外国が舞台の歴史マンガ・クリックでネタバレ記事に飛びます
外国が舞台の歴史マンガでおもしろかった漫画。年代別一覧(3)
つぶやいてます(20)
★★紀元前(0)
王家の紋章(1〜20)(古代エジプト)(20)
王家の紋章(21〜最新刊)(古代エジプト)(4)
碧いホルスの瞳(古代エジプト)(2)
キングダム(紀元前中国)(11)
ヒストリエ(紀元前4世紀マケドニア)(10)
★★1世紀〜(0)
プリニウス(古代ローマ。キリスト生誕前後)(3)
★★5世紀〜(0)
金色のマビノギオン(5世紀ブリテン)(1)
★★11世紀〜(0)
ヴィンランド・サガ(11世紀初頭北ヨーロッパ)(10)
★★14世紀〜(0)
修道士ファルコ(14世紀ドイツ)(5)
ケルン市警オド(ファルコのスピンオフ)(2)
★★15世紀〜(0)
チェーザレ(15世紀イタリア)(11)
薔薇王の葬列(15世紀英国)(9)
★★16世紀〜(0)
王国の子(16世紀英国)(8)
王妃マルゴ(16世紀フランス)(6)
夢の雫、黄金の鳥籠(16世紀オスマントルコ)(10)
アルテ(16世紀フィレンツェ)(8)
LEGAの13(16世紀ヴェネチア)(1)
★★18世紀〜(0)
海王ダンテ(18世紀英国)(3)
アンと教授の歴史時計(18世紀〜21世紀英国)(3)
★★19世紀〜(0)
黒執事(1〜20)(19世紀英国)(20)
黒執事(21〜最新刊)(19世紀英国)(5)
ヴァムピール特別編(19世紀英国)(2)
エマ(19世紀英国)(10)
シャーリー(19世紀英国)(1)
クリスティ・ハイテンション(19世紀英国) (6)
クリスティ・ロンドンマッシブ(19世紀英国)(5)
コルセットに翼(19世紀英国)(10)
薔薇咲くお庭でお茶会を(天音佑湖)(19世紀英国)(7)
ガーフレット寮の羊たち(19世紀英国)(6)
天使がのぞきみ(19世紀末英国)(1)
Dearホームズ(19世紀英国)(1)
アンダーザローズ(19世紀後期英国)(1)
憂国のモリアーティ(19世紀末英国)(4)
お嬢様のお気に入り(19世紀末英国)(1)
乙嫁語り(森薫)(19世紀後半中央アジア) (9)
軍靴のバルツァー(19世紀後半ヨーロッパ) (10)
★★20世紀〜(0)
プリーズ、ジーヴス(20世紀初頭英国)(4)
歴史マンガを買うために(2)

2015年06月17日

王家の紋章(17) 細川智栄子 外国(古代エジプト)が舞台の歴史漫画

王家の紋章(17) 外国が舞台の歴史漫画


 文庫版も長くなってきました
 いよいよ17巻
 16巻から、キャロルはミノア王国に行きまして、現在エーゲ海をとりかこむ島々を転々と移動してます

王家の紋章(1) 王家の紋章(2) 王家の紋章(3)
王家の紋章(4) 王家の紋章(5) 王家の紋章(6)
王家の紋章(7) 王家の紋章(8) 王家の紋章(9)
王家の紋章(10) 王家の紋章(11) 王家の紋章(12)
王家の紋章(13) 王家の紋章(14) 王家の紋章(15)
王家の紋章(16) 王家の紋章(17) 王家の紋章(18)
王家の紋章(19) 王家の紋章(20) 王家の紋章(21)
王家の紋章(22)


王家の紋章(17) あらすじとネタバレしてます



 ミノアのミノス王は順調に回復して
 当時のエーゲ海の覇王たる、ミノア国の王にふさわしくなっていきます

 で、火山島にある軍港も見せてもらって
 古代のいろんな世界を見て、うれしいキャロルです

 今回のミノア国訪問は公式なものなので
 ウナスは頻繁にメンフィスに手紙を送ってます
 軍港の存在も伝えられ、キャロルが最初の予定より長く滞在することになったのも
 イライラしながら待ってます

 帰国間際に、ミノア国の祝祭がある、って聞かされて
 つい、拝見してから帰ります、って出席しちゃうキャロルですが
 祝祭にはヒッタイトのイズミル王子が出席してました〜!!

 さて、ミノアの少年王が死ねば、ミノア国のエーゲ海への覇権がゆらぐ、って
 狙っている国たちにとってはキャロルは目障りな相手です

 キャロルと侍女のテティは、偽の使者におびき出されて迷宮に入れられますが
 キャロルの機転で出口を見つけます
 でもそこに、偽の使者たちがいて
 アテネの隣、新興国のミケーネの王様に金をもらった偽使者にテティは突き飛ばされて昏倒
 キャロルが拉致られるところを、アトラスが助けてくれました

 でもアトラスは、自分の化物の姿が見られそうだから、
 ってとっさにキャロルを抱きつぶし失神させちゃいます。

 いよいよ祝祭の前夜祭
 夜の宴に出席したキャロルはイズミル王子に詰め寄られて 
 早くエジプトに帰ればよかった、って後悔してます
 カーフラ王女の父上のリビア王とも初対面
 ミケーネ王も、ミケーネ王の使者、って騙って登場します

 ミケーネ人とはギリシャ人の祖先です。
 好戦的種族で、エーゲ海を支配していきます

 前夜祭で、キャロルがお酒にいっぷく盛られて大騒ぎになりまして
 侍女のとこに担ぎ込んできたのがイズミル王子なのでなおのこと
 ウナスたちエジプト側が厳戒態勢です

 翌朝、祝祭が始まりました
 ミノア国のミノス王は、イズミルがキャロルにご執心だった、って話を聞かされて
 それからはキャロルを徹底ガードです
 イズミル王子は、強大な国の王子だし、自分も賢いので
 邪険にされたことがなく、ミノス王の言い方に怒り心頭です

 そのミノアの祝祭には、巨大な牛を引いてきて、聖なる牛の上の飛躍して神への供儀とする
 って儀式があります

 ミノアの皇太后は、キャロルをどさくさにまぎれてかっさらおう、と画策し
 イズミル王子は、祝祭を終えて帰国する海上でかっさらおう、って画策し
 ミケーネ王は、キャロルをかっさらってエジプト王に高く売りつけたい、って思ってます

 そんな中、ミケーネ王が、牛に毒草が食べて狂乱させてそのすきに、って計画を実行しますが
 暴れ牛がキャロルを狙ったので大騒ぎに
 アマゾネスが一撃で暴れ牛をしとめますが、キャロルは全身打撲と捻挫で全治一カ月
 皇太后は、これでじっくり引き止められる、ってほくそえみます

 ってどこで次巻へ






【関連する記事】
posted by 外国舞台の歴史マンガ at 00:00 | TrackBack(0) | 王家の紋章(1〜20)(古代エジプト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック