外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(47)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年06月18日

王家の紋章(18) 細川智栄子 外国(古代エジプト)が舞台の歴史漫画

王家の紋章(18) 外国が舞台の歴史漫画


 単行本は50巻を超えてまして
 1〜3冊で文庫本1冊になります
 文庫本も、なかなか出版されない・・

王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(18) あらすじ、ネタバレしてます



 ミノア国の祝祭で、あばれ牛に襲われ
 全身打撲と足首の捻挫で、ミノア国に足止めされたキャロル

 一方エジプトでは、カプター大神官に体で取り入った奴隷のメクメクが
 貴族の娘、と偽って居座ることに成功してました
 でも、大神官はそれが嘘だ、ってわかってる
 星見をする人なんで、波乱が起こるって予知してて、その手ごまに彼女を使うつもりらしい・・

 そしてミノア国
 痛みで祝祭が見られないなら、温泉のでる火の島で保養しては、って皇太后が誘います
 彼女はキャロルをエジプトに返すつもりがなく
 火の島(サントリーニ島?)に隔離する予定なんですね〜

 さて、キャロルが火の島に行った、って知って、火の島におっかけてきたイズミル王子
 島の守護神のようなアトラスに、小舟を鎮められ手傷を負って島に流れ着きます
 そこで、島でアブナイ作業をさせられている、アテネからの奴隷たちと遭遇、助けられます。


 そしてアトラスは、恋しいキャロルが来て、つのる気持ちが抑えられない。

 キャロルの側をうろつくのをテティに見られて「化物が出た!」って大騒ぎになります。
 そんな中、皇太后がやってきてミノス王に耳打ちして
 キャロルと結婚しちゃえ、って
 ミノス王は、ちょっとためらったけど、欲に負けて母に従うことにして
 キャロルをだまくらかして、王族の婚姻の間である「奥ノ院」のキャロルを連れていきます

 そこは、女性がわの道を行くと、失神させちゃう霧が出ちゃう、というとんでもないとこで
 キャロルはミノス王にベッドに連れ込まれますが
 アトラスが「母は私の気持ちを知ってるのに?!」って怒り狂って
 ミノス王から失神中のキャロルをゲット
 追手がこれないように、強力で壁を壊して逃走します

 皇太后は、アトラスの反抗にびっくり
 キャロルを連れ去ったと知って、説得に走ります

 奥ノ院の意味することを知らずに、待っていろ、と言われて待ち続けていたルカやウナスは
 キャロルが出てこないのでいらだって
 でも、地震で壁がくずれて救護作業中だ、って言われ
 さらに、アトラスを説得できずに、アトラスに殴られて重傷をおった皇太后を見せられ
 真実はわからなくても、キャロルを助けるための傷、って言われては黙っているしかできない

 一方キャロルは、失神からさめてアトラスとご対面
 その姿に驚きはしますが嫌悪はなく
 でも、結婚を迫るのは恐怖です
 密に逃げ出すと、キャロルを探して迷い込んでいたテティと合流できまして
 二人で逃げ回ります

 ってとこで次巻へ


 

 



【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック