外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(38)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(7)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(9)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(8)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(1)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(7)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(6)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(4)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(4)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年08月11日

夢の雫、黄金の鳥籠(6) 篠原千絵 外国(16世紀オスマントルコ)が舞台の歴史漫画 

夢の雫、黄金の鳥籠(6) 外国が舞台の歴史漫画


 16世紀のオスマントルコ
 イスラムの黄金期に実在した妃ヒュッレム
 彼女の仕えたスレイマン王は、賢帝として有名です


夢の雫、黄金の鳥籠(1)
夢の雫黄金の鳥籠(2)
夢の雫、黄金の鳥籠(3)
夢の雫、黄金の鳥籠(4)
夢の雫、黄金の鳥籠(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(6)



夢の雫、黄金の鳥籠(6) あらすじ



 オスマン帝国の皇帝・スレイマンの側室でありながら
 その忠臣・イブラヒムと一夜を共にし子を宿してしまったヒュッレム。

 どちらの子かもわからぬ妊娠に戸惑うヒュッレムだったが、
 後宮での勢力争いのなか第一夫人ギュルバハルに命を狙われる。

 その出来事をきっかけにヒュッレムは子を産むことを決心。

 一方、スレイマンと共にロードス島での戦いに赴いたイブラヒムには新たな決意が芽生えていた

 篠原千絵、渾身のロマンサーガ!!激動の新展開!!






夢の雫、黄金の鳥籠(6) ネタバレ注意



 どっちのオトコの子かわからない・・
 って状態で、スルタンの側室として存在するのは、と〜っても大変

 そんなヒュッレムをハレムに残して(仕方ない)
 彼女を愛するイブラヒムは
 スルタンにくっついてロードス島をぶんどる戦いへと

 史実に基づいた話なんで
 戦闘があった、ってのは飛ばせないし
 戦闘シーンとかも、きっと調べるの大変だとおもいますが
 ヒュッレムが全然出てこないので、
 ちょっと読み飛ばし、の6巻です


 スルタンは、降伏して出ていく騎士たちのも鷹揚で
 命は保障するし、財産も持っていっていい、って
 こういうとこ、イスラムの懐の深さを感じさせますね〜

 聖ヨハネ騎士団は、ヨーロッパ史をやると必ずでてくるデカイ騎士団で
 6巻にある「ロードス島攻防戦」ののち
 マルタ島攻防戦、が勃発しますが
 それはまた、のちの話・・

 7巻では、再びヒュッレムのいるハレム話の戻りそうです



 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。あらすじ、ネタバレ注意のトップは←こちら。タイトル一覧です。別窓で開きます


日本が舞台の歴史漫画でおもしろかったタイトル一覧
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかったタイトル一覧
完結した漫画でおもしろかったタイトル一覧
人気コミックで実写化されて面白かった原作タイトル一覧


コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

ネットオフやアマゾンの中古のいいですが新刊本を合法的に安く買う方法も利用してます。別窓で開きます




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422642458

この記事へのトラックバック