外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年08月13日

ガーフレット寮の羊たち(5) もとなおこ 外国(19世紀英国)が舞台の歴史漫画 

ガーフレット寮の羊たち(5) 外国が舞台の歴史漫画


 英国の郷士以上、貴族社会にいきる男子の全寮生活を描く漫画です
 時代考証がばっちりですね

ガーフレット寮の羊たち(1)
ガーフレット寮の羊たち(2)
ガーフレット寮の羊たち(3)
ガーフレット寮の羊たち(4)
ガーフレット寮の羊たち(5)

ガーフレット寮の羊たち(5)のあらすじ



 1870年代イギリス。
 ウインザー校に入学し、さまざまな出来事を経験したアーネスト。

 季節は変わり、ガーフレット寮ではしばしば次期寮代表が誰になるのか?
 ということが話題になるようになってきた。

 そんな折、アーネストの身に突然、想像もしなかった嵐のような事件が襲いかかり…!!? 

 紳士の卵たちが紡ぐボーイズ・ロマン!!



ガーフレット寮の羊たち(5) ネタバレ



 このマンガ、「コルセットに翼」シリーズ(全10巻。全巻あらすじ、ネタバレしてます)と同じ作家さんで
 私的には、作家買いで読み始めた漫画です


第二章・1871年・四旬節学期
4、アッシュ・ウェンズディ

第三章・1871年・春夏学期
1、イースター・サンデー
2、セント・ジョージ・ディ


4、アーネストの父上が急死します
 男の子がいないと、相続権がなくなりますが 
 アーネストがいるので、相続は安泰です・・
 でも、アーネストの母の父、は
 アーネストの継母である後妻を、家庭教師あがり、と嫌っていまして
 彼女を追いだそうとします
 理由は、アーネストの実家が放漫経営でお金がないから
 その援助と引き換えに、って感じです

 アーネストは断り、そこにレスターベリーが来まして
 侯爵家の優秀な会計士を送ろう、って約束してくれます
 
 アーネストはフォグマスターのレスターベリーと仲良くなって
 その関係が、アーネストを大事にしてきたエドガーには面白くない・・

1、堅信礼
 日本語の訳ってすばらしい
 文字どおり信仰をかためる儀礼式です
 生まれてすぐ洗礼を受ける時は赤ちゃんだから、なんだかわからない
 で、14歳ころに、自分の意思で信仰を受け入れるわけですね
 身内の死、とか自分がゲイである、とかを経験すると
 すなおに神を受け入れられないことがあります 
 アーネストも父の死で信仰がゆらぎ、それが理由ですが
 自分の実母の死や、早すぎた父の死に、従兄弟のエドガーがいろいろ責任を感じているので
 それを打明けられない・・
 でも、いろいろ乗り越えて、無事に儀式を受けました

2、竜殺しのセント・ジョージ
 日本の桃太郎みたいに、ものすごく有名なお話
 で、それにのっとって生徒がお姫さまに女装して、お芝居するイベントを
 学校ぐるみでやります(文化祭?)
 そのイベントで、寮に裏切者がいるのか?って疑いが生まれての顛末

 寮長になること
 そして寮長全体のトップに立つことは
 将来のイギリス社交界でけっこう大きな意味をもつことらしいです(当時のお話)
 アーリントンがサイレントに譲って、敵を欺いてガーフレット寮の名誉を守りました(^^)
  


 とっても面白いです!
 次巻が楽しみ(^^)

 あ、これ次巻で終わりみたい
 ちょっと残念です
 


 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック