外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(1)
つぶやいてます(16)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
キングダム(紀元前中国)(9)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(9)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(8)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(7)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(5)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(9)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(7)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(2)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(0)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(5)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (9)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年08月05日

乙嫁語り(1) 森薫 外国(19世紀中央アジア)が舞台の歴史漫画 

乙嫁語り(1) 外国が舞台の歴史漫画


 あまりに美しさに圧倒される絵画力
 貌の娘・アミル(20歳)と、夫となった12歳の少年・カルルク
 早くカルルクが大人になって、ラブラブになって欲しい(^^)


乙嫁語り(1)
乙嫁語り(2)
乙嫁語り(3)
乙嫁語り(4)
乙嫁語り(5)
乙嫁語り(6)
乙嫁語り(7)


乙嫁語り(1) あらすじ



 中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。

 美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。

 遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……?

 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。

 馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!



乙嫁語り(1) ネタバレ



1、乙嫁と聟花
2、お守り
3、騎行
4、アミルを返せ
5、風邪

 ものすごい画力! 
 っていうのが第一印象でした

 服とかの装飾の書き込みがそれは見事!

 年上の嫁様は弓の名手で、兎とからくらくに狩ります
 カルルクの甥姪たちも、弓術を習うようです(^^)

 カルルクの甥で、一番の末っ子のロステム君
 おうちをつくる大工さんの仕事を見てるのが好きで
 おじさんとこに通いつめたら、お守りを作ってくれました
 自慢してアミルに見せたら、兄様たちに取られて号泣
 みんなで、おじさんとこにお守りを作ってもらいに行くことに・・

 カルルクのとこは定住してますが、親族は遊牧民が多く
 おじさんとこに、アミルと一緒に騎馬で訪問です

 子供をたくさん産むために、若い時から嫁ぐ女たち
 アミルは年上で二十歳過ぎてるかたちょっと行き遅れ
 でもカルルクは、全然気にしてないよ、って

 カルルクはまだ少年ですが、とってもオッとこ前男子です

 なのに、アミルの兄貴が使いで来て、アミルを返せ、って
 当地の風習では、子供を産むまでは娘は実家のもの、みたいで
 もう腹に子がいる、ってカルルクのひいばあさまが追い返します
 
 遊牧民のおじさんとこから帰宅したカルルクが風邪をひいて
 アミルはとっても心配します

 大丈夫でしたけどね(^^)

 ネタバレしきれない濃密な世界です
 絶対に、本編を読んでくださいませね〜(^^)

 
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック