外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2021年12月31日

修道士ファルコ(5) 青池保子 外国(14世紀ドイツ)が舞台の歴史漫画 

修道士ファルコ(5) 外国が舞台の歴史漫画


 時代考証がきちんとできている少女漫画
 ドイツの修道院が舞台です

修道士ファルコ(1)
修道士ファルコ(2)
修道士ファルコ(3)
修道士ファルコ(4)
修道士ファルコ(5)


修道士ファルコ(5) あらすじ



 湖上の城の地下で現場検証を行ったファルコとオドは
 領民たちの死因が疫病だったと気付く

 事件の真相に迫るなか、因縁のリンハルト家とギーシェ家の末裔たちが邂逅し・・

「湖上の城大量殺人事件」編、ここに完結





修道士ファルコ(5) ネタバレ



 大人の事情で、秋田書店に移動したシリーズです
 この2巻までは、前に持っていて古本屋に売ったのとかと重複してますが
 現在続けて読んでも、絵がそんなに変わってないとこがすごい!

 3巻から新作で、この4巻、5巻が第9章

 プリンセスゴールドは月刊誌で
 さらにこの連載は隔月連載なんで、4つ揃うまで次巻がでません
 く〜。待ち遠しい!!

主な人物

ファルコ
 元騎士でトンスラがないので、いろいろ便利使いされてます

オド
 元治安管理役人(今でいう刑事?)
 彼も強いので、ファルコとよくコンビを組んでアクションします

アルヌルフ
 美術系の天然。文書偽造とか得意

マティアス
 昔はやな奴だったが巡礼旅で改心。頭がすごく良い

院長
 小鳥の心臓。面倒なことは副院長に丸投げ

副院長
 俗世的欲(修道院を発展させたい)と宗教的まっとうさを併せ持つ人物
 ファルコやオドたちを上手に使って、トラブルに対処する

聖アンナ尼僧院
 貧乏尼僧院で、リリエンタール修道院に何かと寄付を迫る
 天才尼僧画家・マルティナがいる
 修行中の元娼婦のフィリスは、ファルコを愛してる


聖ウルズラ尼僧院
 聖アンナ尼僧院のライバル?
 アルヌルフの母親・エルゼが膨大な資産を持ってきて発展した尼僧院

 4巻から続く、
 因縁のリンハルト家とギーシェ家の末裔たちの物語

 ギーシェ家に狙われていた、リンハルト生き残りのルドルフは
 女装して尼僧院に入りましたが
 リリエンタール僧院に移動し、ファルコとオドの手助けで
 故郷の湖上の廃墟に到達
 湖上の死の真相が疫病のためであり、その疫病を利用してのギーシェ家の策謀がわかります

 ギーシェの罪を暴くはずが
 ギーシェ家の家令が優秀で、証拠を隠滅
 ファルコとオドは追い込まれますが、リンハルト家滅亡の張本人であるギーシェ家当主が他界
 さらに、家令自身も崖から落ちて全身不随となります

 神による天罰、と感じた家令がいろいろ反省し
 ギーシェ家の次代当主は、家令に清廉潔白に育てられたいい子たちで
 リンハルト家の名誉が回復されるなら(湖上の死は、疫病を防ぐための英断だったって)
 それでいい、ってルドルフ君

 ルドルフは、ファルコを敬愛して、よい騎士になりたい、っていうので
 ファルコは前に知り合った騎士のとこに彼を預けます

 いいお話でした(^^)


 
修道士ファルコ 5

修道士ファルコ 5

修道士ファルコ 5

[著]青池保子




 外国が舞台の歴史マンガで、おもしろかったのを紹介するブログ。の最新記事は←こちら。別窓で開きます
PC版の1面に、ネタバレ中のタイトル(200件以上)の一覧
がありますので、そちらから飛んでくださいませ。
スマフォからの方は、この画面の一番下から飛べます。



応援ポチして下さると、励みになります(^^)

   ↑
 おもしろい漫画の感想

 

★★白泉社の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★集英社の少女漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画を紹介中

★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかった漫画を紹介中

  ↑

 クリックで、別窓が開きます。




コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)




 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 修道士ファルコ(14世紀ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック