首都ペラへ赴くこととなる。

 そこでエウメネスは二人の王子アレクサン ドロスとアリダイオスに出会う。

 王子アレクサンドロス、後のアレキサンダー大王で ある。




ヒストリエ(5) ネタバレ



エウメネス
 主人公。蛮族スキタイの出身でありながらギリシア人の養父母に育てられ、
 後にアレキサンダー大王の書記官となる

アレクサンドロス
 強国マケドニアの王子。
 父王に命じられ、同世代の若者たちと共にミエザの学校で学びはじめる。
 父王は「せっかく生まれた才能」と大きな期待をかけているが、彼には大きな秘密があった。

フィリッポス
  マケドニア国王

アリダイオス
 強国マケドニアの王子。アレクサンドロスの異母弟。
 父王に命じられたエウメネスが玩具を作ってあげると大いに喜び、夢中になって遊んでいた

アリストテレス
 当時最高の知性を持つ哲学者。


 作戦が成功し、ボアの村とフィレタイロス家との戦いを勝利に導いたエウメネス。
 しかし、フィレアイロス家とボアの村が友好関係を保てるよう、
 参謀であったエウメネスは村を出ることを選んだ。
 かくして放浪の旅に出たエウメネスは、アリストテレスに出会い、そして故郷・カルディアへと
 ってのが4巻まで

39話、故郷カルディア.4
40話、故郷カルディア.5
41話、故郷カルディア.6
42話、故郷カルディア.7
43話、キュクロプス
44話、深酒の王
45話、アッタロスの家
46話、大将軍の息子
47話、進学と就職
48話、王子、1

 エウメネスはカルディアに帰ってきます
 幼馴染のトルミデスが親切に宿を貸してくれるし
 兄、だと思って育ったヒエロニュモスとも再会します
 養母は亡くなってましたが、生前、墓石にエウメネスも彫るように、って遺言してました
 幸せだったな、って今なら素直に思えるエウメネスです

 ゲラダスにも再会します
 昔、養父を謀殺した男の一人
 で、町の有力者になっていたヘカタイオスもすぐに動き
 エウメネスは追われる身に

 で、フィリポ王ががっつりリクルートして
 マケドニアに連れて帰ります

 マケドニアは奴隷が少ないんですって
 国によっていろいろ変わりますね

 マケドニアでは、王様が宿を決めてくれて
 大将軍の娘を後添いにもらったアッタロスの家に居候
 そこで、アッタロスの姪のエウリデュケと出会います

 マケドニアには、ミエザという場所に学校が創られました
 アレキサンダーのためらしいです

 で、工房を見学したりして
 子供用におもちゃを造ったりして
 王様の側に居場所を作っていくエウメネス

 そして5巻の最後に
 いよいよ少年アレキサンダー王子が登場です!
  



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます

PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★1000冊以上読んで、おもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
 



posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。